ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
第4期 仏教講座 第1回「六祖壇経」開催のお知らせ

仏教講座

きっとわかって役に立つ 仏教講座


第4期 第1回

 

『六祖壇経』


―― 禅の源流 直指人心見性成仏! ――

 

 

 

 皆さん、こんにちは!仏教講座です。
 今年で5年目に入ります。
 昨年第3期は2年をかけて、大乗の精神を高らかに宣誓した偉大な『維摩経』を学びました。ここには大乗仏教の思想が壮大なスケールで描かれており、人間の理想の姿、正しい生き方、人間観、世界観が刻まれていました。
 これまで第1期の「釈尊の覚り」から始まり、大乗仏教とは何を目指したのかを学んだところで、今期はいよいよ禅の源流に出会っていこうと思います。

 

 禅は釈尊の覚りを勉学によるのではなく、釈尊と同じ方法で同じ境地を目指し体得しようとするものです。その系譜は、釈尊から28代の祖「菩提達磨」がインドから中国に渡ったことを起源とし、達磨を初祖として始まります。
 インド仏教においては、坐禅は禅宗にはなりませんでした。あくまで仏教の三学(戒定慧)や六波羅蜜の中に「定」として、欠くことのできない方法としてのみ認識されていたのです。

 

 ところが、坐禅をすることでしか釈尊の覚りには行きつかないし、坐禅による三昧の中に教えも覚りもすべてが包含されることに注目し、中国において禅宗が起こったのでした。
 いわば、最も釈尊に近いものだと彼らは確信していたのだと思います。禅の命は昔も今もそこにあります。

 

 そして達磨以降、勝れた祖師が法を繋ぎ、ついに六祖慧能大師の出現によって今日まで脈々と受け継がれる禅が起こります。今期はその六祖の説法集である『六祖壇経』を読みます。ほぼ全文の現代語テキスト、語句や意味の解説もできるだけわかりやすくと思っています。
 禅って何だろう、と興味を持たれる方に、歴史の最初に戻って学ばれることをお勧めしたいと思います。

 

 今週日曜日28日午後2時から3時半。よろしくお願いいたします。合掌 玉溪 

 

pdf 4期 仏教講座チラシ 六祖壇経

 

02.png講師: にち あん   かさ 倉玉溪 くらぎょくけい

禅の修行歴38年 人間禅特命布教師。写経といす坐禅講座、母親のための法話会等主宰。禅の呼吸で書く「禅書道」主宰、企業顧問、共同通信政経懇話会講師他

 

年間スケジュール 令和2年度

●隔月日曜日開催

 8/30(日)
 10/25(日)
 12/6(日)
 2/7(日)
 4/25(日)

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月からは、日曜日午後2時から3時半の開催になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

尚、後半は白隠禅師の内観法を始め、坐禅の呼吸法のいろいろもご紹介・検証していきます。

================================================

<受講料> 一般の方1回 3,000 円 テキスト込 年間15,000円

<場所>〒110-0001 東京都台東区谷中 7-10-10 人間禅擇木道場

<お問合せ・お申込み>

natsu@kxe.biglobe.ne.jpからご予約ください。

*禅の指導者、老師も参加されます。本格的な禅の話も聞ける勉強会です。

 

東京支部 #仏教講座

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 09:27 | 東京支部 | comments(0) | - |
第4期仏教講座第10回「維摩経」(10)

JUGEMテーマ:

 

第4期 きっとわかって役に立つ 仏教講座

 

<第10回> 2月15日(土)14:30〜16:30

 

 Power of Buddhism 

 

そして…維摩経!

 

 最終回。「嘱累品第十四」と、心にしみる言葉、振り返ります。

 

 

 「空」は煩悩と人間の肯定。「空」を得れば自分をしみじみ好きになる。この世が愛しく思えます・・・

 

 いよいよ最後回。

 

 空の象徴である文殊菩薩との大問答。天女の散華する花がなぜか舎利弗にくっついてしまうのはなぜ?煩悩なしに覚りはない、という真意は?そして「維摩の一黙」! 

 

 振り返りながら大乗仏教と禅が、現代の私たちにどのような意味を持つのかを考えます。

 

 

ご予約はこちらから

  (東京支部)#仏教講座

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 05:38 | 東京支部 | comments(0) | - |