ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 第75回 禅フロンティア | TOP | 神戸で禅体験セミナーを開催−瞬時・瞬時を切に生きる >>
「気になり過ぎる 弥生語」 第75回 禅フロンティア

JUGEMテーマ:

 

「気になり過ぎる 弥生語」 第75回 禅フロンティア

 

令和2年7月11日(土)、今回のテーマは「神道と禅」―神道でいう神とは何なのか―

講師は、元鹿島神宮禰宜でいらっしゃった萩原継男先生です。

時間が足りなくなる程、とても興味深い内容で、笑いもあり、充実したお時間を頂きました。

私はといえば、本題に入る前の「弥生語」だけでも、気になって、気になり過ぎて・・・

(翠玉:はい、大好物です。)

 

萩原先生によれば、「古事記」や、お祓いのときの「祓詞(はらいことば)」は、「弓前文書(ゆまもんじょ)」といわれる書物を原典としており、例えば古事記の十七柱の神々の名前は、弓前文書に書かれている「弥生語(弥生古語、古代弥生語)」によって明確に解釈することができるそうです。

その弥生語(古代語)は、

・一音一義。(一音に一つの意味がある。)

・子音は意味を表し、母音はその子音の意味の状態を表す。 

・もともと日本の母音には「e」が無く、  「a」感嘆・最大級、「o」大きい・進行形、

「u」動く・現在形、「i」始まり・完了形、「ai」変換・二重母音 だった。

・子音は写真のとおり。(サ行の何も無いは、虚無ではありません。)

例えば、空(そら)は、

そ:子音はサ行で母音はoだから「何も無い、大きい」

ら:子音はラ行で母音はaだから「躍動、最大級」   宇宙ですね・・

 

例えば、さわやかな は、母音が全て「a」感嘆・最大級ですね!

さ:何も無い

わ:横の世界

や:縦の世界

か:変化して

な:秩序がなる

 

(翠玉:萩原先生、とっても楽しいです!)

 

一般でご参加くださった女性が、休憩時間に「先生、私の名前にはどのような意味がありますか?」と御質問されていました。

(翠玉:知りたいですよね、、お気持ち よぉく 分かりますぅ)

 

続きは、萩原先生のご著書「古事記、祓い言葉の謎を解く」を拝読したいと思います。

 

日常で、少しでも「さ・わ・や・か・な」森羅万象に気付けるようになりたい、共に在りたいと願い、今後の禅フロンティアも、楽しみにしています!

 

(^人^)  翠玉 拝 (横浜支部)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:46 | 横浜支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする