ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 思い出の写真−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | ☆☆2020年6月7日 日曜静座会 in 本部道場☆☆ >>
第141回中央女性部「坐のすすめ」だより

JUGEMテーマ:

 

 2020年6月5日(金)に市川の本部道場北寮茶室にて「第141回女性のための坐のすすめ」を開催しました。新型コロナの自粛解除後開けなのでどのくらいの方々が集まってくださるか心配をしましたが、7名の皆さんが参加しました。

 

【午前10時〜11時】20分間座り、5分休憩後、30分間座りました。

 今回は三密にならないよう座る間隔を半畳ほど空け、換気にも注意を払い、天気も良かったので網戸にしました。

【午前11時〜1150分】

 抹茶を飲む。各自が茶筅を持ち自分で点てた後、笹団子と一緒に頂きました。

 

 その後、配付資料を一人が読み、みんなで感想を話し合う形式でおこないました。この際も車座になって間隔を空けて座りました。

 読んだ資料は、本日の床の間の禅語「清風動脩竹」(せいふう しゅうちくをうごかす)。長いので途中交代で読みました。

 次に新聞から〔江戸の知恵「内済」で折り合いを〕を読み、感想を話し合いました。

 続いて天声人語から〔大人も初めてのピンチにどうすればよいかわからず、なやんでいます。みなさんは歴史の当事者です〕を次の方が読みました。

 次いで86歳の主婦の投書から〔手のひらサイズのお絵描き教室〕です。スマホでオンラインの水彩画教室をコロナの自粛期間に習ったもので、皆さんも刺激を受けて近所の高齢者の頑張る話をしました。

 次に山口県の女子高校生の投書から〔わたし流「出張デイサービス」〕です。コロナの影響で休校期間中に一人暮らしの隣のおばちゃんの話し相手をしたことです。近所にこのような方がいますと皆さんで助け合うことがわかり拍手していました。

 おしまいに天声人語から〔図書館のありがたさ〕を書いた記事を読みました。必ず参加者全員が読む機会を取ってます。

 その後は皆さんと片付けをして散会しました。

 次回は第3金曜日(6月19日)に同じような形式でおこないます。

 記録ノートには本日の禅語、花、和菓子と読み合う資料を貼っておきました。以上です。

 

佐藤妙珠(中央支部) #女性部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 08:00 | 千葉・市川松戸 座禅道場 | comments(0) | - |
コメント
コメントする