ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 禅会の目標に一歩近付いたか?−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | 緝煕会(女性のための静座会)報告 (2020年7月11日) >>
〜座禅後の新企画〜 房総支部日曜座禅会報告(令和2年7月12日)

JUGEMテーマ:

 

房総支部日曜座禅会報告(令和2年7月12日)

 前日までの強い南風も収まり、少々蒸し暑い曇天の中、息子に道場まで送ってもらい入山しました。

本日は鐘声居士が急用のため直日交代で担当が私となりました。

聖侍を岡田不説居士に、また、助警を中山孤峯居士にお願いし、山崎一心居士の板木後に座禅が始まりました。

 本日の参加者は13名(すべて男性)でした。名誉会員の大木昌彦居士、会員は、登坂真浄、岸 道舟、岡本修秀、山崎一心、岡田不説、沖野元禮、中山孤峯、東上床鉄心各居士並びに荒木龍山の9名、加えて山本哲也居士(既入門)、K居士、N居士という顔ぶれでした。

扇風機を3台堂内で回し、マスクが少々息苦しく感じる中、畳一枚に1名ずつの間隔を保って45分の座禅となりました。

 先月から始まった座禅の後の新企画、本日第2日曜日は「プラス一炷香」です。15分のお茶休憩の後10時から更に一炷香座りました。参加者は大木昌彦、山崎一心、岸 道舟、沖野元禮各居士と荒木龍山の5名でした。

 座禅終了後、三々五々の下山となりましたが、私は本日帰りの足がないため一心居士にお願いをし四街道の街中まで送っていただきました。

荒木龍山(房総支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:21 | 房総支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする