ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行報告
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://r.goope.jp/ningenzen1948/
<< 東京支部(擇木道場)月曜夕方座禅会 | TOP | 東京支部(擇木道場)木曜夕方座禅会 >>
坐10-5 座禅なのに歩け歩け!

JUGEMテーマ:

 

1月13日(月・祝)に「月に一度のザ・テン トウ ファイブ(坐10-5)」を開催しました。

朝の10:00から夕方の5:00まで、お昼休みを1時間はさんで座禅をするという、月に一度の座禅会です。

 

この座禅会は、その月によって直日(主催者というかその座禅会の責任者)が違います。

私は1月13日に2度目の直日をさせていただきました。

直日によって座禅や休憩などの時間が違うというのも「坐10-5」の特徴かもしれません。

 

ところで、たとえ5分10分の休憩を入れていても、長い時間座禅をしていると足が痛くなってくるものです。

そのような時、経行(きんひん)をすると足の痛みや疲れも少し和らぎます。

経行とは禅堂を皆で一列になって歩くものですが、私はその経行が苦手だったりします。

 

座禅は数息観によって呼吸以外を考えない修行ですが、経行だって同じようなもの。

でも、経行をしていると

「畳の縁を踏んでしまいそう〜! 後ろからおいかけられてるんじゃない?? 前の人に追いついちゃったらどうしよう、、、 前の人とめっちゃ距離が空いちゃった、やばいよ〜!」

などなど雑念が浮かびまくります。

たぶんそんな考えなど取っ払ってしまって「念々正念 歩々如是」と一歩一歩踏みしめていけば良いだけのことなのですが、それが出来ない自分を嫌というほど思い知らされる場面なわけです。

 

 

今回、直日という特権を使って、経行での歩き方を変更してみました。

もちろん、今回のみ。

経行での歩き方は宗派やお寺さんによっても随分違うようで、擇木道場では「一歩一歩足の裏を意識しながら歩く」というように教わりました。

歩幅は特に決まっていないので、歩幅が広い人がいれば、半歩ずつ歩くような人もいます。

いろいろな歩き方がある中で、私は座禅会の常連さんに教えてもらった歩き方に興味を持ちました。

それは「踏み出した足のかかとを軸足のつま先当たりに来るように一歩足を出し、後ろの足を前の足に揃える」というもの。

こうすれば、全員のリズムが少しは揃いますし、前後の人との距離もそこまで開き過ぎたり窮屈になったりしないのでは?と考えたからです。

実際、経行をしてみると、思った以上に落ち着いて歩くことができました。

この歩き方なら不安に思うことが少なく経行ができそうです。

とは言うものの、それは私だけの感覚なのかもしれませんけどね。

 

座禅としての歩きを体験できる「坐10-5」

2月の「坐10-5」は24日(月・祝日)に開催します。

人間禅 東京支部のページをご覧ください

  合掌 翡翠

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 09:25 | 修行報告ブログ | comments(0) | - |
コメント
コメントする