ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 朝の行動は作務そのものー瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | こんな時だからこその公案工夫を >>
季節を感じる木々の香り

JUGEMテーマ:

 

擇木道場で早朝座禅会を始めてから5年になる。

在職中は自宅で坐ってから出勤していたが、日暮里は交通中継駅なので、道場で坐ろうと決めて早朝座禅会を立ち上げた。

広い禅堂で坐るのは気分が良く、集中できる。

幸い自宅が近いので、その恩恵にあずからせてもらっている。

最初は私一人だけだったが東京支部のメンバが5名加わるようになった。

一般の方も参加することがある。

外出自粛の現在、一緒に座っているのは近所にお住いの支部員だけです。

窓を開放し、マスク着用で坐っている。

 

今日は、坐る前に真向法、6:00-7:00坐禅、その後はラジオ体操とスクワット40回やった。

明日から仕事があるが、今後も同じメニューで進めていく。

 

天王寺のくぬぎ

 

帰宅の折、紅葉坂に至って独特の匂いに気づいた。

毎年この時期に薫るクヌギの花だ。

花が終わると、糸状の枯れ花が地面にたくさん落ちる。

その掃除はやっかいだ。

箒に絡まるため収集しにくい。

秋になるとどんぐりがたくさん落ちることになる。

嘗て、新宿御苑で催した俳句会で作った俳句を思い出した。

むせかえる くぬぎの香り 杜の息   

  龍泉(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:04 | 東京支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする