ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
<< 房総支部令和2年度第一回参禅会の案内(訂正版) | TOP | あと15年ー瞬時・瞬時を切に生きる >>
修行だより(東京支部2020年5月17日・日曜座禅会)

JUGEMテーマ:

 

修行だより

 

5月17日 日曜座禅会

参加者 会員 2名、一般 2名

7:00-7:40 坐禅 1、7:40-7:45 休憩、7:45-8:00 坐禅 2、8:00-8:10 経行、

8:10-8:20 坐禅 3、8:20-8:30 ラジオ体操・スクワット

終了後は居士寮にて、抹茶で座談 8:50解散

 

緊急事態宣言の外出自粛が叫ばれる中、運動不足解消のために朝の座禅会ではラジオ体操とスクワットをやっている。

読経の代わりにやるようになった。

 

我々会員は数息観評点を付けている。

一息、一息を丁寧にフォローすることを心がけるようになってから数息観が深まったことを感じる。

自己採点のため甘くなったり、辛くなったりするが、次第に妥当と思える点数を付けられるようになる。

評点付けは励みになっていて良い方法だ。

とてもありがたい。

 

今日は天気も良く、清々しい気持ちで下山した。

下山の道すがら近所の木々の珍しい姿に目が留まり、いくつか写真を撮った。

 

道場の隣家の柿が小さい花を付けていた。

葉っぱの陰に隠れているので気づきにくいが、柿の実を想像できる形状だ。

花弁が柿の実のヘタになるのだろう。

 

道場の隣家の柿

 

道場の隣家の柿の花

 

天王寺正門前と左手塀の内側から外にはみ出した紅葉が実を付けている。

残念ながら、少し前に咲いたと思える花を見落としてしまった。

羽の根本の膨らんだ部分が種子だ。

熟すと羽の働きによってヒラヒラと舞うように下に落ちる。

 

天王寺の紅葉

 

天王寺の紅葉のアップ

 

天王寺の紅葉の種子

 

右側は天王寺正面のモミジ、左側は塀からはみ出しているモミジの種子で、大きさが異なる。

 

天王寺左正門右手のハゼの木に花が咲いていた。

秋になるとハゼの葉は真紅に色変わりする。

モミジよりも鮮やかだ。

黄色から赤色にいたるまでの変化、混成した状態が美しい。

 

天王寺のハゼの木

 

天王寺のハゼの花

  龍泉 (東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:07 | 東京支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする