ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://ningenzen.org
神戸六甲アイランド木曜静座会再開−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

六アイの周遊路の散歩も日常化した。

そして今日、座禅活動も再開した。

5月中旬から自粛の解除が見え、再開に期待していた。

東京アラートに象徴されるように、まだ手探り、おっかなびっくりの再開模様だ。

それでも3ヶ月ぶりの例会を、ラインチャットで参加してもらい実施した。

会議になるものだ。

引き続き和室で、コロナ騒ぎ後初めての静座会をやった。

新規参加者がないのは残念だが、ゆっくりこちらに足が向くようにお待ちする。

飲食店でも、馴染みの客が戻っていない。

我々の場合も同じだろう。

粛々とやるべきことを積み上げていく。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 18:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
『AI時代と禅』読後感

JUGEMテーマ:

 

 葆光庵老師さま

 

お世話になっております。お著作、拝読させていただきました。全体に平易な文章で説かれており、ぐいぐい引っ張られる感じで読了いたしました。

 

このタイトル『AI時代〜』を見た時、とっさに老師が繰り返し説かれている相対樹と絶対樹の関係性の中で、相対樹(私は合理主義と受け取っておりますが)の権化であるAIに対し人間のあり方としての絶対樹をお示しになっているのかも、と深読み? をしたものです。AIがのさばればのさばるほど、それに比例して絶対樹が必要になるということでしょうか?

 

それはそうとして、禅が仏教他宗派、世界の他宗教に寛容であることも初めて知りました。信ということの大切さをお書きになっています。“自分には認識できないことを承認する”・・・。まさにこのことでは、あらゆる宗教は一つのリングになっているのかも知れません。

 

余談になりますが、先日テレビでイスラエルの歴史学者でユバル・ノア・ハラリという人がコロナ後の脅威を語る中で、IT技術のますますの進歩によって独裁的為政者が人々の皮膚の内側まで見通せるようになるだろうと、つまり演説に万歳をしていても、笑顔で拍手をしていても、その人間の心の中は反対をしていることが分かるようになる、これは恐ろしいことだと。

インタビュアーが、その恐怖をあなたはどう乗り越えますか? と尋ねると彼はすかさず、

「一日時間の瞑想(メディテーション)をします」

驚きました。現代の世界の知識人の一人と言われる人にしてこの言葉です。

座禅というのは日本固有の文化だと思ってきましたが、改めてインターナショナルなものであり、今後テクノロジーがますます発達するなかで人々の心の平安にとって、グローバルに大切なことになっていくのかもしれないと思ったものです。

 

最後に、この御本の山場とも言える“座禅とは何か”の中で数息観の行のステップが大変分かりやすく説かれています。この項は座禅の教則本として繰り返し読み、体に叩き込む必要あり、と感じました。

三歩進んで二歩下がるような遠い道には違いありませんが、暗闇をやみくもに進んで行く感があった中で、かすかな光が見えた気はしております。無論やるのは私ども自身で、失礼ながら老師を始め先生方には、こちらがスポーツ選手であればコーチをお願いしているつもりでおります。

思うにこの山道は各人各様でてっぺんだけが同じ場所なのかもしれません。

孤高の求道者などではもちろんなく、日々の自分を内省しつつ、遅まきながら一歩一歩この山を登って行きたいと思います。

 

今後もお導きを、伏してお願いいたします。

 

大江匡昭デザイン事務所経営、月から荻窪静座会参加) 東京荻窪支部 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 05:10 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
房総支部日曜座禅会 再開

JUGEMテーマ:

 

本日から再開になりました房総支部日曜座禅会の報告をさせて頂きます。

正式な再開は日(日)を予定していますが、本日はその準備の為の仮の再開日として会員のみの参加予定でした。

参加者全員マスク着用で、靴下も履いて、十分な間隔をあけて座りました(写真参照)。

 

 

会員が10名、それにうれしいことに新到者が名(T..さん男性)お見えになりました。

以前から房総禅道場のことをご存じで、先週も座禅会終了後にお見えになり、鉄心さんが対応して下さっていました。

本日初めて一緒に座りましたが、いきなり一炷香通して座られました。

自宅近くのお寺で回座禅したことがあるとのことですが、座相もなかなかのしっかりしていました。

自転車で時間15分かけてお見えになられるとのことです。

座禅後の室内清掃・消毒作務にも参加頂きました。

仕事はリタイアされたとのことですが、お若い頃の祖森居士に似た印象で、作務の動きも機敏です。

これからもお出で頂けるとのことですのでよろしくお願いいたします。

 

日から正式に日曜座禅会を再開いたします。

ホームページや関連の静座会等での広報を通じて、以前のように新到者が毎回参加して下さるようになればと思います。

その思いを込めて本日は室内清掃・アルコール消毒を徹底しました。

玄関に入山時・禅堂内での注意書きを掲示し、消毒用アルコール、予備用マスクを準備しました(写真参照)。

 

ほとんどの方が前もって準備されて、念の為準備したマスクと靴下はほとんど使わずに済みました。

皆様の衛生管理が十分に行き届いていることに安心いたしました。

次回は月初の作務日にもなりますので、全山の草刈り、隠寮の庭そうじを中心に鉄心居士の指揮で行う予定です。

是非、13日からの参禅会に新しい方の参加が得られるよう皆様のご協力をお願いいたします。

引き続き皆様のご参加をよろしくお願い申し上げます。

合掌  仲野嶢山 拝 房総支部

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 04:54 | 房総支部 | comments(0) | - |
市川・松戸・船橋・浦安各座禅会 再開のお知らせ

JUGEMテーマ:

 

「緊急事態宣言」解除に伴い、6月より各地域静座会(座禅会)を再開しますので、ご案内いたします。

 

・市川静座会 市川市中央公民館 毎週土曜日午後6時〜8時まで

    6月 6日、13日、20日、27日

    7月 4日、11日、18日、25日

 

・松戸静座会 松戸市勤労会館 毎週(第3を除く)木曜日午後7時〜9時まで

    6月 4日、11日、25日

    7月 2日、9日、30日

    8月 6日、13日、27日

 

・船橋静座会 船橋市東部公民館 原則第2・3・4木曜日午後7時30分〜8時45分まで

    6月 18日

    7月 2日、9日、16日

    8月 6日、20日、27日

 

・浦安静座会 浦安市富岡公民館 原則第1・3金曜日午前10時〜12時まで

    6月 5日、19日

    7月 3日、17日

 

会費は、初回1,000円、2回目以降300円です。

 

参加ご希望の方は、マスク着用の上、ご自身の健康管理(体温・咳の有無など)には充分に気をつけながらご来館ください。

会場では、近距離での会話や発声を避け、窓やドアを開放して定期的に換気ができる状態で、政府から出された『新しい生活様式』に従い、三密(密接・密集・密閉)の回避や飛沫感染の予防対策にご協力いただきますよう、お願いいたします。

 

なお、江戸川静座会(松江コミュニティ会館)につきましては、会場が使用できるようになり次第、再開を予定しています。

 

心静かに坐禅を楽しみに、お待ちしています。

 

中央支部座禅会・静座会の申込先

中央支部お問い合わせ先

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
曽野綾子の本を読むー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

苦手な作家だ。
妻が[備忘録]を老後の指針にしていたので、時々手にした。
キリスト教徒らしい真面目さに、辟易することもある。
耳に痛いが、その通りだとも思う。

神の前では、社長も平社員もない。
私も仕事をしていた時、この気持ちで客に向き合った。

本の最後に[そうだ。大切なことは、楽しくお茶を飲むことだ。]とあった。
同感。禅も[喫茶去]と[独坐大雄峰]でこと足りると思っている。

 


木戸開善(神戸禅会

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 18:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
「非常事態宣言」明けの座禅会

JUGEMテーマ:

 

5/31 日曜朝座禅会

参加者 会員 3名、一般 2名、合計5名

7:00-7:40 坐禅、7:40-45 休憩、7:45-8:00 坐禅、8:00-8:10 経行、8:10-8:20 坐禅、8:20-8:30ラジオ体操、スクワット、終了後は居士寮で抹茶と和菓子で懇談。

 

「非常事態宣言」が明けて初めての日曜座禅会。一般参加者は2名というスタートだった。外出自粛期間中の日曜座禅会の一般参加者はほとんど0名だったが、5月は継続して1名の一般参加があった。元の状態に戻るには時間がかかりそうだ。

懇談会では「数息観評点」に関する資料を配布して説明した。本日の参加者から「外出自粛中は近所の散歩以外の外出を控えていた。自宅ではあまり坐禅をできなかった。久しぶりに道場で坐り、ここの雰囲気がとても良いことを改めて感じた」と言っていた。

「数息観評点」は坐禅を振り返って質の向上につながるので励みになる。目標を70点にして進めるよう、また、70点はとても難しいことを話した。

 

同日 夕方座禅会

参加者 会員 1名、初めての参加 1名

PM5:00-5:30 説明 PM5:30-5:55 坐禅、PM5:55-6:00、PM6:00-6:30 坐禅

終了後、居士寮にて抹茶で懇談 7:00解散

 

昨年末ごろ、友人と茶道の見学に擇木道場に来たことがあるそうです。今回は坐禅を目的に参加した。道場の沿革、「立教の主旨」、『坐禅の効用』などを私の経験を含めて話した。弓道をやっているとのこと。南千住在住、道場に近いので、再来されることを期待している。

 

龍泉 東京支部

 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:34 | 東京支部 | comments(0) | - |
コロナ後の再開−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

能勢のピザ屋が再開した。
勝手に映画で見たブルゴーニュと似ているとして、簡単欧州グルメを楽しんでいる。
ワインはともかく、ピザはおかしいが。

店内は一変。
座席は半分に減り距離を空けている。
世間もそうだ。
もう自粛が解けて週間。
まだまだ手探りで以前には戻らない。

熱心に座っていた二人とも、ケ月ご無沙汰した。
数息観の本と疑問への答えは、ここにある、と老師の本も渡しておいた。

一人とは連絡取れた。
もう一人ドイツ人は連絡が取れぬ。
縁がなかったかと思った時、LINEがつながった。
携帯を紛失したそうだ。
禅セミナーには人参加を予定している。
これまで人以上の新規参加はない。
何とか人以上を目指したい。

木戸開善(神戸禅会

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 04:46 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
第348回坐忘会 令和2年皐月句会

JUGEMテーマ:

 

 開催日:令和2年5月17日(日)

 場 所:自 宅

 参加者:16名   投句数:112句

 

新型コロナのため、先月の会は中止になりました。

5月も一同集まっての俳句会は避けるべきとの判断で再度中止となりました。

 

しかし、今回初めてのネット句会として開催しました。

投句数は最近では最多でした。

 

ひとり7句をメールで受け、投句者の名前を伏せ、順不同でリストに纏め、投句者に配信しました。

そのリストからひとり10句を選んでメール返信してもらって集計しました。

 

結果は次のとおりです。

 

最高得点者は”眞澄さん”でした。

 

------各自の高得点句を紹介します。--------

                       

 磨かれて青田の隅の墓一基    幽谷先生

                                           (以下順不同)

  

 明日香路の人遠ざけて立夏かな    温雄

※窯出しの貫入音や風薫る       剣外

 

 休み明けて田植えの終へし田んぼかな 玄妙

 お茶漬けに氷一片夏来る       光舟

 

 手の皺に驚く妻に薔薇の束      蕉山

 部屋籠り今日で幾日ぞ立葵      桃雲

 

 躑躅咲く密に群がり密に落つ     道妙

 子も孫も来ず二人だけ子供の日    蜂生

 

 てふてふや窓辺に止まり励ましか   妙珠

 忙しきガソリンスタンド軒つばめ   幽水

 

 雉鳴いて首を出したりキャベツ畠   竜穏

 コロナ渦や岸の青鞜魚釣り      義幸

 

 見事さも雨に崩れる大牡丹      元山

 花終る藤棚の下文庫本        慈啓

 

 緊急事態宣言

 夏立つや自粛自粛の詰将棋      眞澄

 

※は:最高得点句 

 

桃雲記(中央支部) #俳句

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:30 | 中央支部 | comments(0) | - |
山小屋で考える−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

この2ケ月は禅の活動は何も出来なかった。

その代わり酒を控え、朝夕45分の静座(座禅)をした。

血糖値7.5が半年続き、体質に定着したかと思ったが二月で0.3下がった。

あとひと月で6台にしたい。

山小屋に来ても散歩2時間を続けている。

写真は散歩道でのタンポポだ。

昨年の豪雨被害で源流近くのこちらでも堤の石垣が壊れ修復作業が進んでいる。

 

散歩道でのタンポポ(神戸・香風庵老居士)

静座(座禅)の効果は質の問題であり、何とも言えないが、1〜10までの2分間、呼吸の数をかぞえるだけに集中できることが多くなった。

 

木戸開善(神戸禅会)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:11 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
座禅活動再開に向けた1週間−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

関西の自粛が段階的に解除されて1週間が過ぎた。

なかなかすぐには戻らない。

静座会(座禅会)の会場にしても、再開を決めるマンションの理事会が開けないからだ。

再開の予定を公表できない。

多分大丈夫だろうと、期待されるメンバーにメールを送ったところだ。

すぐに日が経つ。

焦らずゆっくりと歩を進めるしかない。

この間、塩野七生著『レパントの海戦』を読んだ。

マンションの紙廃品で見つけた。

殆どの彼女の作品は読んだが、これはまだだ。

一気に読める。うまいなあ。

印象に残る恋も描かれている。

 

『レパントの海戦』

 

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:17 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
努力は一生(三重禅会 田中太玄)

JUGEMテーマ:

 

太玄通信5/16

 

三重禅会の田中太玄です。

三重県では新型コロナウィルスの新規感染者が20日以上いない状況が続いており、一旦は落ち着いたようです。

しかし、お隣愛知県ではまだ新規の感染者数が発生し続けているので、今気を抜くと第2波を招いてしまいます。

今はなるべく県内でおとなしくしていましょう。

今回は“努力は一生”と題して。

 

写生(蝶)三重・太玄

 

コロナ禍といえ、子供は「ハイ分かりました、それでは家でおとなしくしています」とはなりません。

我が家は、人のいないところ、コロナなし との考えで、すこし離れた田園地帯や、神社の森に自転車で出かけて行って、昆虫採集をしました。

せっかく昆虫を捕まえて真近で見たのだから、絵にしてみたら? というと、一生懸命描いています。

絵が好きな長男は、残念なことに絵が苦手な小生よりもうまく描くようになりました。

一方、苦手なサッカーのほうは全く練習せず、当然全く成長はありません、どんどん腹回りがたくましくなっていく今日この頃です。

 

当然のことですが、努力すれば伸びるし、努力しなければ伸びません。

社会人になっても、これは全く当てはまります。

小生は、今年45歳になる中間管理職で、10人程度のグループの取りまとめをしています。

できる人もいれば、イマイチな人もいます。

その理由も明らかで、与えられたことしかやらない人はいつまでたっても伸びないし、与えられた仕事を深掘りし、類似の仕事ができるようにしている人は伸びていきます。

つまり、できる人は、10年、20年後を見据え、仕事と遊び、休憩の割合を見定め、それを守っている気がします。

遊びや休憩はゼロにしても続かないし、仕事は仕事で短時間に、かつ容易に済むというものでもないでしょう。

 

言いたいことをまとめると、我々が20代を過ごした20年前とは違い、今の20代、30代は、一時の感情に流されることなく、苦しいことから逃れることなく、さりとて仕事で全部を塗りつぶすのではなく、淡々と必要なことをやっていく理性が必要とされていると思います。

私の経験では、こういった理性は、何かに没頭して、取り組んでいくうちに、強く形成されていくように思います。

このように理性を鍛えるツールとして、多くの技芸道などのように色々あるとは思いますが、三重禅会は座禅をご紹介したいと思います。

来る6月20日(土)・21日(日)は人間禅津・久居道場で参禅会が予定されていますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

写生(トンボ)三重・太玄

 

長男は絵をかくときだけ没頭して描いています。

いつでも、どんなことに対してでも、こうやってくれればいいんですけどね。

合掌 三重禅会

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 19:10 | 三重禅会 | comments(0) | - |
倉庫借地の雑草除去する−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

仁龍さんと2人で倉庫借地の雑草を除去した。
1月には何もなかったのに、オーバーシュートしていた。
14袋運び出した。
まだ積み残しがある。
3時間半掛かった。

 

倉庫借地(神戸)

 

当然昼は外食。
駅近くで良いところを見つけた。
7月から毎月第1土曜日に、お寺で静座会が開けるようになった。
帰りに一杯やる店にしたい。

家に帰り周遊路を散歩。
当然夕食も外食だ。
ルーマニア人のやっているマリアの店に行く。
コロナ騒ぎでも店は開けていた。
ようやく元の生活に戻る希望が出てきた。
気持ちが表れているのか、ピザのチーズが多い。
イニエスタのワインでいただく。

日常の楽しみ、人との触れあいが始まり出した今日この頃である。

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:32 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
ノルマン人の時代−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

家の整理で本が難題。

300冊はある。

図書館も閉館中で50年ぶりの本を手に取った。

字が小さい。

ヴァイキング史だ。

デーン人、ノルウェー人は西南へ、スヴェア人は東南へ略奪・植民の活動をした。

800年から1066年まで。

イギリス、アイルランド、フランスノルマンジー
ロシア征服者がコロコロ変わる。

イギリス・デーンマーク・ノルウェー共通の王の時もある。

 

ヴァイキング(神戸・香風庵老居士)

 

日本で言えば平安時代。

周りは、中国では唐から宋。渤海、契丹、後新羅・高麗だ。

海軍というより陸軍である。

竜骨構造の造船がなかったことも幸いしている。

遠く離れた島国、コロナでも比較的うまくいっている理由の一つだろう。

 

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:40 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
あと15年ー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

最近あと15年だとよく思う。

1年かも20年かもしれないが。

焦らず大きな目標に向かい丁寧に取り組みたい。


5年で神戸禅会を支部にする。

金だけ出して口を出さずに見守る。

やがて90歳になる。

禅も如是法三昧の暮らしが理想なので、少しはその境地に近づきたいものである。

 

娘の世話にはなりたくないので95歳で有料老人ホームに入る。

今の大学同様に施設は余っているはずだ。

母が特養にいた。

施設の都合で歩けるのに車椅子生活だった。

入所時歩けるうちはやめてくれと伝える。

認知症になったら反古だが。

あとは死を迎える。

確かに執着するもの、ことは、減っている。

お金もお金が喜びそうな使い方を心がけている。

繊維会社にいたので身だしなみには気を付けたい。

お洒落は帽子と靴だ。

 

帽子(神戸・香風庵老居士)

 

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:49 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
修行だより(東京支部2020年5月17日・日曜座禅会)

JUGEMテーマ:

 

修行だより

 

5月17日 日曜座禅会

参加者 会員 2名、一般 2名

7:00-7:40 坐禅 1、7:40-7:45 休憩、7:45-8:00 坐禅 2、8:00-8:10 経行、

8:10-8:20 坐禅 3、8:20-8:30 ラジオ体操・スクワット

終了後は居士寮にて、抹茶で座談 8:50解散

 

緊急事態宣言の外出自粛が叫ばれる中、運動不足解消のために朝の座禅会ではラジオ体操とスクワットをやっている。

読経の代わりにやるようになった。

 

我々会員は数息観評点を付けている。

一息、一息を丁寧にフォローすることを心がけるようになってから数息観が深まったことを感じる。

自己採点のため甘くなったり、辛くなったりするが、次第に妥当と思える点数を付けられるようになる。

評点付けは励みになっていて良い方法だ。

とてもありがたい。

 

今日は天気も良く、清々しい気持ちで下山した。

下山の道すがら近所の木々の珍しい姿に目が留まり、いくつか写真を撮った。

 

道場の隣家の柿が小さい花を付けていた。

葉っぱの陰に隠れているので気づきにくいが、柿の実を想像できる形状だ。

花弁が柿の実のヘタになるのだろう。

 

道場の隣家の柿

 

道場の隣家の柿の花

 

天王寺正門前と左手塀の内側から外にはみ出した紅葉が実を付けている。

残念ながら、少し前に咲いたと思える花を見落としてしまった。

羽の根本の膨らんだ部分が種子だ。

熟すと羽の働きによってヒラヒラと舞うように下に落ちる。

 

天王寺の紅葉

 

天王寺の紅葉のアップ

 

天王寺の紅葉の種子

 

右側は天王寺正面のモミジ、左側は塀からはみ出しているモミジの種子で、大きさが異なる。

 

天王寺左正門右手のハゼの木に花が咲いていた。

秋になるとハゼの葉は真紅に色変わりする。

モミジよりも鮮やかだ。

黄色から赤色にいたるまでの変化、混成した状態が美しい。

 

天王寺のハゼの木

 

天王寺のハゼの花

  龍泉 (東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:07 | 東京支部 | comments(0) | - |
房総支部令和2年度第一回参禅会の案内(訂正版)

JUGEMテーマ:

 

人間禅会員各位

 

新型コロナウイルス感染も終息に向かいつつあり、各地で参禅会等の開催が企画されています。

先頃房総支部令和2年度第一回参禅会の日程を変更の上案内させていただきました。

その後、本年度よりご担当の葆光庵名誉総裁老師から参禅の機会を増やすご指示を頂き、日課を変更させていただきました。

変更後の日課表参加票を添付いたします。

 

 

6月13日(土)は午後4時から静座開始になります。

午後5時から参禅ですが、これは「総参」になりました。

ご参加頂く方全員の参禅が必須になりますので、しっかりと工夫の上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

14日午後8時より二度目の参禅があり、翌日は午前6時30分と10時に参禅があります。

当初10時の参禅は「初関の会(黒絡子未満の方のみの参禅可)」でしたが、参加者全員の参禅が許されました。

その後10時45分から「御垂示」を頂ける予定になっております。

昼からは中庭でバーべキュ―懇親会を予定しています。

 

先頃の総務長よりのお知らせ「新型コロナウイルスに対する道場行事(静座会を含む)開催時の注意点について」に準拠して開催します。

マスクと足袋ないしは靴下の着用は必須となりましたので各自ご持参の程お願い申しあげます。

多少は房総道場で準備しますが、数に限りがありますのでご協力の程お願い申し上げます。

 

参加費は

懇親会も参加する方 2000円

それ以外の方 1000円

になります。

 

参加票返信先

 小林一徹居士bjdkd866@ybb.ne.jp

 

首都圏近郊で久しぶりに開催される参禅の機会の一つです。

多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ご体調にご留意頂き参加くださいますようご案内申し上げます。

合掌

 房総支部長 仲野嶢山 拝

 

 

日課表(PDF) ・ 参加表(PDF)

 

参加表はPDFからエクセルファイルに変換して返信先へご送信ください。

変換の方法は「PDFファイルをエクセルファイルに変換する方法」に載せてありますので、ご参考にどうぞ。

#参禅案内

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 19:51 | 房総支部 | comments(0) | - |
夜中の板木ー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

夜中に「パン」と板木の音がした。
あれ? 摂心中だったかと一瞬思って目を覚ました。
音はそれきり。
時計を見ると12時だ。
誰かいたずらで玄関の戸を叩いたか?
猪、鹿は夜中、わがものがおで往来するが戸は叩かないだろう。
わかった。
杉の木造なので、この頃の寒暖差の激しい時は収縮して軋む。
パシッ、ピシッが多いが、パンもあり、だ。

 

木造の山小屋(神戸)

 

京都の娘の旦那は、一人でいて怖くないですか? と聞く。
金目のものは100kgはある薪ストーブくらい。
襲う人はないと思う。
戸締まりはしっかりしている。

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:42 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
妻の記憶ー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

妻が亡くなって5年が過ぎた。

これほどの無常はない。

娘の出産の世話をし、続いて神戸禅会を立ち上げたので、やることがあり今に至る。
亡くなるひと月前にキリスト教に入りたいと言われ、駅近くにプロテスタントの教会があるのを思い出した。

土曜の夕方、翌日の礼拝の準備をされていたが、願いを聞き入れてくれた。

妻はマリアさまのようです、と説得した。

ホスピスに5回足を運ばれ、洗礼も受けた。

教会の葬儀は荘厳であり、故人に焦点を当てるのでよい。

山小屋を建てる時(※10人の仲間で土地を購入)、あとの9人は奥さんに反対された。

壁面をガラス張りにして、フラダンスの練習スタジオにすることでOKをもらった。

与作のように私は木を切り妻は踊った。

 

山小屋のガラス張り壁面

 

今寝る前に、いやでも老醜の躰が映る。

それも現実直視でいいか!?

 

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:45 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
〜オンライン座禅への誘い〜

JUGEMテーマ:

 

 皆さまごきげんよう! 青年部の粕谷玉道です。
 2週間ほど前から、岳南支部の鈴木一渓居士が主宰しているオンライン早朝座禅会に参加しております。
 毎朝5時から1炷香です。現在のところ、三重の津、熱海、伊豆など様々なところから参加があります。
「自分で坐(座)ってるから」「自分のペースもあるし、NO.Thank you」て言われるかもしれませんが、一度ぜひご参加ください!
 さすがに、リアル座禅会には及ばないかもしれませんが、「みんなと時間を共有している」「一体感を感じる」「みんな来ているから定刻にいかなきゃ!」そういう思いが出てきて、これまでの一人のときとは違う感覚が芽生えてきています。今は、明日のオンライン座禅会が楽しみな毎日です。
 いやあ、本部道場に住み込みで塾生だった頃を思い出します。今考えたら、老師や道友と一緒に毎日坐(座)ることができた有難すぎる二度とない環境でした。
 やはり、みんなと一緒に座禅の時間を共有できる、かつ、遠近に関わらず、何なら、国が違っても距離を超えて、共有できる有難さ!
 みなさんも一度参加してみませんか? 一緒に熱い朝を過ごしましょう!

 

以下のURLから入ることができます。
https://zoom.us/j/93287563101?pwd=VzRUUWszTVNTem5SOTREdTNmK0t2QT09

 

PR用に、5分間座禅動画を一渓居士が毎日作成しています。

 

 

 

中央支部 #青年部

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 06:03 | 中央支部 | comments(0) | - |
また山小屋に避難ー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

出かける時にメールをチェックしたら本部から会議資料が届いていた。
20日締め切りなので、まあいいか、と出た。

山小屋はテレビ・新聞がないのでのんびりする。
毎年80日を目標にしているが、今年はコロナで禅の行事がなく、47日滞在している。
緊急事態の避難所にもなる。
食糧難の時も地元に若干の知り合いもいるので頼りになるかもしれない。

 

山小屋(神戸禅会)

禅の活動の再開に備えていこう。
まずは座り込むことだ。
朝晩45分の静座(座禅)の質を上げることだ。

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:46 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
「房総道場の静坐会(座禅会)と作務について近況」20200511房総支部 

JUGEMテーマ:

 

このところ新型コロナウイルスもようやく感染者減少の動きがあり、徐々に制限解除されつつありますが、ここ房総道場の日曜座禅会は4月以降会員を中心に毎回5〜7名の参加者で継続して実施しております。

 

月初めの作務日が2回続けて中止になった関係で、このところ雑草が目立つようになってきました。

それでもこの間、4月26日緝煕寮裏の杉林での竹の子堀りの最中、幹が途中から裂けて折れかかっている杉を発見、早速抱石庵老居士の計らいで次週5月3日静坐(座禅)の後、有志で伐採及びその後の軽トラでの運搬等手際よく短時間で終了したことでした。

 

房総道場の維持管理は上から言われるまでもなく、何人かが自主的に”自分たちの道場”という意識で作務をやっていただいております。

前置きが長くなりましたが、5月は17日、24日、31日と3回日曜座禅会が内々で実施されます。

それぞれ無理のない範囲で、たとえ30分でも玄関周り、中庭、隠寮への通路等の雑草取りを呼びかけしたいと思います。

  合掌  東上床 鉄心(房総支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:25 | 房総支部 | comments(0) | - |
房総道場の中庭を眺めながらの静座(座禅)

JUGEMテーマ:

 

先日、房総支部設立60周年記念事業として実施された道場施設の改修工事について報告させていただきました。

今回は改修直後の木の香り溢れる渡り廊下での静座のお話をさせて頂きます。

 

ある日の昼下がり、新しく出来上がったが渡り廊下の縁段で一人座っていました(写真 法

 

ゝ抃銅爾留鐫
ゝ抃銅爾留鐫

 

程よい強さの陽の光が降り注ぎ、柔らかい風が新緑の香りを運んできます(写真◆法

 

⊃林
⊃林

 

無数の小鳥たちのささやく様な声が耳に心地よいです。

三昧になり切ったというよりは自然の一部になり切って溶けてしまったような、自他の畔が切れたような何とも言えない感覚です。

本当に贅沢な静座の時間を満喫していました。

万物と我と一体とはこんな感じかと時間を忘れて座っていました。

30分位経った頃でしょうか、まるで阿鼻叫喚のような雉の一声が頭上で突如響き渡りました。

なんと疑似したら正確なのかわかりませんが、雉のあの甲高い「ギャー」という声が頭上で爆発音のように聴こえました。

集中して座っていたと思うのですが、その瞬間体中の筋肉が同期して収縮しピョーンと体が飛び上がりました。

臨済の一喝ならぬ雉の一喝でした。

かなり修行が進んだ瓦集第175則から続けざまに臨済禅師にまつわる公案が続くのは何故なのか?

何か耕雲庵老大師の隠された意図があるのかとここ数週間思いを馳せていたのですが、この雉の一喝が見事にこんな疑念を吹き飛ばしてくれました。

 

ふと我に返ると、陽の光、柔らかい風、新緑の香りは依然と続いています。

ただ、目の前の中庭に眼をやると見事に草ボウボウです(写真)。

 

A韆々の中庭
A韆々の中庭

 

コロナウイルス騒動の影響で作務ができずにこんな有様です。

そう言えば山門の周囲も草ボウボウだったと思いだしました(写真ぁ法

 

ち韆々の山門
ち韆々の山門

 

「そうだ、この草を刈ろう。」

この草を刈ったらさぞや気持ちよいだろうなーとつくづく感じました。

新緑も、風も、小鳥もこの草刈りの気持ち良さにはかなうまい。

ただ、楽しみはまたこんど。

今日は用事があるので帰るとして、今後の作務の段取りが「また楽しからずや。」と家路を急ぎました。

 

こんな贅沢な時間を満喫させて頂いて新型コロナウイルスに感謝です。

もうしばらく世の中は大変でしょうが、今だからこそできる工夫もあります。

「毎日が楽しいよ。」と心から納得のいける一日一日を過ごしていきたいものです。

  仲野嶢山(房総支部) 

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:42 | 房総支部 | comments(0) | - |
イベント開催についてー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

六アイのバラ祭りの当番だ。
満開には少し早い。
コロナで接触は避け、聞かれたら答えるようにしたい。
禅もあって時たまの活動参加だ。

 

六アイのバラ


イベント開催の決定に悩む。
6月6日に寺子屋座禅会を計画している。
案内・広報は2週間前に始めたい。
吉村知事のおかげで出口が見え出した。

大阪府なら少人数のイベント開催の自粛解除が今月内に出るだろう
兵庫県は基幹病院の院内感染が終わったばかり。
自粛は5月いっぱいかかると見ている。

来られる人の心理状態を考えて、先走りと見られたら意味がない。
中止の決定がよさそうではある。
あと1週間の様子を見よう。

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:35 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
房総支部設立60周年記念事業としての道場施設一部改修工事の報告

JUGEMテーマ:

 

令和2年で房総支部は設立60周年を迎えます。

60周年記念摂心会と記念式、祝賀会は令和3年度に予定されています。

これらに関しましては詳細が決まりましたら再度連絡させていただきます。

記念式に先立ちまして設立60周年記念事業として、道場施設の改修工事が無事済みました。

房総道場にお見えになられた方が以前との違いに戸惑われないように前もってお知らせ申し上げます。

 

会員が通常出入り口として使っていた旧居士寮の中庭側軒先の縁段を広く板張りにし、渡り廊下を新たに作り板塀で覆いました(写真 ↓◆法

ゝ抃銅次ε呂袁下外景
ゝ抃銅次ε呂袁下外景

 

渡り廊下
渡り廊下
  • 渡り廊下を降りた突き当りが居士寮です。
    居士寮の出入りに便利なように渡り廊下を降りた所、居士寮手前に出入り口を作りました。
    正面玄関からの出入りも今まで通りOKですが、居士寮まで距離がありますので駐車場から出入りする際にはこちらの出入り口が便利です(写真)。
5鏤領斉り口
5鏤領斉り口
  • 以前コンピュータールームと称していた部屋を居士寮にしました。
    こちらで着替えをします。
    荷物置き場にもなっています(写真ぁ法
た卦鏤領
た卦鏤領
  • 旧居士寮を休憩室にしました。
    作務後の休憩、少人数の時の食事場所としても使う予定です。
    新到者の受付や説明にも使いますし、外部との連絡用にインターネットに接続したPCも準備してあります(写真ァ法
サ抃銅
サ抃銅

 

以下の部屋は今まで通りですが、玄関(写真Α砲ら入った廊下に閲覧用の書籍棚を設け、居士寮には総北五葉塾にあった全集や写真集を置いてあります。

 

Ω軸愾
Ω軸愾
  • 書見室

玄関を入り左側の部屋。
簡易テーブル4人分が用意されております。
必要に応じてご自由にお使いください。
人間禅関連の書籍以外にもかなり充実した禅関連の書籍を取り揃えてあります。

  • 禅子寮

書見室の次の部屋が禅子寮です。

  • 茶室

緝煕寮の真ん中の和室を昨年お茶室として整備しました。
摂心会中のお茶席として使います。
茶道部の練習、茶道関係者のお稽古にも開放しています。
時に新到者の指導、抱石庵老居士による面談にも使うことがあります。

 

隠寮はもちろんの事、禅堂、居士寮、禅子寮、休憩室、書見室、茶室にもエアコンを設置しました。

房総道場は寒熱地獄のようだと言われた時代もありましたが、かなり凌ぎやすくなりました。

しかし、磨甎庵老師がご担当されていた頃からの厳しい禅堂の雰囲気は今に続いています。

現在、新型コロナウイルス感染拡大で大変な時期ですが、感染が終息し全国から多くの道友の皆様が集い、新たな道場施設を有効に利用して活気あふれる摂心会ができることを期待しています。

皆様のお出でを心よりお待ち申し上げます。

  合掌 (房総支部) 仲野嶢山

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:30 | 房総支部 | comments(0) | - |
部屋を整理する―瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

TVをつけたらコロナで活躍した政治家ランキングが出ており、

吉村、小池、安倍、佐藤と。佐藤は私の評価と違った。

リビングと何用と言えない小部屋の二つは、床に何も置かないようにしていた。

最後の寝室の整理をした。

 

寝室の整理

 

娘が帰ってきた時に必要なベッドの木枠を横にして壁に沿わせた。

整理ケースが4つあり半分にしたいが、中身の整理が進まない。

コロナでやることがないなか、家の断捨離に取り組んだ人も多かったと思う。

モノを少なくするのは、私のように老人で探し物に苦労するのを防いでくれる。

 

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:55 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
コロナの出口−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

コロナの緊急事態宣言が1ヶ月延長されたが、

宮城県は解除、大阪府も指標を独自に示した上で15日の部分解除が見えてきている。

危機の時は、指導者の実力が露わになる。

小池、吉村、黒岩、仁木など評価できる。

宮城県知事は震災時も水際だっていた。

危機には自衛隊だ。

地元兵庫は知事が老けており対策が後手。

病院の院内感染が多く全国7位の感染者数だ。

山中教授の見立てがよい。

1年かかるのを前提に、正しく恐れる段階から、今は共存を図る段階だ。

あと2週間で潮目が変わるのを期待する。

 

木戸開善(神戸禅会)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 17:37 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
こんな時だからこその公案工夫を

JUGEMテーマ:

 

新型コロナウイルス感染に関する非常事態宣言の中、行動が制限され思うように活動できませんが、逆に考えると比較的時間にゆとりのある生活ができるようになりました。

3月末までは首都圏およびその周辺で、毎月2回から3回摂心会や参禅会が開催されていました。

多い時には毎週末何らかの座禅関連の行事が開催されていました。

そうした会に参加させていただき、参禅できることは禅の修行をする者にとって非常に有難いことです。

しかしこの2ヶ月そうした機会がなくなり、主に自宅での一日一炷香が活動の中心になっています。

こんな中普段なかなか時間を割けない工夫を今だからこそやることについて話題を提供したいと思います。

 

私が座禅を始めた昭和60年頃は、なかなかうんちくのある示唆に富んだお話をして下さる大ベテランが沢山おられて、懇親会や例会の後にいろいろお話を聞かせて下さいました。

その中から2点紹介いたします。

 

まずは一度見た則の見直しをじっくりやることです。

普段からそうあるべきですが、時間に余裕がある時には極めて有意義なこと思われます。

 

耕雲庵老大師の著書の中に、白隠禅師が30年間ある則を見誤っていたと述懐しているくだりがあります。

その違いが理解できないくらい高く、深いレベルと思われますが、500年間出と言われる方が反省されるお姿に触れると、禅の深さに改めて感じ入ります。

 

耕雲庵老大師も時々ご自身が後に気づいた公案の見誤りを訂正されていることがあります。

15年間すっきりしなかったことが合点がいったというような表現をされています。

何度も繰り返し工夫し直すことの意味を深く感じます。

 

磨甎庵老師が晩年、「日面佛、月面佛」や「麻三斤」の則を再度工夫され、まさにその神髄に触れた際の述懐は、御提唱で聞いたり、「磨甎」の本の中で拝読するとその凄まじさに我々も感動を覚えます。

 

葆光庵老師も御提唱や著書の中で「この則の奥深さに再度気付かされた。」とおっしゃることが何度もありました。

 

我々が室内で公案を許されたとしても、その透過のレベルにはかなり高低があります。

「この則をしっかり味わい直すように。」「この則はあとあと深い味わいになるぞ。」と老師に言われて後日ゆっくり味わい直そうと思っていても、なかなかできずに目の前の公案のみに夢中になってしまっています。

時には「この著語が見えるか?しっかり調べておくように。」と指示されても、なかなか調べ直し味わい直す機会を逸してしまいがちです。

 

時には老師御自身が「最初はこれがどういうことか私も見えなかった。」「私も何度行っても全然見えなかった。」と述懐されることがあります。

それ程200則の公案の一つ一つの重みはすごいものがあります。

おそらく何度見直しても見損ねていた深い味わいに気づかされるはずです。

 

祖師方や老師方のレベルには及ぶべくもありませんが、許された則を見直すことは極めて有意義なことと思われます。

その際に英文瓦筅集を活用すると公案の内容が良くわかることがあります。

英文ですと主語と述語が明示されますのではっきりと筋が見えるようになります。

私は英文瓦筅集を見るまで公案の中の主語を全く取り違えていたことが何度もありました。

よくまあこんなんで許されたものだと自分にあきれるような発見があります。

耕雲庵老大師が書かれた提唱録も改めて読み直すと、当初わからなかったことがすっきりすることが多いです。

 

2つ目は、今見ている則の前後五則を常に工夫しておくことです。

摂心会や参禅会の行事が続くと、目の前の公案だけにしか注意を払えず、大局的に見る目がなくなりやすいものです。

「これは前の則の類則じゃ。何ぼやぼやしてるんじゃ。」と怒鳴られても、前の則との関連に気配りなどできないこともあります。

座禅を始めて間もない頃、新潟支部からいらした大先輩から指導されたことですが、如々庵老師から今見ている則の前後五則を常に工夫しておくに指導されているとおっしゃっていました。

普段からそうした公案の工夫をしていると、公案を覚えていないので参禅できないということがなくなるはずです。

公案を覚えていないので参禅をパスするのは非常にもったいないことです。

「一回の参禅でも無駄にしてはいけない。」と葆光庵老師が常々おっしゃっています。

肝に銘じるべきです。

 

鎮西道場で実際にあった話として伺ったことがあります。

摂心会の円了懇親会でしこたま飲んで爆睡していた円了日翌朝に、雲龍庵老師が板木を鳴らしてその後総参になったそうです。

「最後の参禅で通ったのでまだ新しい公案を見ていない。」と慌てて瓦筅集を見始めた人が何人かいたそうです。

常に先の数則の公案に対する工夫をしておくことが大切です。

 

葆光庵老師が茨城支部長だった頃、参禅を2回連続でパスすると引っ張り出されたものです。

「若いうちは参禅の2回連続パスは許さん。」と言って戒められました。

また、参禅で自分の番が来てパスした後、集中が切れたような静座をしていると「チンと鳴るまで工夫を緩めるな。」とお叱りを受けました。

 

許された則を折に触れ見直すこと、今見ている則の前後5則を常に工夫することは実に大切な修行に取り組む姿勢です。

自分が新到者の指導をする立場になって改めて、先輩方から受けた指導の有難さを身に染みて感じています。

親鸞上人は「教行信証」化身土巻の中で「さきに生ぜんものは、のちをみちびき、のちに生ぜんものは、さきをとぶらひ、連続無窮にしてねがはくは休止せざらしめんと欲す。」と言っています。

「仏祖の慧命を永遠に進展せしめる。」という人間禅の高い理想実現の手始めに、先輩方の貴重なアドバイスを後につないで、そのご恩に報いるよう心したいと思います。

  仲野嶢山(房総支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:39 | 房総支部 | comments(0) | - |
季節を感じる木々の香り

JUGEMテーマ:

 

擇木道場で早朝座禅会を始めてから5年になる。

在職中は自宅で坐ってから出勤していたが、日暮里は交通中継駅なので、道場で坐ろうと決めて早朝座禅会を立ち上げた。

広い禅堂で坐るのは気分が良く、集中できる。

幸い自宅が近いので、その恩恵にあずからせてもらっている。

最初は私一人だけだったが東京支部のメンバが5名加わるようになった。

一般の方も参加することがある。

外出自粛の現在、一緒に座っているのは近所にお住いの支部員だけです。

窓を開放し、マスク着用で坐っている。

 

今日は、坐る前に真向法、6:00-7:00坐禅、その後はラジオ体操とスクワット40回やった。

明日から仕事があるが、今後も同じメニューで進めていく。

 

天王寺のくぬぎ

 

帰宅の折、紅葉坂に至って独特の匂いに気づいた。

毎年この時期に薫るクヌギの花だ。

花が終わると、糸状の枯れ花が地面にたくさん落ちる。

その掃除はやっかいだ。

箒に絡まるため収集しにくい。

秋になるとどんぐりがたくさん落ちることになる。

嘗て、新宿御苑で催した俳句会で作った俳句を思い出した。

むせかえる くぬぎの香り 杜の息   

  龍泉(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 16:04 | 東京支部 | comments(0) | - |
朝の行動は作務そのものー瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

自粛要請の延長の見極めと中止になった本部会議資料のチェックで土曜から六アイにいる。
何となく落ち着かずブログも久しぶりだ。

この前、朝の行動を書いた。
静座。読経。抹茶を点てる。朝食と
それぞれに作務の要素があり、
段取り・真剣・尻ぬぐいがある。

布団の片付けでも旅館のやり方は参考になる。
洗濯に回す段取りもある。
抹茶は段取り・後始末で細かい作法があり、丁寧が大事。

 

茶道 お点前 風炉


独り身だから食事も手間がいる。
朝なら春キャベツ、リンゴ、バナナ、トマト。
ミルクにヨーグルト(蜂蜜)パン、バター、コーヒーだ。
できる限り能勢の地のもの。
テラスで風と緑も味わう。

効率・優先順位・成果を離れ目の前にあることに集中し丁寧にこなす。
これこそ禅では、ないかと思う。

木戸開善(神戸禅会) #茶道部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:26 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
東京荻窪支部での一泊参禅会報告

JUGEMテーマ:

 

4月24・25日に東京荻窪支部で一泊参禅会を実施しました。

開催するかどうか迷いはありましたが、参禅の機会を無駄にはできないという思いから、コロナウイルス感染防止策を徹底・参禅の仕方も工夫した上で、担当師家に開催のお願いをし、結果的には開催できて良かったと思っています。

各支部道場で条件は異なるでしょうが、一つの参考にしていただければと思い、以下、参禅会の実施状況を報告いたします。

 

感染予防のための堂内でのマスク着用、手の消毒、うがいの励行、堂内での私語厳禁は当然のことですが、互いの接触を極力避けるために、原則宿泊なし、懇親会なし、朝のお茶会なしで、とにかく静座・参禅のみに徹底することといたしました。

 

また、東京荻窪支部は、本部道場や擇木道場と異なり、普通の民家を道場に使用しているため、静座場所としては、せいぜい14畳程度の広さしかありません。

そこで、一度に座る会場内の人数を5、6人以内に押さえるために、参禅回数を通常の2回から3回に増やした上で、事前に参加者に参加希望時間を聞きとることで参加人数を調整することとし、また宿泊を禁止したことから、翌朝の静座開始時間を遅らせることとしました。

具体的には、仝畍5時静座、6時参禅 6時30分静座、7時15分参禅 M眥7時30分静座、8時参禅というスケジュールでした。

 

参禅時には、老師にもマスクを着用していただいた上、拝座の位置をできるだけ老師から遠ざけるとともに、公案の拈呈は、原則として師家に声が届く程度の声にしました。

 

結果的に、勤務先からの指示や家庭内の事情から参加できない会員もいましたが、他支部会員も含めて6名が参加しました。

普段の参禅会より少ない人数ではありますが、みな真剣に参禅弁道することができ、あとから、参禅ができて本当によかったとメールをくださった会員もいらっしゃいました。

 

静座と参禅のみというシンプルな一泊参禅会で、懇親会がないのは少々寂しくもありましたが、他人との接触を極力避け、黙々と役位をこなしつつ、公案の工夫により一層専念することができたように思います。

 

さらに、土曜日午前9時からの静座会に最近参加されている新到者の方に対し、老師に時間をかけて面談していただくこともできました。

老師がおいでになるのが年4回の摂心のみでは、新到者の方に面談いただく機会が少なく、年数回の一泊参禅会の機会は大変貴重であり、そのような機会を持てたことも大きな収穫でした。

 

3月の摂心以後、東京荻窪支部会員が集まる機会はめっきり少なくなり、現在、毎週木曜日の荻窪剣道場は閉鎖となり、善福寺清明庵での毎週土曜日の静座会は、45分間の静座のみを継続しています。

その代わりに、静座会に参加できない会員同士で、毎日の静座時間をライングループで報告することもはじめています。

 

緊急事態宣言が5月末まで延長され、しばらく自粛生活が続くことになります。

一日も早い終息を願いつつ、これまでどおり、地域に根差した坐禅道場として、清明庵の門を開けておきたいと思っています。

  合掌  香水(東京荻窪支部) #参禅報告

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 20:23 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |