ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 摂心会における茶席のコロナ対策 | TOP | 神戸で禅チャットを予定している−瞬時・瞬時を切に生きる >>
雨音と抹茶とおはぎで至福の時間|第144回中央女性部「坐のすすめ」

JUGEMテーマ:

 

 7月17日(金)に市川本部道場北寮茶室にて「第144回女性のための坐のすすめ」を開催致しました。新型コロナの再流行の気配を感じる日々ですが、前回同様に座る間隔を取りました。梅雨の雨もひどく、来られるかなと大変心配をしましたが、5名の方が参加しました。除湿をかけて座りました。。

 

【午前10時〜11時】

 ベテラン揃いでしたので30分で区切らず、一気に座ってみましょうと前置きをして座りました。

 さすがですね、姿勢も崩れず座りきりました。皆さんの熱い思いを感じました。 

【午前11時〜11時50分】

 抹茶を飲む。冷茶の時期ですが、この日も雨でしたので暖かいお湯で抹茶を点てました。平茶碗で抹茶を点てるのは少し苦労されていましたが、点てている途中から慣れて皆さん泡が細かい抹茶を点てていました。東京はお盆の時期でしたので、本日の和菓子は「おはぎ」でした。お盆の話も自然に出て、迎え盆と送り盆での茄子で馬を作って飾ったことなどを聞きました。今ここに来て座れるのも先祖のお陰なのですね、ということでまとまりました。

 その後、資料を一人が読み、みんなで話し合う形式でおこないました。この際も前回同様に丸くなり座りましたが、間隔を空けて座りました。

 読んだ資料は、今話題の三密の記事を取り上げました。(真言宗の「三密」で心穏やかに)でした。この記事は福島で500年続く住職の女性の方で親の死と東日本大震災が契機で寺を継いだ方です。〔三密〕は仏教の言葉です。と読んでいて大変興味が湧きました。その方は最後に震災とコロナ禍で犠牲になった方々に思いをはせつつ、自らはちょっと立ち止まって心を見つめ直す機会ととらえれば新しい世界が開けてきます、とありました。私たちの禅にも通じる良い記事でした。

 次は辻井伸行さんの(10代の君へ 好きなこと 夢につないで)です。好きなことを見つけて気分転換もしながら夢に向かって色々挑戦すると良いですね、とのアドバイスでした。

「天声人語」は、この時期の紫陽花と合歓の木です。合歓の木の葉は街灯に照らされても夜は葉を閉じている逞しさでした。ドクダミで戦時中、膿を取った投書を読みました。

 次に納豆博士の方の地域新聞に載っていた記事です。納豆の効用が7つも有ることに気づきました。いつ食べているかの話題で朝が多かったです。

 おしまいは瀬戸内寂聴さんの(残された日々[九十代刻んで六十回!感謝])でした。

 本日の禅語「銀河落九天」、読み方は「銀河九天より落つ」です。大意は、峰の上より落下する滝の流れをみていると、まるで大空に広がる天の川が、大地にむかって落ちてきたような迫力である。妄想や執着を一掃させる勢いと、その清々しさを滝に託している。

 本日のお花は、風船蔓(ふうせんかずら)と宗旦槿(そうたんむくげ)(別名:底紅・日の丸)です。風船蔓は保育園との境の垣根の根元に植えました。槿は園の前の茶花園にあります。

 

佐藤妙珠(中央支部) #女性部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 12:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする