ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 近況報告 黙々と草むしりに励む | TOP | 朝の行動は作務そのものー瞬時・瞬時を切に生きる >>
東京荻窪支部での一泊参禅会報告

JUGEMテーマ:

 

4月24・25日に東京荻窪支部で一泊参禅会を実施しました。

開催するかどうか迷いはありましたが、参禅の機会を無駄にはできないという思いから、コロナウイルス感染防止策を徹底・参禅の仕方も工夫した上で、担当師家に開催のお願いをし、結果的には開催できて良かったと思っています。

各支部道場で条件は異なるでしょうが、一つの参考にしていただければと思い、以下、参禅会の実施状況を報告いたします。

 

感染予防のための堂内でのマスク着用、手の消毒、うがいの励行、堂内での私語厳禁は当然のことですが、互いの接触を極力避けるために、原則宿泊なし、懇親会なし、朝のお茶会なしで、とにかく静座・参禅のみに徹底することといたしました。

 

また、東京荻窪支部は、本部道場や擇木道場と異なり、普通の民家を道場に使用しているため、静座場所としては、せいぜい14畳程度の広さしかありません。

そこで、一度に座る会場内の人数を5、6人以内に押さえるために、参禅回数を通常の2回から3回に増やした上で、事前に参加者に参加希望時間を聞きとることで参加人数を調整することとし、また宿泊を禁止したことから、翌朝の静座開始時間を遅らせることとしました。

具体的には、仝畍5時静座、6時参禅 6時30分静座、7時15分参禅 M眥7時30分静座、8時参禅というスケジュールでした。

 

参禅時には、老師にもマスクを着用していただいた上、拝座の位置をできるだけ老師から遠ざけるとともに、公案の拈呈は、原則として師家に声が届く程度の声にしました。

 

結果的に、勤務先からの指示や家庭内の事情から参加できない会員もいましたが、他支部会員も含めて6名が参加しました。

普段の参禅会より少ない人数ではありますが、みな真剣に参禅弁道することができ、あとから、参禅ができて本当によかったとメールをくださった会員もいらっしゃいました。

 

静座と参禅のみというシンプルな一泊参禅会で、懇親会がないのは少々寂しくもありましたが、他人との接触を極力避け、黙々と役位をこなしつつ、公案の工夫により一層専念することができたように思います。

 

さらに、土曜日午前9時からの静座会に最近参加されている新到者の方に対し、老師に時間をかけて面談していただくこともできました。

老師がおいでになるのが年4回の摂心のみでは、新到者の方に面談いただく機会が少なく、年数回の一泊参禅会の機会は大変貴重であり、そのような機会を持てたことも大きな収穫でした。

 

3月の摂心以後、東京荻窪支部会員が集まる機会はめっきり少なくなり、現在、毎週木曜日の荻窪剣道場は閉鎖となり、善福寺清明庵での毎週土曜日の静座会は、45分間の静座のみを継続しています。

その代わりに、静座会に参加できない会員同士で、毎日の静座時間をライングループで報告することもはじめています。

 

緊急事態宣言が5月末まで延長され、しばらく自粛生活が続くことになります。

一日も早い終息を願いつつ、これまでどおり、地域に根差した坐禅道場として、清明庵の門を開けておきたいと思っています。

  合掌  香水(東京荻窪支部) #参禅報告

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:23 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする