ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 真夏の日差しの中の 緝煕会(女性のための静座会) | TOP | 摂心準備作務日の座禅会 (2020年8月2日) >>
〜梅雨明けの空〜 擇木道場日曜座禅会 8月2日

JUGEMテーマ:

 

〜梅雨明けの空〜 擇木道場日曜座禅会 8月2日

 

 やっと梅雨が明けて青空と暑い日差しを浴びて心は晴れやかである。今日は、久しぶりに大勢のリピータの方が参加された。

コロナ禍で外出を控えて半年ぶりに参加した人、朝の座禅会に参加しようと努力して、今日、初めて日曜朝に参加した人、昨日、道場に宿泊して日曜朝座禅会に参加した関西にお住まい人など、皆さん、それぞれ工夫して参加されていることを嬉しく思いました。

 

会員   3名

リピータ 6名

合計   9名

 

 休憩5分を挟んで40分の座禅を2回、2回目の座禅の途中で10分間の経行、終了後はラジオ体操とスクワットをやった。その後は居士寮で座談会を行い、9:00に解散した。

居士寮では冷たいお茶と菓子で休憩した後、葆光庵老師のブログを紹介した。

「座禅時の足の痛さ」を読んだ。

 老師が大学生のころサッカーをやっていらっしゃったとは知らなかった。太い脚では、さぞかし結跏趺坐は難しく、脚の痛さに苦労されたことと推察します。先輩方も色々と工夫して坐っていたのですね。何か微笑ましく思いました。

 入会当初の私も尻当ての高さや、座布団の折り方を工夫して脚、腰の痛みを克服しようと努めていた。現在も摂心会ご提唱のときは半跏趺坐も辛く、崩れた脚を袴で覆って隠していることも多々あり、先輩方の工夫と一緒であることに安心した。

 腰の痛みを解消する私なりの工夫を紹介したところ、参加者の一人が頷いていた。やはり同じ悩みを抱えていらっしゃるのだなと思った。脚の組み換えは遠慮なくやったら良いと話した。半跏趺坐は身体が偏っているので辛くなったら積極的に組みなおしたほうが良い、というのが私の持論です。座相は大切ですが、やはり数息観三昧になることに注力したほうが良いと思っています。勿論、正しく結跏趺坐をできる人はそれが一番良いです。

9/12(土)禅フロンティアのチラシを配布して紹介した。拝 龍泉 東京支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 11:38 | 東京・日暮里の座禅道場【擇木禅道場】 | comments(0) | - |
コメント
コメントする