ブログ内検索
「人間禅」全国からの座禅修行を報告します
全国で座禅会を開催中!
詳しくは→ https://r.goope.jp/ningenzen1948/
桃李一蹊の春(中央支部 茶道部)

JUGEMテーマ:

 

ご巡錫の合間を縫って、名誉総裁(葆光庵丸川春潭老師)は北寮に泊まられた翌朝、日課のお茶を点てられます。

 

 

 

この日、床の間には如々庵芳賀洞然老師の書「桃李一春」。

菓子は、くるみの入った西洋風の菓子で桜の絵が描かれた絵懐紙が綺麗でした。

茶碗は、亭主葆光庵丸川春潭名誉総裁老師お手製。

赤い茶碗には濃い抹茶の緑が映えます。

花は、一子椿に黒芽柳。

まさしく春を満喫、二服いただき、美味しゅうございました。

 

 

 

  剣外(中央支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 01:05 | 中央支部 | comments(0) | - |
坐TEN to FIVE は予定通り開催します(於 擇木道場)

JUGEMテーマ:

 

コロナウイルスの感染状況が気になるところではありますが、換気等充分に注意しながら座りたいと思います。

今回の直日は、支部長の林翠松禅子です。

日課表、注意事項等まとめて下さいました。

また一段と気合の入った、充実した坐の一日になりそうです。

ご自宅での一炷香をより深いものとするにも、良い機会となります。

是非ご参加ください。

また、次年度5月からの坐10−5の日程表を最後に記しました。

ご覧ください。

妙玲 拝 (東京支部)

 

 

第15回 坐Ten to Five

令和2年4月1日(水) 於擇木道場

 

直日担当:林 翠松

 

日課表

10:00〜11:40 坐禅(45分)・経行・坐禅(45分)・休憩(5分)

 

11:40〜11:55 読経(15分)

 

12:00〜14:00 昼食・午睡(2時間)

 

14:10〜16:00 坐禅(45分)・経行・坐禅(45分)・休憩(15分)

 

16:00〜17:00 坐禅(1時間)

 

終了後の茶話会は新型コロナウィルス感染予防のために中止する場合があります。

(19:00〜20:00水曜夜座禅会:通常通り行います。)

 

注意事項

.泪好着用。

⊆蠕い後の手拭きは各自のハンカチで。

4控い謀悗瓩

じ澆い烹m 以上の距離確保。

    

 

 

2020年度 坐10−5の予定

(急遽変更の場合もありますので、ホームページでの確認をお願い致します。)

5月13日(水)

6月17日(水)

7月 1日(水)

8月10日()祭日

9月16日(水)

10月4日(

11月11日(水)

12月9日(水)

1月11日()祭日

2月23日()祭日

3月24日(水)

4月 7日(水)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 00:27 | 東京支部 | comments(0) | - |
房総支部摂心会円了日の茶席(茶道部)

JUGEMテーマ:

 

房総支部の摂心会はコロナウイルス騒ぎがあって期間を短縮しての開催でしたが、好天に恵まれたせいもあってか、平生よりも寧ろ気合も入って、終わってみればなんのことはなく、「大変気持ちの良い摂心会であった」との円了垂示を頂いたほどでした。

 

円了日のお茶席は、名誉会員の裏千家准教授宮近先生とその社中が担当してくださいました。

前日お昼から夕刻までかけてお茶室内外の清掃、特に露地は念入りに、そこまでやられるのか! 小さな雑草までもなくなって見違えるほどになりました。 

お花、お軸の準備など万端整えられてご下山。

当日は6時前には入山され更に入念な準備の後、お茶席の時を待たれました。

 

 

コロナウイルスへの心配もあってご相伴にあずかられたのは5名。

亭主を務められたのは社中の一心居士。

私どもの道友でもあり何度かのお茶席で半東は経験済みですが亭主としては今回が初デビュー。

当初は流石に緊張のほどが伝わってきましたが点前の進むに従って滑らかに、しかもゆったりとして、きめ細やかな大変おいしいお茶を点てて下さいました。

 

【床飾り】

・軸:『一華開五葉』福寿院佐藤朴堂老師の墨蹟

・扇子:『令春』名誉総裁から贈られたもの

・香合:笠牛(かさぎゅう)交跡焼 手塚祥堂造

・花器:志野焼 緝熙庵老禅子御好み

・花:はなずおう(花蘇芳) と白玉絞椿 抱石庵老居士邸からの頂きもの

 

【お菓子】

「吉祥」  熱海・間瀬製 

岳南支部記念行事に参加の支部長のお土産

 

 

宮近先生及び社中はお茶席の後、朝食、作務、静座、参禅、円了茶礼そして記念撮影と通常の摂心会の日程を会員と一緒になってこなされ、最後に下山される老師に花束を贈呈されました。

宮近先生については、『禅』誌68号に支部便りとして「宮近邸での初釜」を掲載しましたのでご一読下頂けますれば幸いです。

  房総支部(茶道部)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:08 | 房総支部 | comments(0) | - |
座禅の後に見る桜は格別

JUGEMテーマ:

 

桜が咲き始めました、急激に。

擇木道場での女性部座禅会は土曜9時半から10時半です。

新型コロナウイルスのこともあり、換気は充分にしたいと考えたため、禅堂の窓を開け放って座禅をしました。

少し肌寒いような、それでいて春独特の柔らかさが感じられる風が禅堂に入ってきます

ほぼ貸し切り!という贅沢な状態。

 

 

いつもなら25分ほど座禅をしたら5分休憩を入れるのですが、今日は会員だけということで休憩を入れずに座禅をしました。

人間禅での一烓香(座禅の1クール)は45分です。

60分だと若干長めではありますが、できないことはありません。

私は休憩で集中が途切れるより、長い時間座る方が好きだったりします。

座り慣れていない方がいる時はさすがにできないですが。

 

集中的に座りたい!と思っている方には「坐 10-5」がおすすめ。

 

この時期は、歩いていると桜だけでなく、あちらこちらに花が咲いていてついつい歩調がゆっくりになりがちです。

座禅をした後の谷中散歩が心地よい季節になりました。

  合掌 翡翠(東京支部)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 14:17 | 東京支部 | comments(0) | - |
【木蓮の摂心会】

JUGEMテーマ:

 

2020年3月4日〜8日愛知県知多半島の先っぽ南知多町にある

大宝寺もくれん会館に於いて摂心会が開催されました。

 

新コロナウィルス問題で開催が危ぶまれ、悩みましたが、こういう時こそ修行に専念すべきではないか?また日頃、結制茶礼(始まりの式)には「戸板に担がれてでも来い!と言われておる!」という先輩がたの指導(現代では通じないかも知れませんが)からすると…

「まだ戸板に担がれてないしな」という判断もあり(笑)開催に至りました。

 

「やります」という老師の一声は修行者にとっては大変ありがたく

遠路はるばる危険に晒されながらご指導にきてくださる老師の為にも例え1人でもやるぞ〜という強い信念のもと、いや、もしかして誰もこないんじゃね?来なくてもやるしかないよね?という諦めのもと(笑)迎えた摂心会。

しかし、ああ、しかし修行者って素晴らしい!木蓮も喜んで咲いちゃいそう!

「花つぼむ 木蓮の寺 道友(とも)集ふ」大剣

 

迎えた結制茶礼は人数こそ少ないものの皆さん顔を揃えて下さり、関西支部からも三重からも勿論豊橋、名古屋、そして岳南からの参加もあり少ない人数ながらも充実した摂心会でした。

 

「結制を迎えたら、もうそこからは外とは違う世界なんだよ」ととある老師が以前教えてくださいました。

 

坐禅、作務、参禅、道友たちと共に。

摂心会の最中はおしゃべりに花が咲いたり、賑やかだったりしません。

明るい穏やかな雰囲気を想像しておられる方もいるかも知れませんが、決してそうではありません。

もしかすると、ピリピリしている厳しい雰囲気に思われる方もいるかと。

その通り、厳しいんです!

だって集中しまくってますから、真剣ですから。

「参禅で 振られるごとに 咲く木蓮」春潭

 

でも、決して居心地が悪いわけではなく、雰囲気が悪いわけではなく(側から見ると悪そうに見えますが)仲が悪いわけではなく、みなさんお互いを信頼して励まし合って支え合って修行に励んでいるのであります。

「禅堂に 燈明(あかり)を灯す 白木蓮」滋樹

 

そんな厳しい修行期間の中で解き放たれちゃうのが懇親会。

この場は和やかに、賑やかに。

今回は急遽、「木蓮」をお題に俳句大会も。

↑貼り出された句を皆で選句中。

夜は更けて…

「木蓮と 禅堂照らす おぼろ月」龍雲

 

優勝者には知多禅会特別賞品『龍雲居士による本格マッサージ&鍼灸』

これまた素晴らしい、そして嬉しい賞品!

「縁切りの 風を見上げる 白木蓮」玉風

ハイ、マッサージしてもらいましたよ〜!気持ちよかった〜!

 

会場に使わせて頂いている大宝寺さんは木蓮が有名で別名もくれん寺といわれていて、なんと縁切り寺。

そして今時携帯の電波が届かないという珍しい場所。

日常を断ち切って修行に徹するのにはもってこいの場所です。

今年は暖かい日が続いたので例年より早く、まるで摂心会に合わせてくれたみたいに蕾がつき始め。摂心会中もこの季節には暖かい日が続き、

次々と蕾が膨らみ…

「咲き始め 怒涛の如く 白木蓮」春潭

 

↓参禅室横の窓から押し寄せるように木蓮の蕾たちが。

講演会は葆光庵老師のご紹介で松岡滋樹氏を迎え

『いつまでも豊かな人生を』と題し、松岡氏の豊かな知識と経験を語って頂き松岡氏のお人柄を表すような味わい深い人生を送るコツをお話し頂きました。

 

木蓮と共に過ごした4泊5日の三昧の日々。

世間ではコロナ騒動の中での開催でしたが、摂心会はいたって粛々と営まれました。

いつもながら濃い毎日でしたが、体調を崩した方もなく無事円了できました。

コロナ騒動も早く落ち着いてほしいものです。

 

願いを込めて

「世の騒ぎ 白木蓮に 収束す」芳光

次回知多禅会の摂心会は6月24日〜28日の予定です。

是非知多半島へお越しください。

 

↓最後にお茶席でのいちご大福

それではまた。

合掌

 知多禅会 河口玉風

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 09:25 | 知多禅会 | comments(0) | - |
ある日の座禅会風景(房総支部3月8日)

JUGEMテーマ:

 

いよいよ新型コロナウイルスのパンデミック宣言がされました。

千葉大学医学部ウイルス学講座で学位を取得した経緯もありますので、若干の専門家としての知見も交えてある日の座禅風景を報告させていただきます。

 

WHOのパンデミック宣言は、新型コロナウイルス感染の広がりをコントロールできないとのギブアップ宣言と捉えます。

今後は感染者を如何に重症化させないようにするか、感染拡大による社会的混乱を如何に抑えるかが重点事項になります

 

こんな中でも人間禅房総道場の日曜座禅会には18名の参加者がありました。

さすがに新到者からの参加申し込みはなく、会員17名、名誉会員1名による45分間の座禅、読経、1時間の作務で午前中で閉会になりました。

写真をご覧いただければ静座の工夫がわかると思います。

新型コロナウイルスの感染は、ほとんどが飛沫感染と接触感染と言われています。

空気感染はしないと言われていますので、咳やくしゃみの飛沫が飛び散る1m以内は感染の危険があります。

今回は畳一畳に1人づつ、また前後の間隔を空けて座りました。

マスクをつけて座っている方も半数近くいました。

残念ながらウイルスはマスクをすり抜けてしましまいますが、飛沫はマスク表面でブロックできます。

その飛沫内のウイルスは時間が立てば吸気により吸入されてしまいますが、マスクをつければウイルス吸入量を減らすことはできると思います

また、1時間に一回程度でも換気することで、密室状態を作らずに済みます。

診療所では換気扇をつけ、空気清浄機をフル回転する対策を取っています。

 

(巖幽庵老居士撮影)

 

今回の作務は感染予防対策について、道場内でできる方法を可能な限り実施しました。

普段あまり気にしない所ですが、扉、ドア、サッシ、襖、電気のスイッチ等の手を付ける部分の徹底的なふき取りを実施しました。

ウイルス感染予防には、アルコールで1時間に一回程度そうした部分のふき取りをすることで、多数の方が出入りする診療所での接触感染にも多少の効果があると考えられます。

現在手指消毒用のアルコールが手に入らない状況ですので、念入りにぬぐい取るだけでも効果があると思います。

 

トイレ等でのタオルの共有使用は厳禁です。

今回朝一でトイレのタオルを外したのですが、後から入山された方が次々に気を利かせて新しいタオルをかけてくれるのでイタチごっごになりました。

衛生面での方針を徹底させる必要があります。

当分の間はマイカップも周知徹底させる必要があります。

使った茶碗類の洗浄に特別な消毒液は必要ありませんが、洗剤でしっかり洗い流して乾燥させる必要があります。

使った茶碗をさっと水で洗い、濡れたままで次の方が使用するとウイルスは感染します。

 

入山した際には、皆さんに挨拶する前に洗面所で石鹸で手をよく洗い流し、顔の表面を洗い、鼻を洗い、うがいを3回程度するだけで、外部からのウイルス持ち込みの可能性はかなり低くなると思われます。

 

新型コロナウイルスは持病のある方、高齢者にとっては重症化する可能性があります。

一方通常の免疫能がある方にとってはインフルエンザよりも軽いのではないかとの認識になりつつあります。

通常のインフルエンザでも日本では年間3000人程度がなくなっています。

現時点での新型コロナウイルスはそこまでの死亡者数にはならないだろうと思われます。

過度に恐れる必要はありませんが、今の社会情勢ですと、道場内で感染者が出るとかなり強烈なバッシングを受けることになります。

それだけは避けねばなりません。

体調不良の方、特に37.5度以上の熱のある方、倦怠感が強い方の入山は控えましょう。

残念ながらあと数週間は新型コロナウイルスの感染拡大とマスコミでの大騒ぎは続くと思います。

それらに惑わされずに、さりとて社会情勢をわきまえて行動し、普段の座禅を続けられるよう落ち着いて行動しましょう。

 合掌 房総支部 仲野嶢山(千葉市で耳鼻咽喉科診療所開設) 拝

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:07 | 房総支部 | comments(0) | - |
身についたのはしぶとさ!

JUGEMテーマ:

 

自身の定力の弱さに思い至って、量的にもしっかり座る必要を感じ、この際皆さんにもお声を掛けて一緒に座る機会を作ろうと始めた「坐10−5」も、早1年が過ぎました。

そこで、感じたことを少し書いてみたいと思います。

 

先ず、1日の坐の時間の組み立てですが、毎回工夫しながら試してきた結果、1年目にして丁度良い形が出てきたようです。(固定ではなく、回ごとの直日にお任せしますが。)

今回は以下の通りでした。

 

10時〜12時・・読経(開教の偈・般若心教)経行をはさみ坐50分2回

12時〜 1時・・昼食休憩

1時 〜 3時・・経行をはさみ坐50分2回 休憩10分

3時 〜 5時・・経行をはさみ坐50分2回 読経(観音経の偈・四弘誓願文)

5時 〜 6時・・坐終了後、茶話会自由参加

この間 体調、都合に合わせ途中入退場自由。各々座に専念することを旨とする。

 

さて、こうして長時間座ることを定期的に続ける中で何が自分の中で変化してきたかというと、坐に対するしぶとさです!

そんな事かと思われそうですが、これが案外大事だなと思うこの頃です。

 

先ずは、調身の工夫で力みが取れてきたこと。

きっと何年か続けてきたことによって座禅にふさわしい筋力が付いて来たからかもしれませんが、ずっと違和感のあった鎖骨周辺の詰まった感じを無くすことができました。

意識的にみぞおちの力を抜き、肩の力が抜けていく感覚を覚えさせて、腕の重みでなで肩になって行くような感じを掴みます。

肋間筋の柔軟な膨らみと縮みが背筋に及び、「背筋( はいきん ) の喜び!」と勝手に呼んでいるのですが、背筋と胸郭から下腹部まで胴体全体が一本の太い幹になったような、どっしりと安定した感覚が得られます。

そうすると調息の段階で、自ずと呼吸も静かに滑らかに深く、楽にできるようになりました。

その結果調心も、心を一か所に留めて置くことが容易になりました。

それまでは、集中するには鼻先が良いのか、指先か、法界定印の上か、臍下丹田は一体どこ?等々いつの間にか身体中に意識を巡らせてみたりと、心が定まらずウロウロして全く集中どころの騒ぎではない事が多かったのです。

 

このような工夫は、日々の一炷香の中でもできるものですが、私の場合時間の制約があったり、集中力が切れて、もういいかと途中で止めてしまったりと、納得するまで工夫しきれないものでもありました。

それが、この六炷香を続ける中で忍耐力が付くというか、逃げられない結果というか?眠さや雑念に襲われながらも工夫を続けて行く内に、明らかに呼吸の質の変化を自覚するようになりました。

そして現在も日々発見があり楽しみながら工夫を続けています。

 

今回の六炷香も眠さや雑念に襲われましたが、午後の少し日も傾き出した頃には、グングン集中が深くなり、いつか黄昏の中で只、息だけの世界が出現しました。

あと何時間でも座って居たい気持ちだったのですが、残念ながら時間切れ!

充足感に満たされ、有難さに包まれた一日になりました。

 

三月は、コロナウイルスの関係で止むを得ず中止となりましたが、4月1日は是非開催したいと思って居ます。

一日も早い終息を祈ります。

 

皆様、しぶとく坐の工夫を重ねる良い機会となります。

是非ご参加ください。

また、一炷香でも構いません。

ご都合に合わせおいでください。

お待ちしております。

妙玲 拝

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:05 | 東京支部 | comments(0) | - |
房総支部第178回短期摂心会案内

JUGEMテーマ:

 

人間禅会員・名誉会員各位

房総支部第178回摂心会は短期摂心会として日程を変更しての開催予定となりました。

摂心会日課表と参加票をお送りいたします。

3月18日(水)の19:30からの結制になります。

その後の日程は通常の摂心会とほとんど同じです。

21日の夕方に円了後は懇親会無しでそのまま解散になります。

短期摂心会になりましたが、千鈞庵老師に房総支部をご担当頂ける最後の摂心会です。

できるだけ多くの皆様のご参加をよろしくお願い申し上げます。

摂心会参加票返信先 連絡担当 沖野元禮 okino.tomohisa@gmail.com

なお、この後の更なる変更等が起こる可能性があります。

決まり次第再度連絡させていただきます。
合掌

房総支部長 仲野 嶢山 九拝 (房総支部)

 

日課表(PDF)

参加表(PDF)

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 18:54 | 房総支部 | comments(0) | - |
第106回八王子・第23回横浜支部合同摂心会中止のお知らせ

JUGEMテーマ:

 

106回八王子・第23回横浜支部合同摂心会中止のお知らせ

 

35日〜8日に予定しておりました八王子・横浜支部合同摂心会は、新型コロナウイルスの感染防止のため中止となりました。

感染がこれ以上拡大しないことを祈念します。

またの機会によろしくお願い致します。

 

  八王子支部 加藤紫光

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 21:00 | 八王子・横浜 | comments(0) | - |
残念ながら見送りになりました(豊前道場)

JUGEMテーマ:

 

 2月29日(土)に豊前道場で予定されていた、北九州YMCA学院留学生の坐禅研修は、世間を騒がせている新型コロナウイルス肺炎の感染拡大を防ぐため、今年は見送ることになりました。

 

 毎年この時期に「日本の文化を体験しよう」と坐禅の仕方、抹茶のお点前を体験してもらっていますが、留学生たちには大変好評で、体験後の座談会の時に道場で用意した甘い「ぜんざい」に舌鼓を打ちながら、和やかなひと時を過ごします。

 

 残念ながら今年はこの時期の開催は断念しましたが、またの機会にお会いできるのを楽しみにしております。

 

 写真は、昨年の2月21日の西日本新聞・京築版に掲載されたものです。

 

                                合掌 豊前支部
 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:26 | 豊前支部 | comments(0) | - |
第106回八王子支部・第23回横浜支部合同摂心会のご案内

JUGEMテーマ:

 

新型コロナウイルスの感染防止のため中止となりました。

 

 

第106回八王子支部・第23回横浜支部合同摂心会のご案内を申し上げます。

3月5日(木)〜8日(日)、八王子禅東院にて、千鈞庵総裁老師のご指導の下厳修されます。

摂心会にご参加される方は、加藤紫光までメールにて、下の参加表(PDF)にお名前と参加する箇所に○をしてお知らせください。

メールアドレスは

yokosk@jcom.home.ne.jp

です。

2月28日(金)までにご連絡ください。

 

日程表(PDF)

参加表(PDF)

 

結制当日の夕食は典座ではご用意せず、各自持参でお願い致します。

また、食事に用いる白布と食器拭きをご持参ください。

 

 

合掌 加藤紫光(八王子支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:06 | 八王子・横浜 | comments(0) | - |
知多名古屋豊橋壮年部合同摂心会案内

JUGEMテーマ:

 

初めまして。
の知多禅会の河口玉風です。


いきなりですが今日は知多半島で行われる摂心会のお知らせです。
知多禅会と共に名古屋支部、豊橋禅会、そして壮年部の方々と合同で行われます。
といっても初めての方には何が何だかわからないでしょうが、まぁいろんな地区と
みんなでやろう、ということです。


3月4日(水)19:30〜8日(日)15:00
詳細の日程は表をご覧ください。
7日には講演会も開かれます(下に記載の講演会PDFをご覧ください)

 

知多半島の先っぽ、南知多町にある大宝寺もくれん会館にてお待ちしております。

会場にしております「大宝寺」さまは縁切り寺として有名で、寺内は携帯の電波が

届かない、という今時珍しい場所です。

外との社会を断ち切って(笑)お越しくださいませ。

 

勿論、初心者の方、修行者の方々、会員の方、どなたもお越し頂けます。

お待ちしてまーす。

連絡先は河口玉風 090-9905-3478 tae821tae@gmail.com

 

知多(第4回)・名古屋(第19回)・豊橋(第16回)・壮年部 合同摂心会日程表

 

講演会「豊かな人生を」

 

  知多禅会

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 13:58 | 知多名古屋豊橋 | comments(0) | - |
掬水月在手

JUGEMテーマ:

 

今日のお茶席のお軸

 

 

掬水月在手

 

水を掬(きく)すれば月手に在り

 

水を掬すれば、掬する我と掬される水とが不二になり、さらにいえば我がすっかり水になりきって月光をいっぱいにうつす。

芳賀幸四郎『新版一行物』より

 

禅語は難しい。

訳が分からない。

 

分からなくたって良い。

分かろうと思わなくて良い。

 

分からない自分も許す。

分からない自分だから良い。

 

それが禅だと思う。

 

風印 拝

 

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 12:46 | 東京支部 | comments(0) | - |
東京支部第153回摂心会のご案内

JUGEMテーマ:

 

下記により東京支部第153回摂心会を厳修いたしますので、ご案内いたします。
 

 

• 日時:令和2年2月15日(土) 午後7時 結制茶礼
 2月22日(土) 午後4時頃 円了茶礼

• 15日(土)は午後6時半頃までにおいでください。

• 16日(日)は午後2時半から講演会があります。(受付 午後2時)
 No.153 摂心会講演会 詳細 ご予約はこちらから

• 法定の形の稽古が2回あります。17日(月)と20日(木)の午後の予定です。

• 19日(水)は放参日です。参禅、作務はありません。
 午前10時〜午後9時 昼食・午睡・夕食以外は座禅です。

• 22日(土)は円了茶礼の後、円了懇親会があります。

 円了懇親会は午後5時から7時の予定です。

• 場所: 擇木道場


• 担当師家: 葆光庵丸川春潭老師


• 参加費:一般 1,000円(会員 3,000円)、 宿泊費500円/週、 シーツ代300円/週、 食費 300円/食、 懇親会 1,000円


• 持ち物: 洗面道具、着替え、汚れてもよい服(作務をやるため)

• 通常日課(月、火、木、金)
5:00 起床、清掃、洗面 
5:30 座禅 
6:30 参禅 
7:15 茶席・朝食 
8:30 作務 
10:30 座禅  
11:30 参禅 
12:15 昼食 
14:30 作務
15:45 法定の形稽古 又は 作務続行
16:30 又は 17:15 座禅
18:00 夕食
19:00 講本下読み
19:30 提唱
(21:00) 講後参禅
22:00 開枕 以上

 

結制日2/15(土) 2/16(日) 講演会 通常日課2/17,18,20,21 放参日2/19(水) 円了日 2/22(土)
仏教講座復習 午後 2:00 起床 午前 5:00 起床 午前

5:00

起床 午前 6:00 起床 午前 5:00
仏教講座 2:30 通常日課 静 坐 5:30 静 坐 6:30 静 坐 5:30
坐禅体験 4:30 昼 食 午後 0:00 参 禅 6:30 内 参 7:30 参 禅 6:30
仏教講座終了 5:00 休 憩 ラジオ体操・茶席 ラジオ体操・茶席 ラジオ体操・茶席
夕 食 6:00 受 付 2:00 朝 食 7:15 朝 食 8:30 朝 食 7:15
結制茶礼 7:00 講 演 会 2:30 作 務 8:30 作 務 9:00 作 務 8:30
役位相見・静坐 静坐及び面談 4:00 作務止め 10:00 作務止め 10:00 静 坐 10:30
参 禅 9:00 終了 5:00 静 坐 10:30 静 坐 10:30 参 禅 11:30
真 向 法 静 坐 5:15 参 禅 11:30 昼 食 午後 0:00 昼 食 午後 0:00
開 枕 10:00 通常日課 昼 食 午後 0:00 静 坐 2:30 作 務 1:00
役位打ち合わせ 開 枕 10:00 作 務 2:30 静 坐止 め 5:30 作務止め 2:00
(法定の形) 3:45 夕 食 6:00 静 坐 2:30
作務止め 4:30 静 坐 7:00 参 禅 3:30
静 坐 5:00 静 坐止 め 9:00 円了茶礼・全体写真
(法定ある時) 5:15 随 坐 役位相見
夕 食 6:00 開 枕 10:00 懇親会 5:00
講本下読み 7:00 放参日の食事はおにぎりのみ 解散 8:00
提 唱 7:30
講後参禅
真 向 法
開 枕 10:00
提唱・法話日課
2/16 (日) 提唱 『塗毒鼓』第34則
2/17 (月) 法話 「お茶と禅」 林 翠松禅子
2/18(火) 提唱 『塗毒鼓』第35則
2/19 (水) 放参
2/20 (木) 法話 「法定と禅」 寺嶋徳隆居士
2/21 (金) 提唱 『塗毒鼓』第35則


2月16日(日)摂心会講演会

下記のPDFをご覧ください
No.153 摂心会講演会 詳細


No.153回東京支部摂心会日課表

 ご予約はこちらから

 

  東京支部(擇木道場)

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:43 | 東京支部 | comments(0) | - |
房総支部第178回摂心会のご案内

JUGEMテーマ:

 

人間禅会員各位



房総支部第178回摂心会のご案内をさせて頂きます。

今回の摂心会は房総支部に取りまして千鈞庵総裁老師にご担当頂く最後の摂心会で
す。

千鈞庵老師にご担当頂いた4年間の感謝を込めて盛り上がりのある摂心会にしたいと
思います。

総裁老師がご担当ですので、人間禅会員の皆様の参禅が許されております。

奮ってご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

― 記 ―

房総支部第178回摂心会

期日 令和2年3月14日(土)夕方結制 3月21日(土)昼円了

会場 房総禅道場

ご担当師家 千鈞庵霞山老師

講本 「立教の主旨」

参加される方は添付の参加票をご記入いただき連絡担当の沖野元禮居士宛返信くださ
いますようよろしくお願い申し上げます。

 返信先: 沖野元禮 okino.tomohisa@gmail.com

 

 

房総支部第178回摂心会 日課表

 

第178回房総支部摂心会 参加票(他支部、新到者)

 

  房総支部

posted by 全国で禅の修行(座禅会)やってます | 23:30 | 房総支部 | comments(0) | - |