ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
☆☆ 7月5日(日)日曜座禅会 IN 本部道場 ☆☆

JUGEMテーマ:

 

☆☆ 7月5日(日)日曜座禅会 IN 本部道場 ☆☆

 

みなさんごきげんよう!

いよいよ中央支部の摂心会が近づいてきました。

日曜座禅会も夏の熱気とともにボルテージが上がっており、4列になりました!

この日から宏道会の稽古も再開となり、剣道家の猛者たちも一緒に座禅しました。

一般の方も数名参加され、初めての方もいらっしゃいました。

摂心会に向けて、ますますヒートアップしていきたい今日この頃です。

中央支部摂心会は7月18日(土)〜25日(土)です。

ぜひともご参加をお待ちしております!

一緒に“汗達磨”になりましょう!

 

中央支部 粕谷玉道 #青年部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
「房総道場での有楽流茶道部稽古」 令和2年7月5日

JUGEMテーマ:

 

「房総道場での有楽流茶道部稽古」   令和2年7月5日

 

束の間ではあっても、梅雨の晴れ間のすがすがしい朝です。

生態系を壊さないために、敢えて立ち入っていない杉林の叢は雨に濡れて緑が滴るようです。あちらこちらにユリが首をもたげています。

 

本日は第一日曜日の作務日です。久しぶりの戸外での作務とあって、嬉々とした作務ぶりでした。しかし久しぶりの草刈り機はエンジンのかかりが悪く、やっとかかったのはそろそろ作務終了の板木がなろうかという頃。それでも軽やかなエンジン音が境内に響いて全山がコロナから目覚めたようでした。

 

本日の掛物は、如々庵老師の『守拙全天真』です。道場からお借りしました。

稽古の場に相応しいかとは思いましたが、これに頷けるのは先のその先で、現在の私たちは専心先生の所作を真似るばかりでございます。

花は境内からの「あじさい」と「ぬすびと萩」です。私の活けたものは棘のある、ややごってりした「アザミ」でしたが、“茶室の花はシンプルに”のおしえどおりスッキリとしたものに直されました。

お菓子は、先生ご持参の「草餅」と「笹餅」でした。

作務後でお昼前に冷茶とこのお菓子。いただけれた十余名の方々(私を含めて)の胃袋の歓喜が聞こえるようです。有難うございました。

沖野元禮 (房総支部#茶道部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:58 | 房総支部 | comments(0) | - |
【強運ココにありました】

JUGEMテーマ:

 

【強運ココにありました】

こんにちは。知多禅会玉風です。

さて、前回、摂心会会場の天井が結制前に剥がれてハクビシンの糞が落ちてきて大変になったことを書きました。

 

その後。

 

大量の糞が落ちていて、公案が全くわからない時の如く凹んだわけですが。

糞が落ちていた禅堂

知り合いの害虫駆除の専門家に処理方法を聞いて、糞を集めてゴミ袋へ。

その後は老師、老居士方がいらしてから相談したところ、摂心会中の作務で天井に板を貼って塞ごう、ということになりました。

その日は食堂で結制茶礼と、座禅を。

 

2日目の午前の作務開始。

昨日の続きです。

獣たちの糞の中にはダニがいたりすることがあります。

皆さんが被害にあっては困るので、念のため、またまたオゾン発生機登場!

前回も述べましたようにこのオゾン発生機は大変優秀です。

自衛隊なども使用するタイプで災害や火災の際の消臭、除菌などに活躍し、稼働時は生き物などは極楽浄土、又は地獄に行ってしまうことになるので、入室は一切できません。

またまた登場!

ところが、ほんのちょっとの手違いで24時間稼働することになってしまいました!

ってことは〜?

とりあえず、24時間は禅堂絶対立ち入り禁止です!

ありゃりゃ

つまり、静坐も提唱も禅堂は使えず。

食堂で何もかもせねば。

その上、提唱の講本も、講本ばさみも私の手違いで用意できず。

あぁ、ひたすら懺悔の時間。

 

一日一拄香、一日一事件。

結局、その日は禅堂立ち入り禁止と、講本の準備不足のため、予定を変更し、提唱ではなく、玉風の「掃除と禅」の講話になりました。

11月の禅セミナーでお話させていただくので予行演習。

1121日擇木道場をお楽しみに。

(ちゃっかり宣伝)

24時間後の摂心会3日目の午前の作務で、龍光庵老師と道照庵老居士で天井はバッチリ直されました!

頼りになるお二人!

おかげさまでようやく禅堂が使えるように。

禅堂の窓から見えた梅雨の合間の夏の空

これでちゃんと座れます。

「しっかり座るように!」

葆光庵老師からもゲキを受け皆、必死に静坐。

 

座れば外は夕陽なり。

座って座って日も暮れて

そんなこんなで、何かが起きる知多禅会。

なんとかなる、なんとかする。

厳しい中で、和気藹々とやってます。

これは【強運】というのか?

【今日糞】はなくなったけど、【強運あり】ということにしておこう。

・・・つづく

知多禅会 河口玉風 #参禅報告

 

 

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:24 | 知多禅会 | comments(0) | - |
【強運ココにあり?】

JUGEMテーマ:

 

【強運ココにあり?】

 

こんにちは。知多禅会河口玉風です。

コロナ騒動による摂心会の中止が相次ぎましたが、ようやく再開されるようになりました。

5月の名古屋支部摂心会の中止に伴い、今回は名古屋、知多合同となりました。

まだまだ不安が拭い去れない中の開催、菌をやっつけて、安全安心な摂心会会場に!

ということで、準備作務でオゾン発生機を投入!除菌&消臭を準備作務で行いました。

※高濃度オゾンを発生させる機械はこちら

(byダスキン)

これで隠寮も禅堂もバッチリ除菌!

 

この機械は高濃度オゾンを発生させるので、稼働中は立ち入り禁止です。生き物は死んでしまうので絶対入室禁止!スイッチを入れたら即座に退室!

参禅の時の鈴と同じ(笑)

 

退室したら目張りをしてオゾンが漏れないようにします。

3〜4時間稼働して、終わって入室すれば、あら不思議!

なんだか、空気がスッキリ!

これまた公案が透過した後のよう(笑)

 

という具合に会場もスッキリしたところで、そのほか準備もサクサクと?進め、いざ、結制を待つばかり。

 

結制日当日、早めに入山し換気と準備を進めようとしたところ…

なんと!なんと!

↑天井が剥がれて!

 

↑天井裏に付いてた長年のハクビシンの運!いや、糞が!

 

バラバラと落ちていて↓

 

一念不生などはどこに?念々続出!

「始末どうしたらいいの?」

「菌は?」

「糞の中に悪い病気はある?」

「もう一度除菌?」

「結制間に合う?」

などなど。

 

「ちょいと、どうすりゃいいの〜?ねぇ、あなた⁈」と心で叫び、いや実際は口から出てしまってましたが。

 

結制間際になって、こんな事態が?

摂心会は無事できるの?

 

右往左往する結制数時間前。

 

今日糞ココにあり。

強運ココにあり?

さて、摂心会の行方は如何に・・

・・つづく            

 

知多禅会 河口玉風

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:36 | 知多禅会 | comments(0) | - |
コロナ禍の工夫あれこれ|第143回中央女性部「坐のすすめ」だより

JUGEMテーマ:

 

 7月3日(金)に市川本部道場北寮茶室にて「第143回女性のための坐のすすめ」を開催致しました。新型コロナの自粛解除後開けなので前回同様に座る間隔を取りました。風が爽やかの中、7名の方が参加しました。網戸だけにして換気に気をつけて坐りました。

 

【午前10時〜11時】

 30分間座り、5分休憩後、30分間座りました。

 今回も座る間隔を半畳ほど空け、換気にも注意を払いました。

【午前11時〜11時50分】

 抹茶を飲む。各自が茶筅を持ち自分で点てた後、ごまとくるみの香ばしい饅頭で一緒に頂きました。胡桃を小さい頃よく食べて剥くやり方で面白い話が出てました。体に良いことが次々と色々の例も出て皆さんの経験豊かさに感心しました。

 その後、資料を一人が読み、みんなで感想を話し合う形式でおこないました。この際も前回同様に丸くなり座りましたが、間隔を空けて座りました。

 

 読んだ資料は、新聞から(私のおこもり術「写経 スマホ離れ、自分と対話」)薬師寺の執事長さんの談話です。コロナ禍での夫々の工夫した過ごし方を聞きました。

 次は、コロナ禍での家での食事について(1:お弁当生活で実感 給食は偉大だ、2:時短メニューと作り置きを駆使、3:和・中・チベット料理 笑顔の幸せ)投書3篇を話題にしました。

 次は(過去に旅する旧水戸街道松戸編)で江戸時代の水戸街道の賑わいを感じる神社・本陣跡・本土寺参道等に関する地域新聞に載っている記事でした。コロナ禍がすっかり解けたら散歩にどうかと気分転換として取り上げました。身近にあっても知らないことが多いのには皆さん驚いていました。

「天声人語」から江戸時代の関所「入鉄砲に出女」ではなく「入コロナに出コロナ」で自粛要請の関所はなくなったが、自分の心の中には小さな関所がある。いまはまだ、行き先の相手のことをまず考える。そんな心持ちでいたい。の資料では納得の様子でした。

 おしまいは新聞の投書から「四季と安らぎをくれる小世界」、「趣味の油絵『貼って』送る手紙」、「貼り絵でよみがえった花や鳥」と何気なく普段使っている切手を各自が楽しませたり楽しんでいる微笑ましい記事を拝読しました。

 本日のお花は、馬の鈴草と紫陽花でした。馬の鈴草の花の形と鈴の形に興味を持って観てました。掛け軸は「寿山萬丈高」でした。このような時期、少しでも心があたたかくなるようにおめでたい軸を使わさせていただきました。以上です。

 

佐藤妙珠(中央支部) #女性部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 15:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
本日の静坐会(岐阜禅会)

JUGEMテーマ:

 

本日の静坐会

洞戸川は昨日来の雨で、増水気味 でしたが、清らかな洞戸の清らかな空気の中、日曜静坐会を開催しました。

 

本日は新規参加者がいらっしゃいました!
しかも待ちに待った地元、関市の方😀

 

18日からの摂心も参加いただけるそうです。

このご縁を逃さないように、大切にお付き合いさせて頂きたいと思います。

 

河村巌松(岐阜禅会

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:00 | 岐阜禅会 | comments(0) | - |
房総支部日曜座禅会報告(2020年7月5日)

JUGEMテーマ:

 

「感染に注意し、いつも通りの日曜座禅会でした。」

 

前日の雨は上がり、朝方は外気温28℃で薄日が差しておりました。

いつもの通り8時過ぎから道場内の掃き掃除、拭き掃除で座禅前の準備運動を致しました。さすがに汗が噴き出ましたがいい具合の運動になりました。

座禅中は本堂の窓を全開にし扇風機を4台回したおかげで気持ち良く座ることができました。

遠くで鳥の鳴き声が聞こえる充実した一炷香でした。

コロナパンデミックの影響で、マスク着用、畳一畳に一人、読経も行わないというスタイルで座りました。

 

参加者は、一般参加者6名(作務をいつも頑張ってくれるEさん、3ヵ月ぶりのUさん、中央支部山下祖牛さんの陶芸教室生Fさん、先頃の参禅会に参加されたNさん、茶道部稽古にいらしたTさん、Hさん)、名誉会員の大木居士、房総支部会員11名(看雲庵老居士、厳幽庵老居士、鉄心居士、鐘声居士、輝山居士、真浄居士、龍山居士、岡本居士、元禮居士、道舟居士、不説)、中央支部清香庵妙珠老禅子、今回初めて参加されたTさんの合計20名でした。

Tさんは千葉在住ですが、現在関西方面に単身赴任中とのことで、神戸禅会や関西支部について情報提供を受けていました。

 

座禅後は第1日曜日ということでほぼ全員の参加(16名)で敷地内の作務を行いました。本日は道路沿いの高枝切り、茶庭、中庭の剪定・清掃、玄関前の草取りが主な作務でした。

新到のTさんは作務の終了頃に厳幽庵老居士の案内で道場敷地内を見学しておられました。

 

本日は茶道部の稽古日でした。清香庵老禅子、元禮居士の指導にて茶道部のHさん、Tさんが稽古をされました。作務の終了後に10人近くの方がお茶席に入られ、冷たい抹茶でのどを潤しました。蒸し暑い時期、作務後の冷抹茶は格別と思われました。茶道部は午後も引き続き稽古のようですが、大衆は作務終了後、お茶を頂いた後に下山しました。

作務終了を待っていたかのように雨が降り始めました。九州地区豪雨災害がこれ以上広がらないよう祈念致します。  岡田不説 (房総支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 11:01 | 房総支部 | comments(0) | - |
神戸妙楽寺で初めての静座会−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

今日は妙楽寺で初めての静座会でした。

六アイ以外の地で展開することになります。

数ヶ月は誰も来ないと予想していましたが、ネットからの参加が2名でした。

ありがたいこっちゃです。
 

山口恵以子さんの『おばちゃん介護道』を図書館から借りて読みました。
介護も老後の話の必須事項です。

人により違ってくるのですが、食事、入浴、排泄は共通点が多いです。

私も一応ヘルパー2級を持っています。

使いものにはなりませんが。

食堂のおばちゃん出身の著者は、明るく楽しく読ませてくれます。

小説家ですから、うまいものです。

手抜き食事に鍋ものをつづける話がありました。

こちらは、味付けを毎日変えます。

具は前の日の残りものを活用するとして、味は変えないと。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
房総支部 緝煕会(しゅうきかい)報告

JUGEMテーマ:

 

緝煕会(女性のための静座会)報告

 

620日(土)に3か月ぶりの緝煕会(女性のための静座会)定例会を開きました。

参加者は9名、新しく1名の方が参加されました。

久しぶりの開催を、皆、待ち望んでいたようでした。いつもは、房総道場前庭にある緝煕寮で行なっているのですが、3密を避けるため、今回は道場の禅堂で行うことになりました。

梅雨寒の前日とは打って変わって、真夏の太陽がのぞき、時折、小鳥のさえずりの聞こえる爽やかな一日になりました。

禅堂の清掃、お茶の準備などの作務の後、禅堂の床の間には甘草の花が一輪活けられました。

自然に囲まれた禅堂で、仲間と坐る一炷香は、清々しく気持ちの良いものでした。

輪読の時間には、いつも人間禅の老師方の書かれたものを読んでいますが、坐禅に向かう姿勢を省みる大切な時間になっています。

坐禅・輪読の後の呈茶は、リラックスした楽しいひとときです。

今回は、3か月に及ぶステイホームの日々について語り合いました。

まったく予定が立てられず、外出もできない日々。これまで経験したことのない毎日でした。当たり前にいつまでもあると思っていた日常が、当たり前でなかったことに気付きました。追われるように過ごしていた日々の生活や生き方を振り返る貴重な体験であったように思います。

一人一人が様々な思いを語り、笑顔のなかで散会となりました。 

進藤慧玉(房総支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:40 | 房総支部 | comments(0) | - |
さいたま禅会 摂心会報告

JUGEMテーマ:

 

さいたま禅会摂心会が626日から28日まで、擇木道場で行われました。

師家は仰月庵老師、御提唱は『無門関21 松源三転』、

また老師による御法話「坐禅の集中について」もいただきました。

 

今回も少ない人数ながらフルメンバーでの充実した摂心会だったと思います。

初関をお持ちだった剣道家の方も、この時期剣道が中止になりフル出場!でしたので、残りのメンバーもこれを精一杯バックアップすることを約束して努めた摂心会でした。

精一杯のバックアップとはすなわち自分自身が精一杯やるということだと話し合い、助け合って取り組むことができたと思います。

 老師には御提唱と御法話をいただきましたが、中でも御法話「坐禅の集中について」は、活発な質疑もあり、各自坐相や数息観のやり方を反省でき、その後の坐禅に生かせたと思います。

 

 

また、円了後に私の仏教講座『六祖壇経』をしましたが、次回8月からはさいたま禅会の行事に取り込む形で行うことを皆さんが了承されたので、これも会にとって良く作用するように機能させていきたいと思います。

 

今日のさいたま市は梅雨空が一掃されて30度越えの真夏日です。

これから暑い季節になりますが、全国の皆様もどうかお身体をお大切にお元気にお過ごしくださいますよう一同心から願っております。

 

合掌 さいたま禅会長 笠倉玉溪 拝 #参禅報告

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:15 | さいたま禅会 | comments(0) | - |
人間禅中央支部参禅会の報告と摂心会のご案内

JUGEMテーマ:

 

 

2020627日(土)、28日(日)

中央支部、今年度の第回参禅会がおこなわれました!!

コロナ禍の影響により、他支部への案内は控えたり、予定していた懇親会、支部会は中止するなどスケジュールを変更して実施しました。

また、東京支部長作成の感染予防ガイドラインに従って以下の点に十分注意しておこないました。

・入山時の手指消毒、体温測定、記入

・靴下、マスクの着用

・座禅、参禅、食事、茶席、宿泊などにおけるこまめな消毒、三密防止

・宿泊は、原則寝具を持参、布団借用の際には他の布団と混ざらないように別保管

約4か月ぶりに、中央支部の支部員が集まり、座禅、参禅、作務を共にできたことはとても有意義でした!

やはり、リアル座禅会は気持ちいいですねっ! 最高でっせ!

また、他支部から房総支部長にご参加いただき、一般の参加者も2名おられ、一緒に作務に座禅に汗を流しました。

さあ、7月18日(土)から25日(土)は、いよいよ中央支部摂心会になります。そこに向けて、気合を入れて取り組んでいきたいと思います。夏真っ盛りで座禅に作務に、大汗をかきませんか?

お待ちしております!!

  

中央支部 粕谷玉道 #青年部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 12:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
房総支部日曜座禅会の報告(令和2年6月28日)

JUGEMテーマ:

 

「大雨の中、月末の日曜座禅会」

大雨の中、道場に着くと昨夜止まられた岸 道舟居士(新到者担当)が休憩室の掃除等を済ませておりました。

本日の直日担当の龍山さんが8時過ぎに入山し急用のため私に直日を代わってもらいたい旨伝えられ急いで下山されました。

龍山さんの強い責任感に感服しました。

本日は朝から土砂降りの雨で、月末最終日曜日のためか参加者少ないので、直日と助警を兼務することで座禅を定刻9時に始めました。

中央支部の参禅会に参加されていた看雲庵支部長が途中から助警を務めました。

本日の参加者は13名(内女性3名)でした。

会員は、看雲庵支部長、進藤慧玉禅子、登坂真浄、岸 道舟、岡本修秀、山崎一心、岡田不説の各居士、名誉会員の大木昌彦居士、宮近千世子禅子、それと山本哲也居士(既入門)、

S居士(宮近社中)、T禅子(岡本社中)、新到者K居士という顔ぶれでした。

本日初めて参加予定の新到者Fさんは風邪の為急遽参加できなくなったとの連絡が入りました。

本日は新規参加者はいませんでした。

座禅終了後看雲庵支部長から「感染症対策に対して総裁総務長から詳細な施策が出され 房総支部の8月摂心会までにしっかり対応できるようにお知らせする。」旨の報告がありました。

今月から始まった座禅の後の新企画本日第4週は「体操の日」でしたが担当者が用事で欠席されたため看雲庵支部長が「真向法の基本動作、ヨガの入門編」をご指導いただきました。

参加者は 看雲庵支部長、道舟居士、S居士、K居士、一心の5名でした。

この後、房総支部員の岡本修秀居士の裏千家茶道の稽古が緝煕寮で開催されました。

岡本社中の稽古の概要は次のとおりです。

  午前中 T禅子の「炭点前」ほか

  昼食 休憩 岡本さんがお食事をご用意なさってくださいました。

      宮近先生T禅子が副食を持参くださいました。

      それぞれ大変美味しく完食しました。

  午後 宮近先生「行台子」点前

      S居士、一心「行台子薄茶平点前」

      一点前 前半:S居士、後半一心

 作務で残られていた道舟居士が薄茶を2服召し上がってくださいました。

 また 道場への道端から「真竹の筍」を145本掘って下さりました。

 皆さん喜んでいただきました。私は近所から頂いたものがありましたので遠慮しました。

すべてが終了し下山したのは16時ごろでした。 合掌 山崎一心房総支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:10 | 房総支部 | comments(0) | - |
「房総禅道場での有楽流茶道稽古」

「房総禅道場での有楽流茶道稽古」

 

コロナウイルス禍のために3ヵ月も休みましたので、随分久しぶりにわが家に帰った、懐かしい感じすらする茶道の稽古です。

露地・茶室は先週日曜日の参禅会そのままにきれいに掃き清められており、昨夜の雨を含んで苔も木々もその緑が一層鮮やか、筧の水音も心地よい静かな緝熙寮の茶室です。

 

本日は、初めての参加者をお迎えすることができる格別に嬉しい稽古です。

稽古に参加して下さったのは、当支部の女性の静座会「緝熙会」からのSさんと、10数年ぶりというTさんです。茶室での作法から小習まで先生のご指導があって、私も所作・お点前の展示など、お茶席での亭主以上に熱を込めて勤めさせていただきました。

一通りの稽古が終わった頃、写経、作務を終えた会員等5名が入席して下さいました。新人のお二人にとっては格好の「稽古台」です。チョット酷かとは思われましたが、教わったばかりのお点前で、ご指導を得ながらも美味しそうなお茶を点て差し上げてくださいました。緊張のなかにも楽しい経験をして下さったと思います。

 

本日の掛物は、磨甎庵老師の「夢」を使わせていただきました。「説明を」、とのご指示があり、「夢をみる・夢を抱く」といった意味ではなく、人生は限りあるものだから「今を大切に、今日の稽古をおろそかにしないようにしましょう。」と、私流の解釈を紹介しました。

花は、境内に咲いていたニッコウキスゲとオカトラノオ、本部から頂いた孟宗竹に活けました。

お菓子は、先生ご持参の水羊羹とごま最中でした。入席者全員が美味しく頂戴しました。

有難うございました。沖野元禮(房総支部

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 04:21 | 房総支部 | comments(0) | - |
房総支部日曜座禅会報告(2020年6月21日)

 「夏至の日の日曜座禅会」

 新型コロナウィルス感染対策の自粛生活が解除され、6月初旬から開始された日曜座禅会に、今回3回目で17名の参加者がありました。参加者同士ソーシャルディスタンスを保って禅堂全体にゆったりと座って三昧に入りました。 

鴬の鳴き声が薄紫色のアジサイが咲く庭から聞こえて来ます。一炷香の静座のあと、自主作務で植木の手入れをする人、有楽流茶道の稽古をする人、写経の会にとそれぞれが参加しました。

写経の会の後お茶の御相伴に預かりました。昨日行われた女性の集い【緝煕会】に参加された方二人が座禅会とお茶会に参加されました。初めての方と、十年振りの方がお点前の稽古をされました。

2月から始まった自粛生活もあっと言う間に4か月がたち、夏至になりました。この日は、日食と夏至が372年振りに重なるとの事。計算すると1648(寛永年間)で、江戸幕府が鎖国を始めた頃でした。感染対策のため海外との行き来の制限や、都府県境をまたぐ移動の自粛の今日この頃と重なる感じがします。平常な社会生活が一日も早く戻る事を願います。中山孤峯(房総支部

JUGEMテーマ:

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 04:13 | 房総支部 | comments(0) | - |
神戸禅体験セミナー、摂心が近づく

JUGEMテーマ:

 

2週間後に禅体験セミナーを迎える。
ロナの影響で、勧誘も積極的にできず、出席者が危ぶまれたが、現在4名が参加の予定。
検討中の方が4名おられる。
摂心も広島支部から5名も参加していただける。

コロナ対策も広島支部を参考に、図書館、ジム、飲食店の例も踏まえたい。
三密。手洗い、うがい。
簡単なことがキーになる。

今、目の前のことに真剣に対応する。
それしか解決策はない。
頭で考えるのではなく、体で気付くのだ。
やはり座るしかない。

木戸開善(神戸禅会
posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
第4期 仏教講座 第1回「六祖壇経」開催のお知らせ

仏教講座

きっとわかって役に立つ 仏教講座


第4期 第1回

 

『六祖壇経』


―― 禅の源流 直指人心見性成仏! ――

 

 

 

 皆さん、こんにちは!仏教講座です。
 今年で5年目に入ります。
 昨年第3期は2年をかけて、大乗の精神を高らかに宣誓した偉大な『維摩経』を学びました。ここには大乗仏教の思想が壮大なスケールで描かれており、人間の理想の姿、正しい生き方、人間観、世界観が刻まれていました。
 これまで第1期の「釈尊の覚り」から始まり、大乗仏教とは何を目指したのかを学んだところで、今期はいよいよ禅の源流に出会っていこうと思います。

 

 禅は釈尊の覚りを勉学によるのではなく、釈尊と同じ方法で同じ境地を目指し体得しようとするものです。その系譜は、釈尊から28代の祖「菩提達磨」がインドから中国に渡ったことを起源とし、達磨を初祖として始まります。
 インド仏教においては、坐禅は禅宗にはなりませんでした。あくまで仏教の三学(戒定慧)や六波羅蜜の中に「定」として、欠くことのできない方法としてのみ認識されていたのです。

 

 ところが、坐禅をすることでしか釈尊の覚りには行きつかないし、坐禅による三昧の中に教えも覚りもすべてが包含されることに注目し、中国において禅宗が起こったのでした。
 いわば、最も釈尊に近いものだと彼らは確信していたのだと思います。禅の命は昔も今もそこにあります。

 

 そして達磨以降、勝れた祖師が法を繋ぎ、ついに六祖慧能大師の出現によって今日まで脈々と受け継がれる禅が起こります。今期はその六祖の説法集である『六祖壇経』を読みます。ほぼ全文の現代語テキスト、語句や意味の解説もできるだけわかりやすくと思っています。
 禅って何だろう、と興味を持たれる方に、歴史の最初に戻って学ばれることをお勧めしたいと思います。

 

 今週日曜日28日午後2時から3時半。よろしくお願いいたします。合掌 玉溪 

 

pdf 4期 仏教講座チラシ 六祖壇経

 

02.png講師: にち あん   かさ 倉玉溪 くらぎょくけい

禅の修行歴38年 人間禅特命布教師。写経といす坐禅講座、母親のための法話会等主宰。禅の呼吸で書く「禅書道」主宰、企業顧問、共同通信政経懇話会講師他

 

年間スケジュール 令和2年度

●隔月日曜日開催

 8/30(日)
 10/25(日)
 12/6(日)
 2/7(日)
 4/25(日)

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月からは、日曜日午後2時から3時半の開催になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

尚、後半は白隠禅師の内観法を始め、坐禅の呼吸法のいろいろもご紹介・検証していきます。

================================================

<受講料> 一般の方1回 3,000 円 テキスト込 年間15,000円

<場所>〒110-0001 東京都台東区谷中 7-10-10 人間禅擇木道場

<お問合せ・お申込み>

natsu@kxe.biglobe.ne.jpからご予約ください。

*禅の指導者、老師も参加されます。本格的な禅の話も聞ける勉強会です。

 

東京支部 #仏教講座

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 09:27 | 東京支部 | comments(0) | - |
次回は7月1日(水)コロナ対策をしながら坐TEN to FIVE開催します!

JUGEMテーマ:

 

コロナ対策をしながら坐TEN to FIVE開催します!

 

予定通り 7月1日(水)坐TEN to FIVEを開催します。

 

久し振りに広い禅堂で一日座ってみれば、

マンネリ気味の日常の坐にガツンと気合が入るような?

外に求めてしまうのも仕方がないけれど、

やはり、座らなければ始まらない!

座り続けることで、見えてくるものがある。

 

ご一緒に座りましょう! 是非ご参加ください。

コロナ対応の注意事項をホームページにてご確認の上ご参加下さい。

 

時間割は、12時より1時までの休憩をはさみ、10時より5時まで、50分座り、10分休憩を繰り返します。

残念ですが、読経は取りやめます。

途中様子を見て、何度か経行を入れます。
基本は50分の坐ですが、各自の体調、都合に合わせて休憩、退出は自由です。

無理をせず、坐を深めてまいりましょう!
それでは擇木道場にてお待ちしております。
合掌
妙玲 拝(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 10:58 | 東京支部 | comments(0) | - |
第270回岡山支部 摂心会のお知らせ

JUGEMテーマ:

 

第270回岡山支部 摂心会のお知らせ

 

7月1日(水)〜5日(日)、葆光庵名誉総裁老師、竜穏庵老師のご指導の下、第270回岡山支部摂心会を予定しておりますので、お知らせ致します。


漸く、県境をまたぐ移動の自粛も解除されました。まだまだそれぞれの事情により、摂心会での修行が難しい方もありますが、この掛け替えのない機会に皆で修行に励みたいと思います。

未経験の方など、どなたでも参加できますので、
ご自身のご都合に合わせ てご参加下さい。

 

詳細は添付の日課表、講演会チラシをご参考下さい。

 


ご参加につきましては、次のサイトで入力し、土井 法泉までご連絡下さい。
https://chouseisan.com/s?h=ab93f447b14243c2a2d8f2a706e5980b

以上、よろしくお願い致します。

合掌 岡山支部 土井法泉拝
coco020705@gmail.com
090 1350 2168


 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 04:20 | 岡山支部 | comments(0) | - |
雨のなか咲く白い花|第142回中央女性部「坐のすすめ」だより

JUGEMテーマ:

 

 6月19日(金)に市川本部道場北寮茶室にて「第142回女性のための坐のすすめ」を開催致しました。新型コロナの自粛解除後開けなので前回同様に座る間隔を取りました。凄い土砂降りでどのくらいの方々が集まってくださるか心配をしましたが、近所の5名の皆さんが参加されました。

 

【午前10時〜11時】

 30分間座り、5分休憩後、30分間座りました。

 今回も座る間隔を半畳ほど空け、換気にも注意を払いましたが、土砂降りですので部屋の襖を開けて座りました。

【午前11時〜11時50分】

 抹茶を飲む。各自が茶筅を持ち自分で点てた後、さくらんぼ餅とゴマ最中で一緒に頂きました。季節のさくらんぼが大変美味しかったです。

 その後、資料を一人が読み、みんなで感想を話し合う形式でおこないました。この際も前回同様に丸くなり座りましたが、間隔を空けて座りました。

 

 読んだ資料は、本日の禅語「潔白」。静岡市・臨済寺僧堂師家の無底窟阿部宗徹老師の書かれた書です。大意は〔きびしい言葉である。たとえ清めぬいたとしても、誕生したときの無垢の白さには到底帰ることはできない。禅では、それを「本来無一物」という。無心こそが清浄であり、また潔白である。〕と。

 次に新聞の投書欄から〔旅待ち 俳句でたどる五十三次〕を読み、感想を話し合いました。1枚の絵から10句を作ろうとする姿勢と当時の資料を調べる姿勢に心を打たれました。

 続いて瀬戸内寂聴さんの連載〔残された日々「横田滋さんを悼む」〕を読みました。私を含めて皆さん写真展に足を運んでいたようでした。

 次に千葉版から〔生涯定年後の“道しるべ” 伊能忠敬記念館〕を読みました。事業家として成功を収め、隠居してから好きな道へ「目標に向かって進んでいく姿勢が凄い。精神面も体力面も憧れですね」に納得しました。

 次に〔母さん 今の俺を見てて〕を読みました。色々の会議で「人生は自分でどうにでも変えられる。ドラッグなんかに手を出すな」として講師を務める方の実体験です。

 おしまいに「天声人語」からドクダミの記事を読みました。前回、道場の八重のドクダミ(別名八重十薬)に感心しきりでしたので取り上げました。その文の後半に〔ドクダミには「毒を矯める、止める」の意味があり、十薬の別名も持つ。古くから薬用としてだいじにされてきた植物なのだろう。見ていると落ち着くその姿が、心の薬にもなってくれれば。〕とあり、あらためてドクダミを見直しました。

 本日の花は禅語に因み(ハマユウの花)でした。以上です。

 

佐藤妙珠(中央支部) #女性部

 

 掲揚塔 桜の木の下に咲くハマユウの花

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 10:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
船橋静座会再開。電車の音を聞きながら・・・

JUGEMテーマ:

 

2020年6月18日(木)、船橋市東部公民館3階第一和室にて船橋静座会が再開されました。

雨にもかかわらず、6名が参加。

メンバーとは約4か月ぶりの再会でした。

やあやあ、お久しぶりです。変わりはないですか?

全員マスクを着けているため、「あれ? おたく初めて?」と、とぼけた発言もあり、和気あいあい、なごやかムードから一転、会話をシャットアウトして数息観に行じます。

 

会場は、JR津田沼駅北口パルコの裏で、近くを新京成線の電車が走っています。

窓を開放して座ると、踏み切りの警報音に加えて、電車のブレーキ音や走行音がひっきりなし。

十字街頭よろしく、暮らしの中の座禅と申しましょうか、これがまた実に懐かしく感じられて、いいんですねぇ。

 

3密を避けるため、部屋のドアと窓は開けたまま。

和室の利用人数は(定員10人のところ)現在4人に限定されているので、入れ替え制にしました。

19時半より最初の組が30分座って、5分休憩、メンバーを入れ替えて30分ふたたび座って解散、という流れの中で近所の参加女性いわく、

「以前はマンションの上の階の排水音が気になって仕方がなかったのに、ここで座っているおかげか、今では気にならなくなりました。電車の音も今日は邪魔にならなく感じたのが不思議です」

と感想を述べておられました。

 

やはり、自宅で1人で座るよりも、みんなで座ったほうが断然いい、とのことです。

 

船橋静座会は、原則第2・3・4木曜日夜19時半〜20時40分まで。

電車の音を聞きながら、自分の息をひとーつ、ふたーつ・・・かぞえています。

 

仕事帰りに駅チカの公民館で座ってみてはいかがでしょうか?

 

今後の例会予定

7月 2日、9日、16日

8月 6日、20日、27日

9月 3日、10日、24日

 

船橋静座会担当

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
房総禅道場 令和2年度第1回参禅会 朝のお茶席

JUGEMテーマ:

 

房総禅道場 令和2年度第1回参禅会 朝のお茶席

 

令和2年6月13日(土)〜14日(日)にかけて開催されました参禅会の折のお茶席の様子についてご報告いたします。

 

このお茶席は、葆光庵老師から「できるだけ皆さんに入ってもらって下さい」とのご指示で、全員がマスクを着用して入室されました。神社仏閣での厳粛な献茶式を彷彿させるものでありました。

 

 

 軸:「福寿康寧」(幸福で長生きし、健康で心やすらかなこと)

   席主の宮近先生が中国で求められた禅僧の墨蹟

  葆光庵老師をお迎えするに相応しいものをということでお持ちくださいました。

 

花:矢筈芒、菖蒲、松明草

  道場にもニッコウキスゲ、アジサイ、ホタルブクロなど何種類かの花が咲いておりましたが、「露地の花は茶室に持ち込まない」とのいわれに従い、宮近先生がご自宅の庭からお持ちくださいました。

 

花入:煤竹の鶴首花入

 

香合:「亀甲形 唐草青海波絵」(東大寺別当 狭川普文 大僧正作)

   東大寺の古材で作られたもので、裏千家献茶式で宮近先生が拝領されたもの

 

菓子:赤穂名産の「塩味饅頭」

デパートの諸国銘菓店で買い求めたものです。岡山ご出身の老師がかって愛食されたものと伺って大変嬉しく思いました。

 

今回のお茶席も、準備の清掃から最後の片づけまで名誉会員の裏千家准教授宮近宗世先生のご指導をいただきました。有難うございました。

 

沖野元禮(房総支部) #茶道部 #参禅報告 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 06:00 | 房総支部 | comments(0) | - |
第1回八王子禅会 参禅会のお知らせ

JUGEMテーマ:

 

第1回八王子禅会 参禅会のお知らせ

 

7月11日(土)、12日(日)に、第1回八王子禅会参禅会が、葆光庵名誉総裁老師のご指導の下、厳修されます。

コロナ禍で大変な日常ですが、ご参加いただければ有難いです。

添付しました日課表をご覧になっていただき、 参加表の例にならってお名前と参加される所に○をして、 加藤紫光までメールでお知らせください。

メールアドレスは

yokosk@jcom.home.ne.jp

です。

6月末までにご連絡ください。

よろしくお願い致します。

第1回 八王子禅会 参禅会日程表(202007011)

日程表(PDF)参加表(PDF)

 

合掌

加藤紫光拝(八王子禅会

 

 

参加表はPDFからエクセルファイルに変換して返信先へご送信ください。

変換の方法は「PDFファイルをエクセルファイルに変換する方法」に載せてありますので、ご参考にどうぞ。

#参禅案内

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 05:00 | 八王子禅会 | comments(0) | - |
第154回東京支部摂心会

JUGEMテーマ:

 

第154回東京支部摂心会

東京支部第154回摂心会が月10日(水)〜14日(日)に行われ、無魔円了致しました。

ご指導師家:千鈞庵老師 ご提唱:『證道歌』1〜16

当摂心会は、新型コロナウィルス感染防止のため、短期で行われました。

月にも、短期摂心会が行われる予定です。

緊急事態宣言解除後初の摂心会で入門者が一人おられました。

コロナ対策衛生面を支部員皆で検討工夫して臨みました。

老師にご相談の上、集合写真は中止し、その代わりに円了茶礼を撮影しました。

千鈞庵老師ご指導の初摂心会での懇親会も、真に残念ながら、中止しました。

摂心会中に、新型コロナウィルス感染東京アラートは解除されたのですが。

合掌 林 翠松拝 東京支部 #参禅報告

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 22:38 | 東京支部 | comments(0) | - |
第349回坐忘会 令和2年水無月句会

JUGEMテーマ:

 

第349回 坐 忘 会
 開催日:令和2年6月14日(日)
 場 所:本部道場南寮
 参加者:10名
 投句者:4名   投句数:96句

 コロナ禍を考慮して、4月は流会、先月はネット句会となり、今回、久々に顔つき合わせ、懐かしく新鮮な集いとなった。
 秀句を多発の妙珠さんが最高得点者で、賞品を持ち帰られた。
 今回の兼題は「葭切り」「枇杷」「梅雨晴」

 

------各自の高得点句を紹介します。--------
                       
 肩にさす月涼しさよ枇杷熟るる  幽谷先生
              (以下順不同)
 
 紙風船吹く息丸く手を丸く     眞 澄
 暮れなずむ闇に煌めく禅庭花    剣 外

 

 葭切や釣り師猫背で動かざる    桃 雲
 枇杷の肌触れて冷たき古伊万里に  蕉 山

 

 托鉢の米一キロに夏蜜柑      温 雄
 野の薫風知らずに過ぎし五月かな  蜂 生

 

※不自由を楽しむ自由夏隣り     妙 珠
 軽鴨の雛の数又数えけり      慈 啓

 

 植田風夕月ふんはり浮びをり    竜 穏
 赤い靴男
(おのこ)走るや梅雨晴れ間  幽 水

 

 初夏の風ずっとこのまま吹き続け  道 妙
 蓮の葉の柄の切り口に通気口    義 幸

 

 天辺へと青葉滴る滝の音      元 山
 
※は最高得点句

 

桃雲記(中央支部) #俳句
posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 19:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
コロナ対策をしながら「坐TEN to FIVE」開催します!

JUGEMテーマ:

 

改めてお知らせいたします。
坐TEN to FIVE は、予定通り6月17日(水)の開催です。
コロナ対応への注意事項を、ホームページでご確認のうえご参加ください。
坐に徹する一日にしたいと思って居ます。
時間割は、12時より1時までの休憩をはさみ、10時より5時まで、50分座り、10分休憩を繰り返します。

残念ですが、読経、経行は取りやめます。
基本は50分の坐ですが、各自の体調、都合に合わせて休憩、退出は自由です。

無理をせず、坐を深めてまいりましょう!
それでは擇木道場にてお待ちしております。
合掌
妙玲 拝(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:33 | 東京支部 | comments(0) | - |
令和2年 第1回目参禅会 実施報告

JUGEMテーマ:

 

人間禅会員、名誉会員各位

 

房総支部から令和2年度第1回参禅会の報告をさせて頂きます。

 

令和2613(土)から14(日)にかけて房総禅道場にて葆光庵老師がご担当になられて初めての参禅会が開催されました。

コロナウイルス感染拡大を受けて当初予定の523日〜24日から延期されての開催となりました。

通常より会員の参加が少なかったのですが、5月末以降に日曜座禅会に参加され2名、今回初めて参加された方3名の新到者の参加がありました。

14日朝には宮近社中の方々が朝のお茶席を担当してくださいました。

バーベキュー懇親会は小雨模様の中新到者も参加され、炭火焼の焼き鳥、焼きそばとつみれ汁が大好評でした。

 

終了後の集合写真と寄せ書きも併せて添付いたします

 合掌

房総支部長 仲野嶢山 九拝

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 19:07 | 房総支部 | comments(0) | - |
知多名古屋合同摂心会(座禅会)のご案内

JUGEMテーマ:

 

【知多名古屋合同摂心会のお知らせ】

6月24日(水)〜28日(日)

名古屋支部・知多禅会合同摂心会を開催いたします。

 

こんにちは。知多禅会 河口玉風です。

緊急事態宣言も解除されしばらく経ちました。自粛生活も緩み始めている今日この頃。

でも、まだまだ油断はならない時期。いつまで続く緊張感・・・。

 

そんな事を言っている間にもう6月も半ば。紫陽花も綺麗に咲き始めてます。

季節は確実に移ろってますね。

 

告知が遅くなりましたが、6月の摂心会のお知らせです。

今回は5月の予定が中止になった名古屋支部摂心会との合同となりました。

 

◆ 期間・6月24日(水)〜28日(日)

◆ 会場・大宝寺もくれん会館(愛知県知多郡南知多町内海大名切36)

◆ 連絡先・河口玉風 090―9905―3478

 

詳細は下記日程表をご覧ください。

 

知多禅会 河口玉風 拝

 

 

 

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:19 | 知多名古屋豊橋 | comments(0) | - |
別府温泉行ー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

 

広島座禅会の帰りに別府に来ている。

高校時代の同期生がやっている旅館だ。

コロナで旅館業界は大変だ。

6月から再開。

徐々に客はあるようだ。

昨日の土曜は、いっぱいだったそうだから、恵まれているほうなのだろう。

Go to キャンペーン」で電通ーJTB他で一気に7月からのV字回復を目指していた政府関係者の思惑は、ブレーキがかけられている。

真面目な日本人が出るが、拙速も捨てがたい。

 

木戸開善(神戸禅会

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
ゲルマンの歴史を読んだ−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

今日から広島座禅会に行く。

新幹線も結構ひとが乗っている。

座禅が始まる。
 

暇に任せて『謎の民族 原始ゲルマン人の秘密』を読んだ。

これも50年ぶりに開いた。

ウクライナあたりからアーリア人が移住。

がっしりした巨人族と混血。

デンマークあたりを中心にエルベ・ライン川の間に住んだ。

農民の戦士だ。

農地を求めて、やむを得ず戦った。

BC100年には、結局は滅ぼされるが、一度はローマ軍に大勝した。

シーザーとも互角に戦い、アウグスツスの時は3軍団を殲滅。

ローマの支配を免れた。

イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、北欧とゲルマン指導の国は多い。

農民的なこと、自由を大事にすること、部族の連邦のような体制をとること、今につながっているかもしれない。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 11:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
「コロナからの夜明け」熱海で本格坐禅体験会たけなわ

JUGEMテーマ:

 

「コロナからの夜明け」

熱海で本格坐禅体験会たけなわ

粕谷要道

 令和2年6月11日(木)4時55分 ホー法―法華キョ、チーチチチィ、パタンパタンパタン、板木(ばんぎ)の乾いた音で目覚める。
 今日は人間禅岳南道場摂心会(本格坐禅体験会)第1日目、駿河湾、初島を眼下に一望する熱海市上多賀の蜜柑山中腹、絶好のロケ―ションに位置する、人間禅岳南坐禅道場では梅雨入り初日の昨夜より、摂心会(坐禅体験会)参加の十数名の老若男女が昨夜の結制より境内の居士寮(男子寮)、禅子(ぜんこりょう・女子寮)に分宿しております。禅堂で数息三昧・公案の工夫三昧、堂内外で作務三昧を開始しております。
 人間禅では100年前のスペイン風邪以来のパンデミック・ウイズコロナ第二ステージ突入というので、道場行事(摂心会・参禅会・静坐会など)コビック19対策ガイドラインを策定して対処しております。

 

参加条件;

・微熱・味覚障害等コロナウイルスが疑われる人は参加自粛。

・入山時は入念な手洗いと、道場で用意するアルコールにて手指消毒を行う。

・全員マスクを常時着用する。

・屋内での裸足は禁止とし、足袋もしくは靴下を持参して着用する。

・タオル(作務の軍手や雑巾など)は各自持参して自己管理とする。共有はしない。

・他者と常時ソーシャルディスタンス(約2mを離れて)をとって行動する(茶礼、静坐、提唱、作務の集合、休憩タイムを含む。)。

・休憩時間も私語厳禁を徹底する。

・地区行政で自粛を求められる長距離移動を伴っての参加は自己判断。(静岡県では現在要請は出ていない)

 

日課について;

・宿泊はすべての寝具を他者と共有しない。

・食事は、典座・配膳係は三密にならないように十分注意。食事の作法も三密にならない処は平常通り。

・作務後の休憩時の茶菓は三密に注意・動作は黙道で。

・コロナ以前に古来より「三黙堂」とは「浴堂・食堂・禅堂」と規定。

・トイレのドアノブや出頭簿の筆など不特定多数が素手で触る箇所に関しては、作務などで定期的にアルコール消毒励行。

・換気を心掛ける。禅堂は静坐の休憩や終了後など役位は定期的に配慮。

・恒例の懇親会は不要不急の日課ではないので今回は中止。

 

参禅について;

・参禅室において、師家学人(修行者)ともにソーシャルディスタンス(2m以上)を確保すること。参禅しようとする学人は喚鐘台の脇のアルコールで手指を消毒してから木槌を持つこと。当然真剣勝負に臨む覚悟で。

・参禅前後の拝は略式の立拝とし、拝座に額をつける拝は行わない。
※在家の禅である人間禅がここまでこだわって坐禅の修行をおすすめするのは、世間一般が便利でお手軽Remote Worksやテレワークでは味わえない、一期一会の現実の実相世界を基盤として、歩々脚実地の人間形成の過程を重要視するからです。

・経行の際「念々正念歩歩如是」と凝念するのはそのためです。

・また平生「正念工夫不断相続如何」と自己心内を点検したりするのです。
 コロナを「正しく恐れる」ことは、それに違いないでしょうが、若者が閉じられたバーチャルな仮想現実の世界・出口の見えない迷路で堂々巡りするのは考えモノです。コロナ後の世界は人モノ時間カネなどすべてが不足する、政治経済流動・動乱の世界に突入の気配です。

・全国各支部、禅会でも行事予定などホームページで広報周知しております。
 熱海での坐禅体験会は6月14日(日)正午まで、何時からでも参加可能です。写真は11日午前8時30分からの「お茶席」薫風自南来・和氣満堂ソーシャルディスタンス良好・梅雨晴れのひととき、お点前は黄玉禅子、その他総勢九名です。

岳南支部

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 10:54 | 岳南支部 | comments(0) | - |