ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
『AI時代と禅』読後感

JUGEMテーマ:

 

 葆光庵老師さま

 

お世話になっております。お著作、拝読させていただきました。全体に平易な文章で説かれており、ぐいぐい引っ張られる感じで読了いたしました。

 

このタイトル『AI時代〜』を見た時、とっさに老師が繰り返し説かれている相対樹と絶対樹の関係性の中で、相対樹(私は合理主義と受け取っておりますが)の権化であるAIに対し人間のあり方としての絶対樹をお示しになっているのかも、と深読み? をしたものです。AIがのさばればのさばるほど、それに比例して絶対樹が必要になるということでしょうか?

 

それはそうとして、禅が仏教他宗派、世界の他宗教に寛容であることも初めて知りました。信ということの大切さをお書きになっています。“自分には認識できないことを承認する”・・・。まさにこのことでは、あらゆる宗教は一つのリングになっているのかも知れません。

 

余談になりますが、先日テレビでイスラエルの歴史学者でユバル・ノア・ハラリという人がコロナ後の脅威を語る中で、IT技術のますますの進歩によって独裁的為政者が人々の皮膚の内側まで見通せるようになるだろうと、つまり演説に万歳をしていても、笑顔で拍手をしていても、その人間の心の中は反対をしていることが分かるようになる、これは恐ろしいことだと。

インタビュアーが、その恐怖をあなたはどう乗り越えますか? と尋ねると彼はすかさず、

「一日時間の瞑想(メディテーション)をします」

驚きました。現代の世界の知識人の一人と言われる人にしてこの言葉です。

座禅というのは日本固有の文化だと思ってきましたが、改めてインターナショナルなものであり、今後テクノロジーがますます発達するなかで人々の心の平安にとって、グローバルに大切なことになっていくのかもしれないと思ったものです。

 

最後に、この御本の山場とも言える“座禅とは何か”の中で数息観の行のステップが大変分かりやすく説かれています。この項は座禅の教則本として繰り返し読み、体に叩き込む必要あり、と感じました。

三歩進んで二歩下がるような遠い道には違いありませんが、暗闇をやみくもに進んで行く感があった中で、かすかな光が見えた気はしております。無論やるのは私ども自身で、失礼ながら老師を始め先生方には、こちらがスポーツ選手であればコーチをお願いしているつもりでおります。

思うにこの山道は各人各様でてっぺんだけが同じ場所なのかもしれません。

孤高の求道者などではもちろんなく、日々の自分を内省しつつ、遅まきながら一歩一歩この山を登って行きたいと思います。

 

今後もお導きを、伏してお願いいたします。

 

大江匡昭デザイン事務所経営、月から荻窪静座会参加) 東京荻窪支部 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 05:10 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
東京荻窪支部での一泊参禅会報告

JUGEMテーマ:

 

4月24・25日に東京荻窪支部で一泊参禅会を実施しました。

開催するかどうか迷いはありましたが、参禅の機会を無駄にはできないという思いから、コロナウイルス感染防止策を徹底・参禅の仕方も工夫した上で、担当師家に開催のお願いをし、結果的には開催できて良かったと思っています。

各支部道場で条件は異なるでしょうが、一つの参考にしていただければと思い、以下、参禅会の実施状況を報告いたします。

 

感染予防のための堂内でのマスク着用、手の消毒、うがいの励行、堂内での私語厳禁は当然のことですが、互いの接触を極力避けるために、原則宿泊なし、懇親会なし、朝のお茶会なしで、とにかく静座・参禅のみに徹底することといたしました。

 

また、東京荻窪支部は、本部道場や擇木道場と異なり、普通の民家を道場に使用しているため、静座場所としては、せいぜい14畳程度の広さしかありません。

そこで、一度に座る会場内の人数を5、6人以内に押さえるために、参禅回数を通常の2回から3回に増やした上で、事前に参加者に参加希望時間を聞きとることで参加人数を調整することとし、また宿泊を禁止したことから、翌朝の静座開始時間を遅らせることとしました。

具体的には、仝畍5時静座、6時参禅 6時30分静座、7時15分参禅 M眥7時30分静座、8時参禅というスケジュールでした。

 

参禅時には、老師にもマスクを着用していただいた上、拝座の位置をできるだけ老師から遠ざけるとともに、公案の拈呈は、原則として師家に声が届く程度の声にしました。

 

結果的に、勤務先からの指示や家庭内の事情から参加できない会員もいましたが、他支部会員も含めて6名が参加しました。

普段の参禅会より少ない人数ではありますが、みな真剣に参禅弁道することができ、あとから、参禅ができて本当によかったとメールをくださった会員もいらっしゃいました。

 

静座と参禅のみというシンプルな一泊参禅会で、懇親会がないのは少々寂しくもありましたが、他人との接触を極力避け、黙々と役位をこなしつつ、公案の工夫により一層専念することができたように思います。

 

さらに、土曜日午前9時からの静座会に最近参加されている新到者の方に対し、老師に時間をかけて面談していただくこともできました。

老師がおいでになるのが年4回の摂心のみでは、新到者の方に面談いただく機会が少なく、年数回の一泊参禅会の機会は大変貴重であり、そのような機会を持てたことも大きな収穫でした。

 

3月の摂心以後、東京荻窪支部会員が集まる機会はめっきり少なくなり、現在、毎週木曜日の荻窪剣道場は閉鎖となり、善福寺清明庵での毎週土曜日の静座会は、45分間の静座のみを継続しています。

その代わりに、静座会に参加できない会員同士で、毎日の静座時間をライングループで報告することもはじめています。

 

緊急事態宣言が5月末まで延長され、しばらく自粛生活が続くことになります。

一日も早い終息を願いつつ、これまでどおり、地域に根差した坐禅道場として、清明庵の門を開けておきたいと思っています。

  合掌  香水(東京荻窪支部) #参禅報告

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:23 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
コロナウィルスのおかげで新しいコミュニケーションのスタイルが!

JUGEMテーマ:

 

4月11日(土)
【東京荻窪支部 清明庵 土曜座禅会】

 

緊急事態宣言下、清明庵近隣の人たちのみ、ごく内輪の少人数で、開催されました。

参加できない方々には、同じ時刻にそれぞれの場で、一緒に座りましょうと、ラインで声をかけました。

清明庵では、次のことを守りながら、実施されました。

 

・熱がある、体調に違和感がある、咳やくしゃみが出る、風邪気味、といった方は、お休みいただく。

・座禅時間を45分に短縮。
・三蜜を避けるため、看板は出さず、広報もしない。
・手指の消毒を厳重に実施する。
・マスク着用。
・人と人の間を2mあける。
・面と向きあって声高に話しをしない。話す時は必ずマスク着用。
・換気につとめる。
・トイレの手拭きは各自持参のものを使う。
・飲食をともにしない。従って、お茶タイムは無し。

 

今日の清明庵 いろは紅葉(出猩々)の赤が、若葉の緑の中で映えます
今日の清明庵 いろは紅葉(出猩々)の赤が、若葉の緑の中で映えます

なお、東京荻窪支部では、道友どうしでラインのグループを作り、一日一炷香、励ましあって座ることを始めました。
各自、座った時間帯をそこに報告します。

顔をあわせられなくても、ラインで心をつなぎ、励まされ、かえって、みなよく座るようになっています。

コロナウィルスのおかげで、新しいコミュニケーションのスタイルが生まれ、大いに活用しています。

緊急事態宣言下でも、明るく、元気に、前向きに日々を送りたいと思います。

 妙幻記東京荻窪支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 01:10 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
1月18日の輪読会の感想

JUGEMテーマ:

 

こんにちは。
東京荻窪支部の大海です。


18日の禅セミナー・青年部勉強会は、立田英山著「人間形成と禅」(人間禅教団出版部、昭和35年)の輪読でした。


現在、C章・ほんとうの宗教の在り方を読み進めています。輪読か所となった第17節・制度の民主性に、次の言葉が出てきます。

 

「この際一箇の私見を述べておきたいのは、宗教家の手で行われている婚儀や葬式のことです。…婚儀や葬式を誰の手で執行するのが一番ふさわしいかと申せば、やはり宗教家が一番ふさわしいことになるでしょう。そして永い間の社会の習慣でもあるのですから、寺院や教会でこれを執行するのは結構なことです。が、然しあくまで事務の面に属するもので、これを宗教の本質たる法務と混同するが如きは、本末顛倒も甚しいものと申さねばなりません。(『人間形成と禅』、77頁)」

 

修行の母体となる僧伽(そうぎゃと読み、志を持つ者の集まりを言う)を維持するためには、きれい事だけでは済まず、経済活動が必要です。人間禅も、他のお寺や教会でも同じで、適度にお金(浄財)を集めなければなりません。

 

その方便として、婚儀や葬式の執行を宗教家が担い、対価として、浄財を頂くのだと思います。婚儀も葬儀も、生きていく人にケジメをつけ、生きる力を与えるために必要な儀式であり、宗教の形式をとることには意義があります。ただし宗教家の法務の第一義は教理の宣布にあり、お金儲け(婚儀や葬式だけではありません)を目的にしてはいけない。


これが、英山老師の言いたかったことだと思います。

 

世の「宗教」が形骸化し、婚儀や葬式の執行者としての存在感しか示せず、多くの人が「自分は無宗教である」と認識する時代にあって、この一節は、後世直面する課題を想定し、英山老師が残して下さった、食輪(僧伽の経済活動)を行いつつ法輪(教理の宣布)を推進する際の、大きな戒めである、と私は感じました。

 

大海 記

 

次回の禅セミナー・青年部勉強会は、3月28日(土)です。
詳しくは 社会人のための坐禅道場[人間禅] をご覧ください。

  (東京荻窪)#青年部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:24 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
「東京荻窪座禅会」入会のご案内

「東京荻窪座禅会」入会のご案内

 

平素は、東京荻窪座禅会に御参加いただき、誠にありがとうございます。
さて、この度、人間禅東京荻窪支部も包含する地域に根差した座禅会を立ち上げ、会員を募集することにいたしました。
人間禅東京荻窪支部は、平成29年に荻窪剣道場での座禅会(毎週木曜夜)から始まり、翌30年には善福寺清明庵での座禅会(毎週土曜日朝)を開始、同年5月に東京荻窪禅会、今年5月には東京荻窪支部として活動を続けてまいりました。

このように順調に活動を続けることができましたのは、ひとえに、座禅によって自己を向上させ、地域づくりに貢献しようとする方々の熱い志のおかげであります。
私達は、社会人として、家庭人として普段は別々に生活を営んでいますが、座禅によって人間形成を図るという目的の下に毎週集い、座禅を通じてお互いを切磋琢磨し、時には悩みごとを相談しながら、よき隣人、家族のごとく助け合っていくことを目指しています。
そこで、今般、今後も継続してこの東京荻窪座禅会への参加を希望される方を対象に、別紙(※)のとおり、「東京荻窪座禅会」を立ち上げ、この地域を「正しく、楽しく、仲のよい」社会とすべく、私達の仲間となっていただけますよう、よろしく御願い申し上げます。
上記趣旨に賛同の上、東京荻窪座禅会への入会を希望される方は、中川(kousui.nakagawa@gmail.com)までメール等で御連絡いただければ幸いです。
令和元年12月吉日
人間禅東京荻窪支部長

                             中川香水

 

 

※(別紙)

「東京荻窪座禅会」

1 東京荻窪座禅会(以下、「本会」という。)は、どこの組織の傘下でもなく独立した組織である。
2 本会は、人間禅東京荻窪支部と連携して、同地域を「正しく、楽しく、仲のよい」地域にしてゆくことを目的とする。
3 本会の指導者は葆光庵春潭老師(以下、「老師」という。)とし、本会会長は中川香水とする。
4 老師は、月に一度は、本会で、座禅指導、法話等を行うこととする。
5 本会入会にあたっては、あらかじめ老師と面談しその許可を得ることとする。
6 本会会員は、本会主催の行事には積極的に参加することとし、また人間禅東京荻窪支部が主宰するすべての行事に参加することができる。
7 本会会員は、座禅会参加費・施設維持費として、毎月1,000円(年間12,000円)を支払う。
8 本会会員の摂心参加費は一回につき1,000円(参禅希望者は3,000円)とする。また座禅会参加費は原則として無料。ただしお茶代等諸経費は除く。
9 その他、本会運営については、別途、細則を定めることとする。

 

JUGEMテーマ:

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:18 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
東京荻窪支部新年互礼会垂示

東京荻窪支部担当師家 葆光庵丸川春潭老師

 

東京荻窪支部の新年互礼会であります。
 皆さん明けましておめでとうございます。
 一月三日、人間禅の新年互礼会が市川の本部道場であり、昨年新総裁になられて初めての年頭の垂示があり、「信」というものを大切にした人間禅にしたいと、そして支部禅会をそれぞれ充実して欲しいというようなことを申され、いくつかの具体的な方針を出されましたが、そして師家の担当の辞令も現在分かるところで出されました。
 私に関係するところで言えば、房総支部と八王子支部を担当し、そして東京支部を総裁がやられるということになりました。
 この東京荻窪支部における新年互礼会のご挨拶として申し上げたいのは、まずこの東京荻窪支部は、創立二年目にして、早速支部に昇格したということで、今年の三月に人間禅の師家方、全国の会員をご招待して、そして支部創立の祝賀会をやるということがこの東京荻窪支部の今年の一番大きな行事になろうかと思います。
 志を同じくして、今拝読しました人間禅の立教の趣旨を同じく持つ、志を同じくする人々の仲間がお祝いに駆けつけて来て頂けるということで、楽しく仲の良い会にしていくのに、支部長以下全員で「OneTeam」になって頑張って頂きたいと思います。
 そういう、一つの催しと言いますか、行事と言いますか、目標も持って、みんなで頑張っていくという中で、我々の目指すところの人間形成の禅の集まりというものの求心力も生まれるというものであります。
 また、今日予定されてます東京荻窪座禅会というものを立ち上げるということになりました。
 これも、非常に大きな新しい展開であります。
 これは人間禅の中でもまだ未知のところでありますけれども、まさに東京荻窪支部が中心になって、新しい形で地域に貢献していく、座禅を中心にして日本文化を広め、そして発展させ、それをもって正しく楽しく仲の良い地域に貢献していく、というこの東京荻窪座禅会というものが、非常にロマンに満ちた発展が期待できると思っています。
 みんな本当に楽しく仲良くそしてそこの中で生き甲斐をそれぞれ見つけてやっていくそういう集まり、そこに古来からの人類の最高の精神文化である座禅というものが中心になって入っている、何も拘束なしに新しい時代に対する香り高い文化をですね、それぞれの感性に応じてそれぞれの得意の分野でそれを地域に広げ発展させていく、わくわくするような素晴らしい会になると期待しております。
 いずれにしましても、健康に留意し、家族を大切にし、そして仕事をしっかりやれる、そういう東京荻窪支部並びに東京荻窪座禅会として輝かしい一年が全うできるように祈念しております。
 以上で私のご挨拶と致します。

 

JUGEMテーマ:

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:15 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |