ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
「非常事態宣言」明けの座禅会

JUGEMテーマ:

 

5/31 日曜朝座禅会

参加者 会員 3名、一般 2名、合計5名

7:00-7:40 坐禅、7:40-45 休憩、7:45-8:00 坐禅、8:00-8:10 経行、8:10-8:20 坐禅、8:20-8:30ラジオ体操、スクワット、終了後は居士寮で抹茶と和菓子で懇談。

 

「非常事態宣言」が明けて初めての日曜座禅会。一般参加者は2名というスタートだった。外出自粛期間中の日曜座禅会の一般参加者はほとんど0名だったが、5月は継続して1名の一般参加があった。元の状態に戻るには時間がかかりそうだ。

懇談会では「数息観評点」に関する資料を配布して説明した。本日の参加者から「外出自粛中は近所の散歩以外の外出を控えていた。自宅ではあまり坐禅をできなかった。久しぶりに道場で坐り、ここの雰囲気がとても良いことを改めて感じた」と言っていた。

「数息観評点」は坐禅を振り返って質の向上につながるので励みになる。目標を70点にして進めるよう、また、70点はとても難しいことを話した。

 

同日 夕方座禅会

参加者 会員 1名、初めての参加 1名

PM5:00-5:30 説明 PM5:30-5:55 坐禅、PM5:55-6:00、PM6:00-6:30 坐禅

終了後、居士寮にて抹茶で懇談 7:00解散

 

昨年末ごろ、友人と茶道の見学に擇木道場に来たことがあるそうです。今回は坐禅を目的に参加した。道場の沿革、「立教の主旨」、『坐禅の効用』などを私の経験を含めて話した。弓道をやっているとのこと。南千住在住、道場に近いので、再来されることを期待している。

 

龍泉 東京支部

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:34 | 東京支部 | comments(0) | - |
修行だより(東京支部2020年5月17日・日曜座禅会)

JUGEMテーマ:

 

修行だより

 

5月17日 日曜座禅会

参加者 会員 2名、一般 2名

7:00-7:40 坐禅 1、7:40-7:45 休憩、7:45-8:00 坐禅 2、8:00-8:10 経行、

8:10-8:20 坐禅 3、8:20-8:30 ラジオ体操・スクワット

終了後は居士寮にて、抹茶で座談 8:50解散

 

緊急事態宣言の外出自粛が叫ばれる中、運動不足解消のために朝の座禅会ではラジオ体操とスクワットをやっている。

読経の代わりにやるようになった。

 

我々会員は数息観評点を付けている。

一息、一息を丁寧にフォローすることを心がけるようになってから数息観が深まったことを感じる。

自己採点のため甘くなったり、辛くなったりするが、次第に妥当と思える点数を付けられるようになる。

評点付けは励みになっていて良い方法だ。

とてもありがたい。

 

今日は天気も良く、清々しい気持ちで下山した。

下山の道すがら近所の木々の珍しい姿に目が留まり、いくつか写真を撮った。

 

道場の隣家の柿が小さい花を付けていた。

葉っぱの陰に隠れているので気づきにくいが、柿の実を想像できる形状だ。

花弁が柿の実のヘタになるのだろう。

 

道場の隣家の柿

 

道場の隣家の柿の花

 

天王寺正門前と左手塀の内側から外にはみ出した紅葉が実を付けている。

残念ながら、少し前に咲いたと思える花を見落としてしまった。

羽の根本の膨らんだ部分が種子だ。

熟すと羽の働きによってヒラヒラと舞うように下に落ちる。

 

天王寺の紅葉

 

天王寺の紅葉のアップ

 

天王寺の紅葉の種子

 

右側は天王寺正面のモミジ、左側は塀からはみ出しているモミジの種子で、大きさが異なる。

 

天王寺左正門右手のハゼの木に花が咲いていた。

秋になるとハゼの葉は真紅に色変わりする。

モミジよりも鮮やかだ。

黄色から赤色にいたるまでの変化、混成した状態が美しい。

 

天王寺のハゼの木

 

天王寺のハゼの花

  龍泉 (東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:07 | 東京支部 | comments(0) | - |
季節を感じる木々の香り

JUGEMテーマ:

 

擇木道場で早朝座禅会を始めてから5年になる。

在職中は自宅で坐ってから出勤していたが、日暮里は交通中継駅なので、道場で坐ろうと決めて早朝座禅会を立ち上げた。

広い禅堂で坐るのは気分が良く、集中できる。

幸い自宅が近いので、その恩恵にあずからせてもらっている。

最初は私一人だけだったが東京支部のメンバが5名加わるようになった。

一般の方も参加することがある。

外出自粛の現在、一緒に座っているのは近所にお住いの支部員だけです。

窓を開放し、マスク着用で坐っている。

 

今日は、坐る前に真向法、6:00-7:00坐禅、その後はラジオ体操とスクワット40回やった。

明日から仕事があるが、今後も同じメニューで進めていく。

 

天王寺のくぬぎ

 

帰宅の折、紅葉坂に至って独特の匂いに気づいた。

毎年この時期に薫るクヌギの花だ。

花が終わると、糸状の枯れ花が地面にたくさん落ちる。

その掃除はやっかいだ。

箒に絡まるため収集しにくい。

秋になるとどんぐりがたくさん落ちることになる。

嘗て、新宿御苑で催した俳句会で作った俳句を思い出した。

むせかえる くぬぎの香り 杜の息   

  龍泉(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:04 | 東京支部 | comments(0) | - |
PDFファイルをエクセルファイルに変換する方法

JUGEMテーマ:

(この記事では大きなサイズで画像を見ていただくため、画像サイズを通常の倍にしてあります)

 

ステイホーム週間とか、Social distance(ソーシャル ディスタンス)とかPhysical distance(フィジカルディスタンス)。。。

英語ぜんぜんわかんないんですけど!

誰か日本語に変換して!!

と思ってしまう今日この頃。

グーグル先生にお伺いしますと「お家時間」「社会的距離」「物理的距離」だそうで。

皆さん、物理的距離とっていますか?

 

さて、英語を日本語に変換するのはグーグル先生に頼むとして。

変換したいものといえばファイルですよね(こじつけではありませんよ、こじつけでは‥‥)

 

摂心会・参禅会案内個人情報のない摂心会・参禅会報告は、正楽和メールではなくこちらの「座禅修行だより」に投稿していただくとありがたいです。

会員だけでなく、世界中の座禅に興味がある方に見ていただくことができます。

 

ただ、その時に残念なのがこのブログはエクセルファイルを添付できないということ。

PDFファイルなら添付できるんですけど。

PDFだと書き込むことができないため、摂心会の参加表に自分の道号や参加日に〇を記入することができません。

なので、行きたい摂心会があっても参加表をメール添付できないという事態になってしまいます。

PDFをエクセルファイルに変換できれば参加日などを記入することができるので、参加したい側も参加表を受け取る側も助かります。

 

前置きが長くなりましたが、PDF → Excel 変換方法です。

あ、パソコン(Windows)での方法です。

 

まず「座禅修行だより」から行きたい摂心会・参禅会案内のページを開きます。

そして、PDFファイルのリンクを見つけます。

たいていは「日程表」や「参加表」の文字をクリックするとPDFファイルがネット上に開かれると思います。

 

PDFファイルが開けたら、画面右上にあるダウンロードのアイコンをクリックします。

 

拡大すると ↓

 

 

すると保存先やファイル名を指定するウインドウが開くので、「保存先指定」「ファイル名書き換え」をします。

保存先は自分がわかりやすい場所がよいと思います。

「ダウンロード」というフォルダに保存されるようになっている場合が多いかもしれませんから、そのままでよければ「ファイル名」だけ書き換えましょう。

「房総支部令和2年度第1回参禅会参加票」とか「房総R2-1参禅参加表」とか。

ダウンロードする直前にファイル名にしたい文字をコピーしておくと後で貼り付けやすいですよ。

 

ちょい拡大 ↓

 

 

オンラインで 簡単に PDFを Excel に変換 できるウェブサービス「smallpdf」にアクセスします(下記)

https://smallpdf.com/jp/pdf-to-excel

 

画面左下に先ほどダウンロードしたファイルがあるので、それをクリックしたまま画面中央の緑色の部分までカーソルを移動させ、緑色の上でマウスから指を離します(ドラッグ&ドロップという動作です)

 

もしも、画面左下にダウンロードしたファイルが見当たらない場合、ダウンロードに失敗したのでない限りはエクスプローラから探すこともできます。

この場合、画面中央の「ファイルを選択」をクリックし、保存したフォルダ内からダウンロードしたファイルを見つけ出して選択、「開く」をクリックします。

 

「アップロード中」というのを待った後、「エクセルに変換」を選び、その下の「オプションを選択→」をクリックします。

 

「ダウンロード」をクリックします。

 

ダウンロードするフォルダを指定し、保存をクリックします。

この時に保存するファイルの名前は変換したファイル名 + 「-変換済み.xlsx」となっているはずです。

拡大すると↓

 

保存すると画面左下に表示されるので、クリックしてみましょう。

 

エクセルが立ち上がるので、「編集を有効にする」をクリックします。

これをクリックしないと眺めることしかできません。

 

ところで、無料ということもあり多少というか多々失敗します。

「表の枠しかないんだけど!」ということでなければ、下のシートを確認して各シートから表をコピペしてもよいかもしれません。

または違う変換ソフトを使ってみるのもよいでしょう。

 

ネットで「PDF エクセル 変換 無料」または「PDF エクセル 変換 無料 オンライン」などと検索するといくつもあります。

ILOVEPDF

上記のソフトでは失敗しましたが、

HiPDF

このソフトだと成功しました。

もしかしたら、ソフトによって変換するファイルの得意不得意があるのかもしれませんね。

または、その時によって成功したり失敗したりするのでしょうか?

 

無料でオンライン上での作業なので、インターネットにつながっていれば変換できます。

ただし、セキュリティについては、「個人情報保護のために、アップロードされたファイルは1時間後に弊社サーバーか自動的に消去されます。詳細はプライバシーポリシーをご覧下さい。」〔原文ママ〕という言葉を信じるしかありません。

 

以上、PDF → Excel 変換方法でした。

最後までめげずに読んでくださり、ありがとうございました。

お疲れさまでした!!

 

摂心会の案内や報告を投稿いただけると嬉しいです。

原稿を翡翠までメールくださればアップいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  合掌 翡翠(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:17 | 東京支部 | comments(0) | - |
低気圧通過後の抜けるような青空と新緑

JUGEMテーマ:

 

4月19日 擇木道場 日曜座禅会

 

参加者 会員 3名、一般 0名、合計3名

7:00〜8:20 禅堂で座禅

40分坐禅、5分休憩、25分坐禅、経行10分を行った。

8:20〜9:00 典座寮で抹茶を飲んで座談

 

昨日の風、雨は酷かった。

低気圧が通過した今朝、空は一点の雲も無い青空だ。

日曜座禅会に出席するため、朝5:30に家を出た。

田端駅への坂道に植えられた街路樹ハナミズキがピンク、白色の花を付けていた。

反対側にある飛鳥タワー公園にはツツジが咲き始めている。

とても気持ちの良い朝だ。

 

 

 

 

 

 

 

日曜座禅会の参加は会員3名、先週、先々週と二週間連続で来られた方は、今日は来なかった。

少し残念。

来週の日曜に期待する。

窓は全て開け放ち、全員マスク着用で坐った。

少ない人数で助警も回さなかったので、とても良く集中できた。

終わった後は典座で抹茶をただき、色々と情報交換をした。

 

今日はZOOMというアプリを使って、人間禅の新ホームページに関して、10:00-11:30にわたって会議を開いた。

私は初めての経験だったが、なかなか良かった。

最近のテレビでも、スタジオに関係者を集めずに在宅で参加する番組が増えている。

ウィルス感染を予防するためだ。

これからはこのようなアプリが流行るのだと思う。

北海道、九州などの遠方の方に東京まで脚を運んでもらわなくても良いので、交通費などの経費削減ができる。

視野が狭いのが難点ですが、焦点を絞った会議では問題ないと思った。

 

今朝の空や新緑の木々が美しかったので、いくつか写真を撮ったので掲載します。

自宅➡田端➡道場➡田端➡自宅の道すがら撮影した。

  龍泉 東京支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:19 | 東京支部 | comments(0) | - |
新型コロナウィルスの騒動のなかで咲くモッコウバラ

JUGEMテーマ:

 

4月12日 擇木道場 日曜座禅会

参加者 会員 2名、一般 1名、合計3名


7:00〜8:20 禅堂で座禅
8:20〜9:00 居士寮で抹茶を飲んで座談
40分坐禅、5分休憩、25分坐禅、経行10分を行った。

 

本日参加した一般の方は、先週の日曜に初めて参加した方でした。
上座仏教、瞑想、坐禅などいろいろ体験していて知識も豊富です。
先週の日曜日に居士寮に掲示してある「立教の主旨」の第三「人間味の豊かな人々の家庭である」を見て、仏教界で忘れてしまったサンガの概念がここにちゃんとありますね、と言って感動していた。
初めて来て「立教の主旨」に感動した方に会ったことが無いので驚きました。
先日、購入された『人間形成と禅』、『数息観のすすめ』にはすでに目を通されたようです。

 

下山する時、天王寺前の銀杏の若い芽の明るい緑が目を引きました。
また、自宅近所にある内科クリニックのモッコウバラの優しい黄色が美しかった。

 

 

 

 

新型コロナウィルス拡散防止のために何となく沈みがちの今日この頃ですが何となく、心が晴れました。
このような時でも自然は新しい命を吹きかえしていることに感動しました。
私はモッコウバラのあの色が好きです。
慎ましい黄色、何色というのでしょうか。
駒込の古河庭園はバラ園が有名です。
今頃はモッコウバラが咲き誇っていると思います。

 龍泉(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 18:03 | 東京支部 | comments(0) | - |
坐TEN to FIVE は予定通り開催します(於 擇木道場)

JUGEMテーマ:

 

コロナウイルスの感染状況が気になるところではありますが、換気等充分に注意しながら座りたいと思います。

今回の直日は、支部長の林翠松禅子です。

日課表、注意事項等まとめて下さいました。

また一段と気合の入った、充実した坐の一日になりそうです。

ご自宅での一炷香をより深いものとするにも、良い機会となります。

是非ご参加ください。

また、次年度5月からの坐10−5の日程表を最後に記しました。

ご覧ください。

妙玲 拝 (東京支部)

 

 

第15回 坐Ten to Five

令和2年4月1日(水) 於擇木道場

 

直日担当:林 翠松

 

日課表

10:00〜11:40 坐禅(45分)・経行・坐禅(45分)・休憩(5分)

 

11:40〜11:55 読経(15分)

 

12:00〜14:00 昼食・午睡(2時間)

 

14:10〜16:00 坐禅(45分)・経行・坐禅(45分)・休憩(15分)

 

16:00〜17:00 坐禅(1時間)

 

終了後の茶話会は新型コロナウィルス感染予防のために中止する場合があります。

(19:00〜20:00水曜夜座禅会:通常通り行います。)

 

注意事項

.泪好着用。

⊆蠕い後の手拭きは各自のハンカチで。

4控い謀悗瓩

じ澆い烹m 以上の距離確保。

    

 

 

2020年度 坐10−5の予定

(急遽変更の場合もありますので、ホームページでの確認をお願い致します。)

5月13日(水)

6月17日(水)

7月 1日(水)

8月10日()祭日

9月16日(水)

10月4日(

11月11日(水)

12月9日(水)

1月11日()祭日

2月23日()祭日

3月24日(水)

4月 7日(水)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 00:27 | 東京支部 | comments(0) | - |
座禅の後に見る桜は格別

JUGEMテーマ:

 

桜が咲き始めました、急激に。

擇木道場での女性部座禅会は土曜9時半から10時半です。

新型コロナウイルスのこともあり、換気は充分にしたいと考えたため、禅堂の窓を開け放って座禅をしました。

少し肌寒いような、それでいて春独特の柔らかさが感じられる風が禅堂に入ってきます

ほぼ貸し切り!という贅沢な状態。

 

 

いつもなら25分ほど座禅をしたら5分休憩を入れるのですが、今日は会員だけということで休憩を入れずに座禅をしました。

人間禅での一烓香(座禅の1クール)は45分です。

60分だと若干長めではありますが、できないことはありません。

私は休憩で集中が途切れるより、長い時間座る方が好きだったりします。

座り慣れていない方がいる時はさすがにできないですが。

 

集中的に座りたい!と思っている方には「坐 10-5」がおすすめ。

 

この時期は、歩いていると桜だけでなく、あちらこちらに花が咲いていてついつい歩調がゆっくりになりがちです。

座禅をした後の谷中散歩が心地よい季節になりました。

  合掌 翡翠(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:17 | 東京支部 | comments(0) | - |
身についたのはしぶとさ!

JUGEMテーマ:

 

自身の定力の弱さに思い至って、量的にもしっかり座る必要を感じ、この際皆さんにもお声を掛けて一緒に座る機会を作ろうと始めた「坐10−5」も、早1年が過ぎました。

そこで、感じたことを少し書いてみたいと思います。

 

先ず、1日の坐の時間の組み立てですが、毎回工夫しながら試してきた結果、1年目にして丁度良い形が出てきたようです。(固定ではなく、回ごとの直日にお任せしますが。)

今回は以下の通りでした。

 

10時〜12時・・読経(開教の偈・般若心教)経行をはさみ坐50分2回

12時〜 1時・・昼食休憩

1時 〜 3時・・経行をはさみ坐50分2回 休憩10分

3時 〜 5時・・経行をはさみ坐50分2回 読経(観音経の偈・四弘誓願文)

5時 〜 6時・・坐終了後、茶話会自由参加

この間 体調、都合に合わせ途中入退場自由。各々座に専念することを旨とする。

 

さて、こうして長時間座ることを定期的に続ける中で何が自分の中で変化してきたかというと、坐に対するしぶとさです!

そんな事かと思われそうですが、これが案外大事だなと思うこの頃です。

 

先ずは、調身の工夫で力みが取れてきたこと。

きっと何年か続けてきたことによって座禅にふさわしい筋力が付いて来たからかもしれませんが、ずっと違和感のあった鎖骨周辺の詰まった感じを無くすことができました。

意識的にみぞおちの力を抜き、肩の力が抜けていく感覚を覚えさせて、腕の重みでなで肩になって行くような感じを掴みます。

肋間筋の柔軟な膨らみと縮みが背筋に及び、「背筋( はいきん ) の喜び!」と勝手に呼んでいるのですが、背筋と胸郭から下腹部まで胴体全体が一本の太い幹になったような、どっしりと安定した感覚が得られます。

そうすると調息の段階で、自ずと呼吸も静かに滑らかに深く、楽にできるようになりました。

その結果調心も、心を一か所に留めて置くことが容易になりました。

それまでは、集中するには鼻先が良いのか、指先か、法界定印の上か、臍下丹田は一体どこ?等々いつの間にか身体中に意識を巡らせてみたりと、心が定まらずウロウロして全く集中どころの騒ぎではない事が多かったのです。

 

このような工夫は、日々の一炷香の中でもできるものですが、私の場合時間の制約があったり、集中力が切れて、もういいかと途中で止めてしまったりと、納得するまで工夫しきれないものでもありました。

それが、この六炷香を続ける中で忍耐力が付くというか、逃げられない結果というか?眠さや雑念に襲われながらも工夫を続けて行く内に、明らかに呼吸の質の変化を自覚するようになりました。

そして現在も日々発見があり楽しみながら工夫を続けています。

 

今回の六炷香も眠さや雑念に襲われましたが、午後の少し日も傾き出した頃には、グングン集中が深くなり、いつか黄昏の中で只、息だけの世界が出現しました。

あと何時間でも座って居たい気持ちだったのですが、残念ながら時間切れ!

充足感に満たされ、有難さに包まれた一日になりました。

 

三月は、コロナウイルスの関係で止むを得ず中止となりましたが、4月1日は是非開催したいと思って居ます。

一日も早い終息を祈ります。

 

皆様、しぶとく坐の工夫を重ねる良い機会となります。

是非ご参加ください。

また、一炷香でも構いません。

ご都合に合わせおいでください。

お待ちしております。

妙玲 拝(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:05 | 東京支部 | comments(0) | - |
掬水月在手

JUGEMテーマ:

 

今日のお茶席のお軸

 

 

掬水月在手

 

水を掬(きく)すれば月手に在り

 

水を掬すれば、掬する我と掬される水とが不二になり、さらにいえば我がすっかり水になりきって月光をいっぱいにうつす。

芳賀幸四郎『新版一行物』より

 

禅語は難しい。

訳が分からない。

 

分からなくたって良い。

分かろうと思わなくて良い。

 

分からない自分も許す。

分からない自分だから良い。

 

それが禅だと思う。

 

風印 拝

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 12:46 | 東京支部 | comments(0) | - |
東京支部第153回摂心会のご案内

JUGEMテーマ:

 

下記により東京支部第153回摂心会を厳修いたしますので、ご案内いたします。
 

 

• 日時:令和2年2月15日(土) 午後7時 結制茶礼
 2月22日(土) 午後4時頃 円了茶礼

• 15日(土)は午後6時半頃までにおいでください。

• 16日(日)は午後2時半から講演会があります。(受付 午後2時)
 No.153 摂心会講演会 詳細 ご予約はこちらから

• 法定の形の稽古が2回あります。17日(月)と20日(木)の午後の予定です。

• 19日(水)は放参日です。参禅、作務はありません。
 午前10時〜午後9時 昼食・午睡・夕食以外は座禅です。

• 22日(土)は円了茶礼の後、円了懇親会があります。

 円了懇親会は午後5時から7時の予定です。

• 場所: 擇木道場


• 担当師家: 葆光庵丸川春潭老師


• 参加費:一般 1,000円(会員 3,000円)、 宿泊費500円/週、 シーツ代300円/週、 食費 300円/食、 懇親会 1,000円


• 持ち物: 洗面道具、着替え、汚れてもよい服(作務をやるため)

• 通常日課(月、火、木、金)
5:00 起床、清掃、洗面 
5:30 座禅 
6:30 参禅 
7:15 茶席・朝食 
8:30 作務 
10:30 座禅  
11:30 参禅 
12:15 昼食 
14:30 作務
15:45 法定の形稽古 又は 作務続行
16:30 又は 17:15 座禅
18:00 夕食
19:00 講本下読み
19:30 提唱
(21:00) 講後参禅
22:00 開枕 以上

 

結制日2/15(土) 2/16(日) 講演会 通常日課2/17,18,20,21 放参日2/19(水) 円了日 2/22(土)
仏教講座復習 午後 2:00 起床 午前 5:00 起床 午前

5:00

起床 午前 6:00 起床 午前 5:00
仏教講座 2:30 通常日課 静 坐 5:30 静 坐 6:30 静 坐 5:30
坐禅体験 4:30 昼 食 午後 0:00 参 禅 6:30 内 参 7:30 参 禅 6:30
仏教講座終了 5:00 休 憩 ラジオ体操・茶席 ラジオ体操・茶席 ラジオ体操・茶席
夕 食 6:00 受 付 2:00 朝 食 7:15 朝 食 8:30 朝 食 7:15
結制茶礼 7:00 講 演 会 2:30 作 務 8:30 作 務 9:00 作 務 8:30
役位相見・静坐 静坐及び面談 4:00 作務止め 10:00 作務止め 10:00 静 坐 10:30
参 禅 9:00 終了 5:00 静 坐 10:30 静 坐 10:30 参 禅 11:30
真 向 法 静 坐 5:15 参 禅 11:30 昼 食 午後 0:00 昼 食 午後 0:00
開 枕 10:00 通常日課 昼 食 午後 0:00 静 坐 2:30 作 務 1:00
役位打ち合わせ 開 枕 10:00 作 務 2:30 静 坐止 め 5:30 作務止め 2:00
(法定の形) 3:45 夕 食 6:00 静 坐 2:30
作務止め 4:30 静 坐 7:00 参 禅 3:30
静 坐 5:00 静 坐止 め 9:00 円了茶礼・全体写真
(法定ある時) 5:15 随 坐 役位相見
夕 食 6:00 開 枕 10:00 懇親会 5:00
講本下読み 7:00 放参日の食事はおにぎりのみ 解散 8:00
提 唱 7:30
講後参禅
真 向 法
開 枕 10:00
提唱・法話日課
2/16 (日) 提唱 『塗毒鼓』第34則
2/17 (月) 法話 「お茶と禅」 林 翠松禅子
2/18(火) 提唱 『塗毒鼓』第35則
2/19 (水) 放参
2/20 (木) 法話 「法定と禅」 寺嶋徳隆居士
2/21 (金) 提唱 『塗毒鼓』第35則


2月16日(日)摂心会講演会

下記のPDFをご覧ください
No.153 摂心会講演会 詳細


No.153回東京支部摂心会日課表

 ご予約はこちらから

 

  東京支部(擇木道場) #参禅案内

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:43 | 東京支部 | comments(0) | - |
座禅継続して2331日目

JUGEMテーマ:

 

今日は座禅継続して2331日になりました^_^昨日、小田原の報徳レストランでお祝い🎂💕。この後は曾我梅林へ行ってきました^_^香りに包まれて幸せですー💕👭野菜の料理はとても美味しくて、最高です🤗🎁

 

 

  東京支部 黄玉

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:14 | 東京支部 | comments(0) | - |
東京支部(擇木道場)木曜夕方座禅会

JUGEMテーマ:

 

 

毎週 木曜日 夜 19時から20時の擇木道場、座禅会担当の石井雲泉と申します。

 

スケジュールは19時座禅開始で25分坐り 5分休憩 30分坐り終了しますので

初心者の方で、まだ座禅の座り方に身体が慣れてない方でもご気軽にご参加ください。

もちろん座禅の途中でもその場に立って痺れを除いても結構です。

19時からなので会社の帰りに自分を見つめ直せば新しい心境で翌日迎えることができます。あなたも如是の世界を体で感じませんか。

 

木曜日にご参加いただいているかたは、鉄道関係・計測器関係・医療関係など多岐にわたる職業のかたです。 座禅終了後には居士寮(修行者の控室)にてお茶お菓子を頂きながら懇親会を行っております。 違う職業の方と話すことは新しいことの発見ばかりです。

あなたも是非ご参加ください。 お待ちいたします。

 

石井雲泉

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 10:16 | 東京支部 | comments(0) | - |
坐10-5 座禅なのに歩け歩け!

JUGEMテーマ:

 

1月13日(月・祝)に「月に一度のザ・テン トウ ファイブ(坐10-5)」を開催しました。

朝の10:00から夕方の5:00まで、お昼休みを1時間はさんで座禅をするという、月に一度の座禅会です。

 

この座禅会は、その月によって直日(主催者というかその座禅会の責任者)が違います。

私は1月13日に2度目の直日をさせていただきました。

直日によって座禅や休憩などの時間が違うというのも「坐10-5」の特徴かもしれません。

 

ところで、たとえ5分10分の休憩を入れていても、長い時間座禅をしていると足が痛くなってくるものです。

そのような時、経行(きんひん)をすると足の痛みや疲れも少し和らぎます。

経行とは禅堂を皆で一列になって歩くものですが、私はその経行が苦手だったりします。

 

座禅は数息観によって呼吸以外を考えない修行ですが、経行だって同じようなもの。

でも、経行をしていると

「畳の縁を踏んでしまいそう〜! 後ろからおいかけられてるんじゃない?? 前の人に追いついちゃったらどうしよう、、、 前の人とめっちゃ距離が空いちゃった、やばいよ〜!」

などなど雑念が浮かびまくります。

たぶんそんな考えなど取っ払ってしまって「念々正念 歩々如是」と一歩一歩踏みしめていけば良いだけのことなのですが、それが出来ない自分を嫌というほど思い知らされる場面なわけです。

 

 

今回、直日という特権を使って、経行での歩き方を変更してみました。

もちろん、今回のみ。

経行での歩き方は宗派やお寺さんによっても随分違うようで、擇木道場では「一歩一歩足の裏を意識しながら歩く」というように教わりました。

歩幅は特に決まっていないので、歩幅が広い人がいれば、半歩ずつ歩くような人もいます。

いろいろな歩き方がある中で、私は座禅会の常連さんに教えてもらった歩き方に興味を持ちました。

それは「踏み出した足のかかとを軸足のつま先当たりに来るように一歩足を出し、後ろの足を前の足に揃える」というもの。

こうすれば、全員のリズムが少しは揃いますし、前後の人との距離もそこまで開き過ぎたり窮屈になったりしないのでは?と考えたからです。

実際、経行をしてみると、思った以上に落ち着いて歩くことができました。

この歩き方なら不安に思うことが少なく経行ができそうです。

とは言うものの、それは私だけの感覚なのかもしれませんけどね。

 

座禅としての歩きを体験できる「坐10-5」

2月の「坐10-5」は24日(月・祝日)に開催します。

人間禅 東京支部のページをご覧ください

  合掌 翡翠

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 09:25 | 東京支部 | comments(0) | - |
東京支部(擇木道場)月曜夕方座禅会

JUGEMテーマ:

 

東京支部(擇木道場)月曜夕方座禅会

 

時間 19:00〜20:00

参加費 東京支部(擇木道場)「座禅会について」をご覧ください

 

人間禅での座禅の時間は一烓香を45分としていますが、月曜夕方座禅会は19:00〜20:00のため、初めて参加される方がいない場合は60分間座禅をすることもあります。

初めての参加者がいらっしゃる場合は、25分座禅、5分休憩、30分座禅のスケジュールとします。

 

長時間同じ姿勢をしているため、慣れていない場合は途中で足を組み替えたり、座布団の前に叉手当胸で立つなどして足のしびれに対応していただいております。

また、立つときはゆっくりと立つようにしてください。

焦って立とうとすると、思わぬ足のしびれで転がっちゃいます。

 

休憩が入る場合は、トイレや水分補給などにご活用ください。

休憩がない場合も我慢をせず、トイレなどに立っていただいてかまいません。

 

座禅終了後はハブ茶(違う飲み物の場合もありマス)を飲んで歓談することが多いです。

座禅についての質問などにもわかる範囲でお答えしています。

盛り上がりすぎることもあるため、ご自身の終電にはくれぐれもご注意ください。

 

みなさんに「また来たい!」と思っていただけるような座禅会にしていきたいです。

毎週月曜日の夕方座禅会をよろしくお願いいたします!

  合掌 翡翠

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 11:14 | 東京支部 | comments(0) | - |
今日は座禅継続2323日目

JUGEMテーマ:

 

日日是好日^_^今日は座禅継続して2323日になりました🙏毎日、忙しくて福がきますよね^_^今宮神社⛩

  東京支部 黄玉

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:43 | 東京支部 | comments(0) | - |
令和元年度 擇木茶道部(有楽流)稽古日・関連行事日程

JUGEMテーマ:

人間禅東京支部の座禅会会場である擇木道場(日暮里駅すぐそば)での「擇木茶道部」のご案内です。

 

令和元年度 擇木茶道部(有楽流)稽古日・関連行事日程

 

令和元年  

 日曜 稽古日

水曜 稽古日 

関連行事  (全てに茶席有) 

  5月

  19日

8日  22日  

25日(土)茶書勉強会1

  6月

    9日

5日  19日

22日(土)〜29日(土)

  東京支部摂心会1

  7月   

  28日

10日  24日

4日(水)〜7日(日)

 茶道部摂心会1(於本部道場)

20日(土)茶書勉強会2

  8月

   無

7日  21日

 

  9月 

  22日

 11日  25日

28日(土)茶書勉強会3

 10月

   無

9日  23日

3日(木)〜6日(日)

 茶道部摂心会・創立記念式

(於鎮西道場)

12日(土)〜19(日)

東京支部摂心会2

26日(土)〜(11月3日)

本部摂心会1・追憶尋思式

        (於本部道場)     

 11月

  10日

6日開炉  20日

(10月26日)〜3日(日)

 同上 

23日(土)茶書勉強会4 

 12月

  1日茶筅供養

 11日

16日(日)〜23日(日)

 臘八摂心会(於本部道場)

  1月

  26日

15日   29日

4日(土)東京支部互礼会 初釜

18日(土)茶書勉強会5

  2月

9日(午後から開始)

5日  12日

15日(土)〜22日(土)

東京支部摂心会3

  3月

    無

4日  25日

28日(土)茶書勉強会6 

  4月

    無

15日  22日

26日(日)〜(5月5日)

本部摂心会2・記念式(於本部道場)

稽古日変更の場合には事前にお知らせ致します。

稽古参加者が複数に満たない場合は、稽古を中止する場合があります。

 

 

<稽古について>

担当指導者:林 楚水(翠松)

稽古の際のモットー :≪ 美味しいお茶、美しい点前、有り合わせの道具 ≫

稽古日:日曜、水曜いずれにも参加可。 

月に2〜3回設けられていますが、部員同士の自習となることもあります。

 

稽古時間 : 午前10時集合、清掃、仕度、着替え、数息観、軽食(各自持参)

午前11時半頃 〜 午後5時頃 点前

午後5時頃 〜 午後6時頃 片付け

(途中参加・退出は自由)

 

会費 : ・初回(見学)1,000円(随時受付)    

       ・2回目以降 2,500円/回

       ・3回目以降 入門可 別途入門料 1,500円 (入門時のみ)

入門者には「有楽流点前手順表」と「擇木茶道部基本稽古課程」をさしあげて、点前のご指導致します。

       ・自習の場合は会場費として1,000円。抹茶・菓子・花等は各自用意。

 

<関連行事について>

〇茶書勉強会(詳細は各回毎に追ってご案内)

・内容:芳賀幸四郎著『わび茶の研究』講読・座禅

・開催場所と開催時期:於擇木道場 6回/年 隔月(奇数月の土曜日午前)

 

〇茶道部摂心会(詳細は各回毎に追ってご案内)

  ・内容:諸流茶席数席(昼間)・座禅・参禅(独参)・作務・講演

  ・開催場所と開催時期:全国を巡回 2回/年 

今年度は於本部道場(7月)、於鎮西道場(10月)

 

〇東京支部摂心会(詳細は各回毎に追ってご案内)

 ・内容:茶席(朝)・座禅・参禅(独参)・提唱・作務(剣道)・講演

・開催場所と開催時期:於擇木道場 3回/年(6月・10月・2月)

 

〇本部摂心会(詳細は各回毎に追ってご案内)

  ・内容:茶席(朝)・座禅・参禅(独参)・提唱・作務

  ・開催場所と開催時期:於本部道場(千葉県市川市)3回/年(10月・12月・4月)

 

〇他部(女性部・青年部・壮年部・俳句部・剣道部等)摂心会

       (表には不明記、詳細は追ってご案内)

 ・内容:茶席(朝)・座禅・参禅(独参)・講演・各部個有の活動

 ・開催場所と開催時期:その都度ご案内

 

                

   (東京支部)#茶道部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:19 | 東京支部 | comments(0) | - |
座禅はお腹が空くのかもしれない

JUGEMテーマ:

 

青年部主催の座禅会の後は、たいてい座禅について結構真面目に話したりします。

でも、時には座禅以外の話で盛り上がることもあるのです。

たとえば、この間の座禅会後にはとーーっても真面目に食べ物の話をしました。

 

擇木道場のある日暮里駅周辺の美味しい食べ物屋さんの話や、各々の職場近くにある食べておくべきラーメンの話、止まらなくなるお菓子についてなど、夜中の11時に軽く飯テロ。

 

こんな話を聞いたら行くしかないでしょ!!

ということで、行きたいお店が増えた金曜夜でした。

 

真面目な座禅の話を聞きたい方、そして真面目な食べ物の話を聞きたい方は、ぜひ金曜夜の青年部座禅会にご参加してみてください。

初めて参加される方は [人間禅] 東京支部紹介ページからご予約ください。

  合掌 翡翠

 

  東京支部(擇木道場)金曜青年部座禅会#青年部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:13 | 東京支部 | comments(0) | - |
第4期仏教講座第10回「維摩経」(10)

JUGEMテーマ:

 

第4期 きっとわかって役に立つ 仏教講座

 

<第10回> 2月15日(土)14:30〜16:30

 

 Power of Buddhism 

 

そして…維摩経!

 

 最終回。「嘱累品第十四」と、心にしみる言葉、振り返ります。

 

 

 「空」は煩悩と人間の肯定。「空」を得れば自分をしみじみ好きになる。この世が愛しく思えます・・・

 

 いよいよ最後回。

 

 空の象徴である文殊菩薩との大問答。天女の散華する花がなぜか舎利弗にくっついてしまうのはなぜ?煩悩なしに覚りはない、という真意は?そして「維摩の一黙」! 

 

 振り返りながら大乗仏教と禅が、現代の私たちにどのような意味を持つのかを考えます。

 

 

ご予約はこちらから

  (東京支部)#仏教講座

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 05:38 | 東京支部 | comments(0) | - |
東京支部の互礼会に参加しました

JUGEMテーマ:

 

 擇木道場の風印です。

 1月4日に開催された東京支部の互礼会に参加しました。

 

 

 今回は皆で餅つきをしました。

 

 

 

 当道場の師家である葆光庵老師も餅つきをされましたが、80歳とはとても思えない力強い杵さばきでした。

 

 

 

 座禅と健康長寿には関わりがあるのではないかと思いました。

 

 

 

 

 上の写真がつきあがった餅です。つきたての餅は美味しいですね。

 

 

 懇親会で師家から「仲良くというのは人を批判してはいけない、何をやってもその人はその人として合掌、感謝する」というお話がありました。

 私はすぐ人を批判したくなるので反省しました。

 「仲良く」という言葉の深さを噛み締めて行きたいです。

 

合掌 風印 拝

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 12:03 | 東京支部 | comments(0) | - |
坐TENtoFIVE開催のお知らせ

JUGEMテーマ:

 

気付きは、一日一炷香の裏付けがあって初めて本物になる。

その一日一炷香を練り直し、深める起爆剤になるのが・・・

TEN to FIVE

月に一度の

ザ ・ テン トウ ファイブ

午前10時から午後5時までの一日座禅会

次回(第12回)は 1月13日(第2月曜・祭日)開催です

日常の様々な束縛を一時離れ、心おきなく思う存分座ってみませんか?

60畳の静謐な空間がお待ちしています。月に一度、開催日は、月毎に変わります。坐禅経験者を対象としますが、あまり構えずご参加ください。ご自身の体調や都合に合わせて入堂、出堂、坐を解くのもご自由です。

  • 座禅経験のない方は毎日行われている他日座禅会で座禅指導をお受け下さい。

詳しくは人間禅・擇木道場のホームページの座禅のご案内をご覧ください

http://takuboku.ningenzen.jp/index.php

参加費:初回は1000円、二回目からは500円以上の喜捨をお願いいたします。

・時間: 下記時間割にそって所定の時間に鳴り物で合図をします。

・昼食: 各自ご用意下さい。居士寮に茶菓子を用意しております。ご利用ください。


 

直日担当・・・ 浅川翡翠 禅子

今回は、いつも道場内の気配りがとても細やかな浅川翡翠禅子が直日担当です。

また、人一倍しっかり座ることを旨としている方です。

一年の始まりの回、是非ガツンとご一緒に坐ってみませんか!(でも、何ら縛りはありません。ご自分のペースで坐を深めて下さい。)

先ずは、お気軽にご参加ください。お待ちしております。

山田妙玲 拝

時間割・・基本の時間を記載します。

10:00 〜 11:00 

 

11:00 〜 12:00 

 

12:00 〜 13:00  昼食休憩

 

13:00 〜 14:00 

 

14:00 〜 15:00 

 

15:00 〜 16:00 

 

16:00 〜 17:00 最終回

 

・その後時間のある方は茶話会にもどうぞご参加ください。18時までに解散。      

 

◎今後の開催予定日を記します

2月24日(月・祭日)龍泉(直日担当)

3月15日(日)   雲泉(〃)

4月 1日(水)   翠松(〃)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 22:57 | 東京支部 | comments(0) | - |
「眠ってまうやろ!」というつっこみ必須な座禅会

JUGEMテーマ:

 

「新春スペシャル座禅会 絶対に眠ってはいけない禅堂24/2時!」と題して座禅会を開催しました。

しかも1月3日に。

 

5人も集まればいいかな・・・と主催メンバー誰もが思っていた座禅会。

だって19時〜7時までの間に、45分ごとに45分の休憩を入れるとはいえ徹夜ですしね。

それでもなんだかんだと都合をつけて集まってくれた会員が12人。

そして、青年部座禅会の常連さんがお一人。

さらに何と「チラシを見てきました」という座禅会初参加の猛者がお一人!

みなさん、ご参加ありがとうございました。

 

 

この企画、擇木道場で毎週金曜日に開催している青年部座禅会のメンバーの一人が発案したもの。

青年部座禅会として「面白そう!やろう!」と即、決定。

発案者がチラシやらなんやらいろいろ動いてくださったので、急な企画でもなんとか広報できました。

本当にありがとうございました。

 

人間禅の通常の座禅時間は45分です。

なので、この企画では座禅という修行の時間を45分したら、今度は懇親会というか親睦を深める歓談の時間を45分しよう、というもの。

新年ですし、座禅とお酒とおしゃべりとおおいに盛り上がろう、と。

そして、それを19時から翌朝の7時まで繰り返そうではないか!という、なかなか斬新な企画です。

真面目な修行としては、お釈迦様が悟りを開かれた故事にならって夜を徹して座禅をするという徹宵座禅があるのですが、この場合の休憩は通常の座禅会と同じで5分というものですから、修行らしく結構キツイ。

 

45分座禅をして45分休憩をして・・・を繰り返すなんて初の試みですから、いったいどうなるのだろうか?とすごく楽しみでした。

私の予想は「最初の休憩で呑んだくれて、そのまま歓談を続ける人が出てくるのでは?」でした。

ところが、実際は休憩中にお酒を飲む人はほとんどなく、起きている全員が時間通りに座禅をしました。

もちろん、強制的なものではないので、自分の体調に合わせて仮眠・就寝場所も用意してありましたし、都合の良い時間まで座禅をして帰宅や就寝した人もいます。

最後まで座禅をしたのは8人くらいでしょうか。

それでも初参加の猛者が座禅そのものが初めてだというのに最後まで座禅をしたのには脱帽です。

 

それにしても、休憩中に飲むためにご喜捨いただいたお酒が残るなんて想像していませんでした。

こちらは後日改めていただきたいと思います♪

日付が変わる頃から休憩中15分ほど仮眠をして座禅に臨んでみたところ、なんだかすっきりして座ることができました。

とは言っても眠いことには変わりないのですけど。

 

 

昼間にひたすら座禅をするときは休憩は少しでよいかもしれません。

徹宵で座禅をする場合は、休憩時間を多くするのも有りだと感じました。

ただし、参禅がない座禅会としてならば、ですね。

参禅があるなら休憩時間が長いとだらけそうですもん。

 

ところで、昼間にひたすら座禅をする機会は擇木道場では月に一度(不定期)あります。

 

「坐 TEN to FIVE」という座禅会で、次回は1月13日(月・祝)です。

 

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

座禅と休憩の時間配分についてや、数息観と参禅についてや、昼間と夜に座禅する違いや、食事についてなど、いろいろ考えさせられました。

いろいろ考えたけど、最後には「座禅ってやっぱりいいなぁ」としみじみ感じた座禅会でした。

  翡翠東京支部)#青年部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 05:56 | 東京支部 | comments(0) | - |
忘年会に参加しました

JUGEMテーマ:

 擇木道場の風印です。

 12月28日に当道場の忘年会に参加しました。

 前日の毎週金曜夜に開催される「東京で夜一番遅い座禅会」から参加して、助警(じょけい:警策(けいさく)を持ち、修行者が懈怠(けたい)なく坐禅しているかどうかを見廻る役目の人)を務めさせて頂きました。

 

 

 助警は座禅の姿勢が悪ければ指導したり、警策で背中を叩いて修行者を励ましたりします。いきなり叩く訳では無く、雑念が湧いたり眠気が出たりした人が助警が目の前に来たときに合掌しますので、その時に叩きます。

 皆さん同じ様に手加減せずに叩いたら、座禅の後の懇親会で参加者の方に「滅茶苦茶痛かった」と言われてしまいました。道友に年齢や性別に応じて叩く強さを変えると教えて頂いたので、もう少し工夫します。分別しなければ良いと言うわけではないのですね。

 

 忘年会では、皆で餃子を作りました。

 

 

 320個作ったのですが、一人ではうんざりするような量でも、皆でやると楽しいのはなぜでしょうね。

 

 

 上の写真はクラッカーにチーズやフルーツなどを乗せたものです。ただのクラッカーも一手間かけることでちょっと贅沢なお菓子になります。

 

 

 上の写真が焼き上がった餃子です。手作りの餃子はとても美味しかったです。

 

 翌日に催されたお茶会では「銀椀盛雪(ぎんわんにゆきをもる)」という掛軸が掛けられていました。

 

 

 白銀の碗に純白な雪を盛ったとすれば、碗と雪とはそれぞれ別個の二つのものであるが、ともに白いためにその見分けがつきがたく、同じ一つのもののように見える。しかし全く同じものかといえば、碗は碗、雪は雪でそれぞれ独立した二つの別個のものである。(芳賀幸四郎『新版一行物』より)

 当道場の師家から、「色即是空 空即是色」を端的に表したのが「銀椀盛雪」であり、私達は皆仏性を備えている点で平等であるが、平等な中にも人種・性別・身分などの区別がある。その区別も含めて皆平等である。という説明がありました。

 皆繋がっていることが腑に落ちれば喧嘩することも無くなると思うのですが、中々難しいですね。

 「銀椀盛雪」を頭に入れて工夫して行きたいです。

 

合掌 風印 拝

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 04:18 | 東京支部 | comments(0) | - |