ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 横浜支部 第23回摂心会 報告 | TOP | 第75回 禅フロンティア >>
知多禅会摂心会 完結編

JUGEMテーマ:

 

【参禅と座禅】

こんにちは。知多禅会河口玉風です。

 

さて、ハクビシンの糞騒動も落ち着き、無事禅堂で座れるようになりメデタシメデタシとなりました。

しかしながら、何があろうとも、雨が降ろうが槍が降ろうが糞が降ろうが「座る」ということに変わりはなく。

どんな状況、環境でもぶれないものなのだというのをあらためて感じました。

講演会は夜。

葆光庵老師の著書《AI時代と禅》第1章からお話をいただき、皆さんからの質問、ディスカッションと続きました。

興味深い話がしっかり聴けて大変面白かったです。

少人数なのも良かったのか、いや、大勢の方に聴いて欲しかった、と思う深い内容でした。↓

コロナ規制があっていつもの通りにはいかない今回の摂心会。

マスク着用、裸足禁止。

拝座の置き方、礼拝の仕方、茶礼、食事のやり方、の変更。

いろいろな規制がありました。

正直、面倒くさい事、省かれてラッキー!って事、色々とありましたが、糞騒動然り、結局【参禅と座禅】は不変、不動、脈々と受け継がれてきたすごいものなんだな、と思い知りました。

そしてその脈々のほんのちょっぴりでも身を置かせていただき、修行させていただき、これまたありがたい限りです。

 

さて、知多の食事は干物祭り。

みんな痛風になって帰ってください(笑)とばかりに鯵や鰯の干物の舞い踊り〜

そして、今回は会場裏の竹林で「淡竹(はちく)」を採っていただきました!

竹の子(淡竹)ご飯やら、煮物。チャーハンにも竹の子(淡竹)満載!これもまた美味!

写真はある日の干物。

↓彼の名はカマス。釣られて焼かれて

↓食べられ、骨となりにけり。

懇親会も地味に、と予定しておりましたが、頂き物やらで賑わい、なんだか豪華に(笑)

差し入れの渡蟹、ローストビーフ、青柳の干物もあり、蛸の干物と淡竹、シラスなどなど。

コロナも明けたような明けてないような微妙な状況の中、些か寂しい摂心会になりましたが、知多半島の先っぽまで皆さん足を運んでくださいました。

地元の皆さんにも足を運んでもらえるように日頃の活動をあらためて見直したい、と岩壁に誓う(笑)知多メンバーです。

(↓トイレの廊下は渡り廊下でほぼ外。岩壁が壁です)

次回は9月23〜27日

【参禅と座禅】、そして【干物】に興味ある方は是非! 合掌 

 河口玉風 知多禅会 #参禅報告

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 18:20 | 知多禅会 | comments(0) | - |
コメント
コメントする