ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 第1回八王子禅会 参禅会のお知らせ | TOP | 船橋静座会再開。電車の音を聞きながら・・・ >>
房総禅道場 令和2年度第1回参禅会 朝のお茶席

JUGEMテーマ:

 

房総禅道場 令和2年度第1回参禅会 朝のお茶席

 

令和2年6月13日(土)〜14日(日)にかけて開催されました参禅会の折のお茶席の様子についてご報告いたします。

 

このお茶席は、葆光庵老師から「できるだけ皆さんに入ってもらって下さい」とのご指示で、全員がマスクを着用して入室されました。神社仏閣での厳粛な献茶式を彷彿させるものでありました。

 

 

 軸:「福寿康寧」(幸福で長生きし、健康で心やすらかなこと)

   席主の宮近先生が中国で求められた禅僧の墨蹟

  葆光庵老師をお迎えするに相応しいものをということでお持ちくださいました。

 

花:矢筈芒、菖蒲、松明草

  道場にもニッコウキスゲ、アジサイ、ホタルブクロなど何種類かの花が咲いておりましたが、「露地の花は茶室に持ち込まない」とのいわれに従い、宮近先生がご自宅の庭からお持ちくださいました。

 

花入:煤竹の鶴首花入

 

香合:「亀甲形 唐草青海波絵」(東大寺別当 狭川普文 大僧正作)

   東大寺の古材で作られたもので、裏千家献茶式で宮近先生が拝領されたもの

 

菓子:赤穂名産の「塩味饅頭」

デパートの諸国銘菓店で買い求めたものです。岡山ご出身の老師がかって愛食されたものと伺って大変嬉しく思いました。

 

今回のお茶席も、準備の清掃から最後の片づけまで名誉会員の裏千家准教授宮近宗世先生のご指導をいただきました。有難うございました。

 

沖野元禮(房総支部) #茶道部 #参禅報告 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 06:00 | 房総支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする